« 指紋認証付きUSBメモリー | トップページ | 未来予想図(えいが) »

ねんがはがきのつくりかた(時期はずれ)

Nengajp_err2いやはや、またまた時期遅れの話題になってしまいましたが、年賀はがきのホームページにある、デザインキットも他力本願、他人の年賀状と素材を見られる点ではおもしろい試みですが、オンラインでないと動かないのが難点。インターネットに接続する必要がございますときたもんだ。アクセスをブロックしたら動かない。これでは使えないわ。しかし、そう言う試みが現れるだけでも郵政民主化あってこそか。あとは、未使用の去年の年賀状を新しい年賀状に5円で交換してくれたら文句はない。ご意見をどんどん書き込もう。
プリンターメーカーの無料ソフトも結構良くできていて、ロハでもいくらでも作れる時代だ。とはいえ、筆まめも2千いくらしかしない良い時代なので、5つほどバージョンを飛び越えて新しいのを買ってみた。これはこれで配置の柔軟性がとても良いので、他にも使い道があり無駄ではないだろう。山ほどあるフォントは肥やしかもしれない。出したかどうかの履歴が住所録に引き継げているだけでもありがたいか。オーダーメード作成で山ほどサンプルを作ってくれるのがおもしろいが、見ていてもきりがないので結局は自分で並べるのがよいか。素材もメインのアイテムはやはりオリジナルで行きたいところ。なんてやっているといつまで経っても完成しないわ。結局今年も日の出に見せかけた、夕日をあしらってみたりしてというところですか。

|

« 指紋認証付きUSBメモリー | トップページ | 未来予想図(えいが) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 指紋認証付きUSBメモリー | トップページ | 未来予想図(えいが) »