« 手紙 | トップページ | エコでないインクを捨てよう »

俺たちの朝#28 (母と不良少女とすんません)

Oreasa28gokurakuいやはや、さらに28回である。この回は、前にも書いていたかも知れない。美雪の母、玉緒さんが出てくる回である。美雪は刑務所で生まれて、里子に出されて育ったのである。いきなり玉緒さんが私があんたのお母ちゃんですと言ってあいにくものだから、美雪は反抗してぐれるのである。ジーンズショップで万引きをして、不良グループに加わってかつ上げしたり、チューを呼び出していじめるのである。Oreasa28チューちゃんは、893みたいなのに絡まれて傷だらけである。不良グループには、なんだかあんたには心配してくれる人がいっぱいいるじゃないか、そう言うのはダチじゃないんだよと言われて、追い出される。美雪は「そんな人お母さんと違う」と言ってすね、玉緒さんは「人違いでした」と言って帰りかけるのだが、二人で叩き合いをする。居酒屋はクビになったといい、新潟に帰るらしい。駅のホームに美雪は見送りに行く、玉緒さんは美雪に気づくのだが、特急なので窓が開かない。玉緒さんは弁当の袋の紙に口紅で字を書いて窓越しに見せるのである。「すんません もう少しりっぱな人になれたら また来ます すんません」 お母さんて何なのよオッスと言って、オッスが好きな美雪はオッスに抱きつくのである。カアコは焼きもちを焼く・・・。
「子供にとって 母とは何なのだろうか 母にとって 子供とは何なのだろうか」である。

|

« 手紙 | トップページ | エコでないインクを捨てよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手紙 | トップページ | エコでないインクを捨てよう »