« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

俺たちの朝#10 (別離とイヤリングと友達の女)

Oreasa10いやはや、やっと第10回である。関根恵子さんのインカムとバックのメーターが超古い。昔の交換室の設備は良く知らないがこのメーターは何のメーターなんだろう?VUメーターか?声の大きさを見て音量を手動調節しているのか、会話を直接聞いているのではなく、メーターの針を見ていて会話中か終わったかを見るためか?そうかも知れないね。 で、例によってオッスが友達(Gメン75)にうまく使われて、要らぬちょっかいまで出してしまう回である。しかしまま、とりとめのない展開の回よりは、話はまとまっているかも知れない。
「さよなら・・・ 言ってしまえば ただそれだけの 言葉なのに・・・」 である。

| | コメント (0)

俺たちの朝#9(一人前の男と初体験と年上のひと)

Oreasa9いやはや、オンエアの後追いの方はもう#17あたりまで行っているが、見るのが追いついていない。初回セットの方は、もうすぐ終わりそうだ。何とか追いつこう第9回である。とても若い井上純一氏が主役の回である。カーコに抱きついたりする。キャプチャは家庭教師のところである。この回では、スナックのママの恋人役にこれまた若いほくろの寺尾聰氏も登場する。そして花の湯の前で、レディーボーデンやけ食いのカーコさんであった。「男がいて女がいて 生きることは 難かしくなったり 楽しくなったり・・・」

| | コメント (0)

ASPIRE_oneのサウンドデバイス

Aspire_audioいやはや、一応オーディオ出力と入力があるので、どんなもんかと聞いてみた。オーディオは最近よくあるRealtekのである。元祖Soundbraster liveのころは、それにくらべて蟹さんチップは安物というイメージで、オンボードの蟹も殺してしまって使っていないとか、音もいまいちだったが、今はそんなこともないのだろう。ヘッドホーンを繋いでみたところでは、音は悪くもなく良くもなくと言う普通の音だ。変にこもったりと言うことでもない。インピーダンスの低いヘッドホーンだとちょっとパワーが足りないかも知れない。意外にも底の網の部分にスピーカーがステレオで内蔵されており、HiFiではないが、結構聞きやすい音で鳴る。どんな特性だろうとA/Dに直結してみた。特にノイズもなく、今時のD/Aの特性である。
1k6dbthdモノラルマイクが画面の上に内蔵されており、感度も適度でレコーダーを入れておけば、ボイスレコーダーにもできるだろう。外部入力はマイク入力とされているが、どうも非常に感度が低くライン入力レベルではないかと思う。どこかに設定があるのかと思ったが、ないみたいだ。ECMダイレクト対応なのかどうかだが、2.6V程出ているので、電池なしで直結しても動く。これはチップの設定で変わるたぐいのものなのか良くわからない。今使っているマザーボードの蟹は、同じ端子でもLINEになったりMICになったりするので、あり得そうである。ドライバーの問題か。

| | コメント (0)

うっとうしい常駐プロセス(筆まめ)

Mrnts_sync5いやはや、セキュリティーサイトにも登録されているくらい、この常駐プロセスは迷惑している人が多いらしい。MrnTS_Sync5.exeである。Morrin Thumbnail Synchronized Service Module.となっているので、独自のインデックスを作っているのだろう。何のタイミングで動くのか知らないが、突然HDDがアクセスしぱなっしになり、パソ操作を遮られる、迷惑プログラムである。前は、パソを起動するごとにアップデートを確認しに行くのをスタートアップに入れられたりしたが、最近はサーバー側が持たないからからそれはなくなったものの、説明なくいらんものを常駐させられるのはうっとうしいもんだ。しかも非常に使用頻度が低いアプリゆえ、これは無用の長物である。外してしまおう。NETPCの筆まめ限定版搭載機にも常駐させられており、これはNETPCとしては超迷惑といえるだろう。モバイルPCで、さあ使おうと電源入れたら、Windowsのアップデートのダウンロードと、ウイルスセキュリティソフトのアップデートのダウンロードと、ウイルススキャンが始まりだして、しかもこんな常駐ものがHDをスキャンし出そうものなら、いつまで経ってもまともに動かんそして電池切れという悲しい状態になる。デフォルトの設定ではおそらくそうなるのだろう。これは管理ツールのサービスで手動にしておけばよい。筆まめを起動すると起動されるが、勝手に自動に戻すことはないようだ。

| | コメント (0)

冬が来る前に

Husen41ふせん-41
いやはや、一番便利な前に登場したふせん-40がなかなか売っていない。売り切れなのである。仕方ないので今回はふせん-41を買ってみた。これもカバーが付いていて使いやすい。粘着は例によってpostitには及ばない。すぐはがれる。「貼ってはがしてまた貼れる」というコピーは、相当条件が限られ、通常は無理だろう。

| | コメント (0)

おバカな広告

Fooladdigkey_2いやはや、このDM広告には参った。部品とマウスとパソが飛び出してきた。飛び出す広告である。このご時世にこんなゴミをばらまくなんて。こんなものに金をかける余裕があれば、売値を下げよ。しかも大人に送ってくるなよ。もっとどこかの子供たちに送ってやって欲しいものだ。

| | コメント (0)

遙かなる山の呼び声

Photo★★★★☆
いやはや、邦画にもよいのがあるねぇ。黄色いハンカチは前にTVで見たことがあったが、これは見たことがなかったので見てみた。みんなとても若い。純君もまだういういしい。倍賞さんは二人いるのね。こちらがお姉さん? 武田鉄矢も出ている。ムツゴロウ先生も出ているか。「家族」も見たことがないので見てみたいが、2月にやるみたいだ。見てみよう。北の国からもまた始めから見てみたいね。

| | コメント (0)

ASPIRE_oneでDLNA

Aspire_mpegplayいやはや、LANDISKのDLNA領域に入れてあるMPEGをASPIRE_oneの無線LANで読み出してみる・・・。なんと、全く引っかからずにスムーズに再生できるでないの。しょぼVAIOでは追いつかずにぎくしゃくするが、全然そんなことはない。これはピロ用途として充分MPEG再生用に使えるね。そう、BRAVIAの新しいのも、LAN経由でDNLAのMPEGをちゃんと再生してくれる。CPRMを外しておかないとだめだけれども。となると1TERAでも足りない時代だね。

| | コメント (0)

俺たちの朝#8 (ツナギとコンプレックスと仲間たち)

Oreasa8いやはや、第8回は、つなぎが人生に落胆する回である。森川正太熱演である。シリーズ唯一とも言えるカーアクション?が登場したりする。ニコライ堂やら丸ノ内線が下を走るお茶の水の神田川なんかも登場する。見るのが追いついていないのでR。

| | コメント (0)

俺たちの朝#7( 出逢いと愛と別れ)

Oreasa7いやはや、おっと、0系新幹線である。7回目は、ぬけサンの昔の下宿先のお嬢様の京子ちゃんが「お兄ちゃん」と、ぬけサンに会いに来る回である。でも見どころは初っぱなに出てくる、超若い浅野温子さんだろう。「おじさん」と言う台詞である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASPIRE_oneのキーボードを発注しよう編

Aspirekeybdfrmhkいやはや、順序が逆で遡っていますが・・・・、コンビニエンスな出品をしてくれる人たちがいるもので、各種キーボードを販売されている。これはまだ高い方だろうね。送料込みで3,704円もした。まあこの前のUKのBROOKSよりはレートがよろしいか。カードのドルレートで決済するには、あらかじめprimary currencyを変更しておかないといけないのかな? いまいち使い方がわかっていないが、まあ93円位なので良いことにしよう。さて、ebayで発注しておいたら香港から届いた。3,4日で届くのね。速いね。

| | コメント (0)

22才の別れ(Lycoris)

22sainowkare★★★★☆
いやはや、どうしてこんなにどれも邦画は暗いのだろう。やはり大林監督の独特の撮り方なのか。どの画面も傾いているのはわざとなのだろう。何気なく見ていたら何のことかわからなかったが、2回見てわかった。なるほどである。シーンがパラノイアしていて一度ではつながりがわからない。各所にアイテムが登場しそれがつながっているのだね。んんん非常に暗いが面白いのではないかい。実在の街を登場させるのはうまいね。

| | コメント (0)

ASPIRE_oneのキーボードを外そう編

Usvsjapkeybdいやはや、USキーボードと日本語キーボードの違いはこんなにある。私は日本語の切り替えは昔からAltに割り当てているので、スペース変換の親指位置の自由度が広いのと、101では可能な手の腹でAltを押して日本語モード切替とまでは行かないが、なによりスペースバーの両側がAltなのが良い。
Howtoridさて、送ってきたキーボードを見るとどこにもネジがない。これははまっているだけのようだ。よく見るとファンクションキーの上側に3カ所引っかかりがある。これはしかしドライバーを突っ込むと確実に傷が付く。こういうときは、メモリーやらマウスが入っている、プリスターパックの短冊がちょうど良い固さである。これなら傷が付かない。タイアレバーの要領で、いや、自転車のタイアを外して自分でパンクを直したことのある人は今時少ないかもなのでたとえが悪いかも知れないが、Openkbd
まさにそんな感じで隙間に突っ込んで引っかかりを外していけば無傷で外れるのである。キーボードの下にもネジが沢山ある。キーボードを外せば簡単にHDD/SDDにアクセスできるのかと思ったらそうではないようだ。

| | コメント (0)

ASPIRE_oneのキーボードを交換しよう編

Aspire1keyboardsいやはや、4万5万でこんなパソができてしまう時代。netpcは入門用なんて言っているが、はっきり言ってピロのcereron650のVAIOより軽快だ。インターネットとは携帯のimodeからなんて言う世代はspecに贅沢な世代なので比較対象にならないが、メモリー1GでHDDも160G、CPUもAtom N270の1.6Gのどこが入門用なのかという感じだ。キーボードと画面に遜色がなければ、じゅうぶん事務用にも使えるスペックではないのか。いや、おそらくそのへんの会社で使われている事務用の古いパソよりも数倍速いだろう。というわけで、あまり考えずにお手頃サイズと価格のAcerのASPIRE oneを年末に買ってしまった。なかなかいじる時間がないのでまだまだ何もしていないが、如何せんこの日本語キーボードが使いにくい。前にも書いていると思うが、だれがこんな使わんキーを増殖させて、使いにくいキーボードを日本語標準キーボードと勘違いし出したのだろうか。106,109やらのキーボードを使いやすいと思っている人はいるのだろうか。一番使いやすいのはやはり元祖101だろう。メインパソはいまだにこれである。長いスペースバーの両側にAltのみがあり、その両側にCtrlキーがあるタイプ。もしくは回帰して98のキーボードの方が、日本語向きで使いやすいだろう。PS2インターフェイスの98配列のキーボードをどこかが出していたような。windowsキーも特には要らないがこれくらいは許すとして、無変換、前候補、カタカナ、プルダウンキーなんか使ったことがない。と言うよりは、もともとローマ字入力+スペース変換に慣れ親しんだ人たちは、使う癖がないと言うべきかもしれない。これらが邪魔だ。スペースを長くしてくれぃ。そんなわけで、AcerならUSキーボードも選べるのかと思ったら、当初はあったらしいが既に日本では売られていない。なんということか。HPならサービスパーツで買えるらしいことがWebに書いてあったが、良さげのはOSが普及せずに消えゆく運命のVISTAであったり、微妙に高かったりして良いのがない。VAIOならsonystyleで買えば、USキーボードも選べるものがあったはずだが、高い。となると丸ごとインポートする手もあろうが、OSは日本語版の方が良いし、仕方がないのでキーボードだけを発注した。そして届いた。Enterがちょっと小さい気がするが、スペースキー周りは良い感じだ。
次回は交換編かな。

| | コメント (0)

4Gも640円とはこれ如何に・・・。

Pqi_i2314g1PQI i231-4G1
いやはや、このところ感染例の多いはやりもののUSBメモリーである。PQIの安物である。しかし4Gで640円とはまいる値段である。4GあるとDVD1枚分のバックアップ元に使うのによいかもしれない。ものはさすがにしょぼい。キャップはチープではまりもぎこちなく高級感は全くない。USBの接点部分も基板の独自パターンで作られている。本体の樹脂の延長でUSBコネクタ部分ができている。とはいえ、まま普通には動く。書くのはかなり遅い。297円のmicorSDにも負けている。暗号化するにはpqiのWebサイトからmydriveをダウンロードして使うのだそうな。しかし、i231のリンクには何も書いておらず、中途半端な完成度のwebサイトである。また、使ってみようという気にならないソフトたちである。

| | コメント (0)

俺たちの朝#6(寝巻と便所掃除と男のやきもち)

Oreasa6いやはや、第6回である。わがままなオッスが便所掃除なんかできるかとわめいていて、カーコが風邪を引いて熱を出す回である。それとは別に古い江ノ電の車両が極楽寺の手前のトンネルに入って出てくるシーンがいい感じだ。「ひとりの女とふたりの男が幸せに暮らして行ける道はないのだろうか」である。

| | コメント (0)

俺たちの朝#5(ヌケと親父と男の涙)

Oreasa5いやはや、追いついてないが、第5回である。これは、おかんと東京タワーではない。そういえば、あちらもBSでまた再放しているが、(新)とか書いてあるので、続編か何かかと思ったら同じものだね。でも1回目は始めて見たわ。こちらの第5回は若干印象の薄いお話である。「父のせつなさがわかるとき青年もまた大人になる」である。オッスとおっすのおやっさんは相変わらずである。

| | コメント (0)

世も末?2Gも297円とはこれ如何に。

Msd2g_297いやはや、これも載せるのが2週間ほど遅れてしまったが、いやいや、世も末か、はやり言葉で言えば負のスパイラルと言うべきか。アダプタは付いていないが、一応専業メーカーのtranscend製である。297円なら確かに携帯に最適なお値段だろう。そうこうしているうちに若干値戻りしているようである。それでも50円+くらいのものか。
Msd2g_297uraTAIWAN製である。チャイニーよりはかなりましだろう。接点の金メッキもある程度厚みが感じられる。今思えば、同じ構造のスマートカードは面積がでかすぎて、折れ曲がって断線したものだが、これくらい小さいと折れ曲がることもなかろう。USBアダプタにさして使おうかね。お気楽デジカメなら1000枚撮れるわね。 へへ。

| | コメント (0)

俺たちの朝#4(愛と憎しみとひとりぼっち)

Oreasa4いやはや、つづいて第4回である。こちらも感想が追いついていない。美雪(原田美枝子)のすね少女ぶりがとてもうまい。古い車両の江ノ電をバックにしたシーンがこれまた鎌倉していて魅力的なショットであるね。

| | コメント (0)

sweet november

Sweet11_1★★★★☆
いやはや、これはエンヤの曲がよいね。何気なく見ていたものの、やっと終わり近くで何故のsweet novemberなのかがわかってきた。日本で言えば、1ヶ月版のせか中みたいなものか? この人がシャーリーズセロンというのね。とてもキュートなキャラクターでよいのではないかい。
だんだん溜まってきたので感想を増やそう。
Sweet11_2それよりこのおっさんの傲慢な態度がとても印象的。
最後に「remember me....」だって。
なかなかほとんどストーリーだけで構成された映画としては記憶に残る一品だろう。

| | コメント (0)

チープなSATAケーブル

Satacable269DNCPC65SA7RMSA7RAG2
いやはや、台湾製のケーブルもピンキリであり、やはり大手メーカーのOEMをやっているところで作られていると、その先がチャイニーでも仕上がりはある程度のレベルになっている。しかしそうではない場合は、ゴミ同然の仕上がりであるものもあり、資源がもったいないからゴミを作るなといいたいようなものも安価なものには多い。さてこれも269円なのでどんなものかと思って人柱してみた。
どうも日本以外では、民生のコネクタはささっていたらよいものという発想が普通のようで、なにゆえラッチを始めから設けないのかというコネクタが多い。RCAピンに始まり、最たるは、マザーボードの単なるピンヘッダー、USB,ilink,HDMI,SATA,DC-JACK、ACのインレットもそうである。結局ローコストなFAを作ろうと思うと、民生ベースとならざるをえなく、その場合、これらの信頼性のないコネクタをどうするかが問題となるのである。すぐ抜けるHDMIにうんざりしていても、やはりまたまたロックのないコネクタがリリースされていく。SATAもまたVARDIAの不良に見られるように、あまりに信頼性のないコネクタ構造であるが、さすがにあまりに頼りないのでラッチ付きが現れた。
Dncpc65sa7rmsa7rag2まま値段の割にはモールドも綺麗で、接点の金メッキも100円LANケーブルのモジュラほど薄くはない。金具もステンのようである。ワイヤーはSATA用のものである。これなら良いのではないかい。65cmで充分かと思ったが、ちょっと短いかも。シリアルだからもう少し長くても良いだろう。

| | コメント (0)

未来予想図(えいが)

Miraiyosozu★★★★☆
いやはや、これは素直な展開とハッピーエンドで良いのではないかい。伸助の大好きな松下奈緒さんがちょっと背が高すぎるのが気になるものの、建築家志向となるとサグラダファミリアがやはり印象的で良いね。しかし地下鉄掘るのはやめた方が良いだろう。あれだけの重量物があるとどうなるかわからない。花火屋さんの泰造はどうしてもスーパージェッターでなくて、マグマ大使でなくて、何でしたかいな、いまだにあの頃のHERO役に見えて仕方がありませんわ。

| | コメント (0)

ねんがはがきのつくりかた(時期はずれ)

Nengajp_err2いやはや、またまた時期遅れの話題になってしまいましたが、年賀はがきのホームページにある、デザインキットも他力本願、他人の年賀状と素材を見られる点ではおもしろい試みですが、オンラインでないと動かないのが難点。インターネットに接続する必要がございますときたもんだ。アクセスをブロックしたら動かない。これでは使えないわ。しかし、そう言う試みが現れるだけでも郵政民主化あってこそか。あとは、未使用の去年の年賀状を新しい年賀状に5円で交換してくれたら文句はない。ご意見をどんどん書き込もう。
プリンターメーカーの無料ソフトも結構良くできていて、ロハでもいくらでも作れる時代だ。とはいえ、筆まめも2千いくらしかしない良い時代なので、5つほどバージョンを飛び越えて新しいのを買ってみた。これはこれで配置の柔軟性がとても良いので、他にも使い道があり無駄ではないだろう。山ほどあるフォントは肥やしかもしれない。出したかどうかの履歴が住所録に引き継げているだけでもありがたいか。オーダーメード作成で山ほどサンプルを作ってくれるのがおもしろいが、見ていてもきりがないので結局は自分で並べるのがよいか。素材もメインのアイテムはやはりオリジナルで行きたいところ。なんてやっているといつまで経っても完成しないわ。結局今年も日の出に見せかけた、夕日をあしらってみたりしてというところですか。

| | コメント (0)

指紋認証付きUSBメモリー

Ruf2fs1gwいやはや、これも年末処分品である。1980円だった。元値が高すぎて全く売れていないような感じだ。今や、シリコンオーディオに近い大きさではあるが、半導体スライド指紋センサー内蔵である。どうやってプロテクトしているのかと思っていたが、2ドライブ見えるようになっていて、そのひとつにもう一つのR/W可能ドライブが見えるようになるプログラムが入っており、それを起動すると指紋認証して、OKならR/W可能の方のドライブがアクセスできるようになる。これをHACKするには、このメモリーのファームを書き換える方法を発見するか、指紋センサーを化かすか、パスワードを解析するかだろうか。
Chappedfinger試してみたが、私のささくれた人差し指では登録ができなかった。写真は表面の様子である。これでは半導体センサーには指紋が読めないわ。それ以外の綺麗な指は登録できて、認証も一発であった。1Gあるからこれはある程度使いではあるね。落としてもHACKしないと読み出せない。さらに暗号化するソフトも付いているが、それも使うには、読み出すパソにインストールしてないといけない。暗号化しないなら、指紋認証はUSB内蔵のソフトだけでOKなので、どのパソに挿しても使える。新しいバージョンは暗号化もハードウェアで行えるようでそれならインストールなしでいけるのかも。それで処分されているのか?(追記:マニュアルをよく見ていなかったが、secure lock mobileをUSBドライブに入れておけばパソには入れてなくても暗号化できるようだ。しかしあまり使いやすそうなソフトでないねぇ。)
 なお、巷ではスライド式でない全面センサーの入国審査マシンは既に指紋ばかしテープでHACK可能とか。あれはNEC製の画像認識なのだろう。富士通の半導体センサーの方が凹凸を見ているから確実だろうね。しかもスライドの方が、面に指紋が残らないから鑑識的な読み取りが不可能である。
ところでこのUSBメモリーの初期版は、ウイルス入りだったことで有名である。買ったものはさすがに後期のものであり、そんなことはないものであった。

| | コメント (0)

俺たちの朝#3(白い帆と風と俺)

Oreasa3いやはや、見遅れていた#3回をやっと鑑賞。あったねぇ。この話・・・。あまり見どころがない回かも知れないが、この頃からオッスの父親譲りの今で言うフリーターな怠惰なお気楽他力本願的生活が見え隠れする。既にカーコは昔なじみのようである。心配したり心配されたりそれがあるから人は生きていける・・・・。

| | コメント (0)

予想外のmicroSD-USBアダプタ

Msd_usbmini1いやはや、これにはまいった。この発想は日本では無理だろう。マイクロSDの幅は、こんな用途を想定していたのか?まさか。どんなもんかと思って買ってみたが、意外にちゃんと作ってあり、仕上がりも粗な感じではない。ちゃんと接点のブラシも金メッキされている。USBプラグの接点のない側の隙間にmicroSDを入れてしまおうというすごい発想のUSBアダプタだ。挿してみたらちゃんと動く。499円だった。
Msd_usbmini2しかも青いLEDが光るようになっている。今やMicroSDは2Gでも300円しない時代であり、このまま挿しておけば、2Gなリムーバブルドライブが登場する。すごい時代である。安くなるのはよいが、その利益のでない悪循環がこの不況を招いていることも事実であり、半導体も適価で買わないといけないといえるだろう。

| | コメント (0)

とりあえず謹賀新年

Web2009いやはや、もうはやお盆だと思っているのもつかの間、あっという間に1年が過ぎ、年が明けてしまいました。通例、年初の言葉を書いておるのですが、最近ブログシステムに慣れてしまって、直にhtmlするのも面倒になってしまい、いっそうのことこっちに書いてしまおうと言うことであります。過去のやや過激な年初シリーズも、消してはいないのでurlがどこかからたどれれば出てくるかと思います。
いやしかし、激変の昨今と言っていたのがどうと言うことがないくらい、さらに激変したここ半年ではなかったでしょうか。この先の状況も、はて3年先まで読めるのかどうか。この先、たとえ順当な手法であっても、それを行うことは今適切でないと言うことも多く出てくるでしょう。まずは生き残らないといけません。幸い不況をものともしないカテゴリも存在し、それらに巻かれることもここしばらくは必要ではないでしょうか。ともあれ、状況が改善するまでは自滅的企業病に陥っていては元も子もなく、利益を出し存続する方法を考えましょう。
年賀状を出しましたが、出したのが遅いのでご近所以外は元旦には着かないでしょう。すいません。
また、QRコードをドメイントップにしてしまったのが失敗かも。ブログトップにしておけば良かったですわ。

| | コメント (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »