« 俺たちの朝#23 (炊事当番と物置小屋と下着の山) | トップページ | 最近魅力のない世界遺産 »

ニセガチャック

Nisegachadaiいやはや、最近ダイ粗で思うことは、ダイ粗ファンの購買意欲を殺ぐ商品展示ではないか。あまりにも多い品種は良いが、ユーザーの望まない品揃えが増えてきた。そう、コーナーによっては100円でないものばかりになりつつある。200円くらいはまだ良いだろう。500円、1000円なんて言うものは、ダイ粗に求めていないから置かないで欲しい。100円ショップには目障りである。品質の必要なものはちゃんとホームセンターで買うのだから。と、また同じことを書いているが、そういう点で最近はセリアの方が100円で良いものが置いてあるように見える。さて、これは、セリアにあったニセガチャック大サイズである。あちらでは、日本製のコネクタのハウジングやらを型取りしてコピーしたものがごろごろしているが、これは、あまりに本物にそっくりの形をしており、型取りして作ったのではないだろうか。爪がステンでないように見える。本物はステンである。また本体も本物はABS樹脂である程度の柔軟性があり、割れることはない感じだが、これは本体がポリスチレンぽく柔軟性がなさそうなので、ある程度使うと先の口の部分は確実に割れるだろう。まま100円なので使い捨てか。

|

« 俺たちの朝#23 (炊事当番と物置小屋と下着の山) | トップページ | 最近魅力のない世界遺産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺たちの朝#23 (炊事当番と物置小屋と下着の山) | トップページ | 最近魅力のない世界遺産 »