« 俺たちの朝#21 (父と兄妹と母の死) | トップページ | ブルーベリーの芽 »

DIGAの便利なところ(レート変換)

Digaratechgいやはや、ちょっとあったかいとVARDIAは読み出しエラーで動いてくれないが、DIGAはHDの容量がちょっと少ない以外は快調である。いや、今日はまた雪が降っていたが・・・。さて、便利なのが夜中にやっておいてくれるレート変換だ。2番組同時に録るには片方はDRモードになってしまうが、綺麗に見た後取っておくにはSPに落としたい。VARDIAだと実時間かけて書き込むのが手っ取り早いが、DIGAは電源OFF時に変換設定をしておけば、いつの間にかSPにしておいてくれる。欲を言えば、きっちり2時間にレート変換してくれたらもっといいが・・・。そうすればあとは高速ダビングができる。
気になる欠点は色盲ではないが、DIGAの色遣いがどちらが有効の色なのかが、青と黄色では逆に見えることがある。もうちょっといかにもという彩色と、いかにも紗のかかったような色にしてもらいたいところだ。

|

« 俺たちの朝#21 (父と兄妹と母の死) | トップページ | ブルーベリーの芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺たちの朝#21 (父と兄妹と母の死) | トップページ | ブルーベリーの芽 »