« RW-5100でB粕は動くのか | トップページ | 重い腰を上げてVARDIAを修理に »

IRISの伸縮棚

Iris_nst65いやはや、トランクスペースの中にもう一つ棚を作ろうと、ヤンキー棚を買ってきた。まま、上等なのは要らないので、ナフコに980円で売っていたIRISのNST-65という65cm~95cmまでのばせるやつを買ってきた。まあ樹脂のつくりなど、それなりであるが、とりあえずある程度突っ張ってくれれば使えるだろう。980円だとダイ粗の100円ヤンキー棒が9本買えるが、棒4本か5本くらいで棚にする手もあるなとあとから気がついた。突っ張る場所がコンクリで、かなりきつくいけるので、強度はその方がありそうである。
Nst65_foot上等なやつは、パイプが太かったり、突っ張る足の部分がしっかりしていたり、一番端がものが落ちないように傾くようになっていたりと、良いものもある。突っ張るには、足がしっかりしていないといけないので、どんな足かを見てみよう。足は樹脂で、この材質はなんて言うのだろう、ゴムでもなく、固い割れそうな樹脂でもなく、ある程度柔軟性のあるキャップがはまっている。しかしその内側がいけていない。突っ張れる部分が細く、面で押せない構造である。もう少し強度が欲しい気もするが、あまりヤンキー度を上げると、注意書きにあるように固定ピンが先にもげると思われ、大きさからするとこんなもんなのかも。
Nst65_cutところが、なんと、私としたことが、はめてみようと思ったら、ほんの10mmほど長くて入らない。すでに使い回しの20年ものの突っ張り棚が1つついてるので、一番短いやつなら入ると思い込んでいた。この長さで他の使える場所がないので、これを少し短くして使おう。そんなわけで、パイプを20mmほどちょん切っているところである。

|

« RW-5100でB粕は動くのか | トップページ | 重い腰を上げてVARDIAを修理に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RW-5100でB粕は動くのか | トップページ | 重い腰を上げてVARDIAを修理に »