« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

USBマイクロスコープ

Husb759capkいやはや、今や何でもある時代だが、年末に値下がりしているお品をいくつか祖父で買ってみた。3980円だとちょっとちゃちいので高いなと思っていたが、2980円だったので買ってみた。抗菌タイプが出たので処分していたのかも知れない。携帯に500万画素の時代であり、30万画素のCMOSセンサでは、画像は5年前くらいのトイカメラクラスだろうとは思っていたが、まま、WEBカメラに虫眼鏡常着よりはお手軽であることは確かだ。レンズはガラスとも思えぬ、おそらくプラスチック製の何もコーティングされていないただの超凸レンズがCMOSセンサの前に一つ付いているだけのようだ。照明用のLEDの配光にムラがかなりある。
Husb759capk_2LEDのスライドスイッチが粗(ガサ)すぎてうまく動かないがこれは点けっぱなしでよいだろう。オートホワイトがかしこくなく、全体にバランス良く色がないと、色の反対側に偏ってしまう。ゆえにどこか白で後からホワイトバランスを直してやらないといけない感じだ。オートを殺しておいて、後から白を拾って直した方が早いかも知れない。オートアイリスというかルミナンスも反応が遅いので、しばらくじっとしてふわーっと合うのを待たないといけない。まあおもちゃですから。
Stamp_clupソフトはAMCAPと言うDirectshowを受けるアプリが付いていたが、マイクロソフトと書いてあり、Directshowキャプチャーのサンプルソフトなのか?
年賀はがきの額面の部分を撮ってみたが、レンズの見てくれの割には歪んでおらず色以外はまあまあ写っている。このキャプチャは、白地部分でホワイトバランスを補正した。補正前は赤模様ゆえ、真っ青である。肌とか見るとかなりなもので、カサカサなのが丸わかりである。まあ、お値段相応でトイと思えば、これくらい写れば良いのではないかい。

| | コメント (0)

DIGAの不満その1(タイムバーがない)

Timebarいやはや、結局VARDIAはまだ修理に出せずにSPモードとスカパー連動で活躍中である。SPモードだと、HDDの書込でエラーが出てもリトライする余裕があるのでリトライしながら動いている。TSモードだとリトライすると間に合わなくなり書込に失敗しましたと言って止まってしまう。VARIDIAでは自動のCMチャプターとタイムバーは前からあたりまえの機能となっているが、DIGAには、これがないのが辛い。上級機種にはあるのかな?CMのチャプターを自動で打ってくれないのは、後から手で打つにはとてもじゃまくさい。そしてタイムバーがやはり欲しい。リモコンの開けにくい蓋を開けて、画面表示ボタンを押すとちょっとだけ出るが、これでは役立たずである。(写真はVARDIAの画面。)

| | コメント (0)

BP-511互換バッテリー

Bp511_gpcellいやはや、こちらもパチである。2つで1980円とはとても安いが、このタイプは数が流通しているから安いのかも知れない。左はパナセルのもので、これもかなり前に1つ1760円だった。開けてみていないので本当にパナセルかどうかはわからないが、全く問題ない。右は今回のGPセルので、見た目では区別が付かない。一応問題なさそうである。GPブランドの電池は、過去のニッケル水素の品質からすると、チャイニーとは全く異なり、良い部類だと感じている。むしろニッケル水素の場合は、SONYブランドやFUJIFILMブランドのものよりもサイクル寿命が長かった。リチウムも同じレベルであれば問題ないと思うが・・・。まあ1つ千円しない値段であり、純正の7千円8千円がゴミだと辛いが、だめなら外れとあきらめよう。ノーパソバッテリーにごくまれに不良が出るように、外れは必ずあるので、それに当たることもあるだろう。それが初期にわかれば返品できるのだが、サイクル寿命が最終的に短いものの場合は一概に不良とも言えないだろう。

| | コメント (0)

懲りずにパチBP2L-14

Bp2l14いやはや、このところぶつの話題が少なくなっていますが、ネタはいくらでもあるものの、ついつい凝り出すと簡単に書けなくなってしまい、後回しになっているのが正直なところ・・・。
そんな中、ちょっと所用もあってDVのバッテリーをまたまた懲りずにROWAさんで調達。去年買ったチャイニーセルはやはり全くのゴミで、1500mAhとなっているものの実質500mAhほどしかなく、やはりチャイニーはだめと再確認してしまった、いわゆる安もん買いのなんとかであった。今回はそれに懲りて、倍ほどするが、SANYOセルのを買ってみた。さすがに国産(メーカー)セルのは何の問題もなく、快調である。
写真は一番左が、チャイニーゴミ、真ん中はだいぶん前に買ったBYDセル(GPかも)ので、これも全く問題なく使えている。右のが今回のSANYOセルである。値段はゴミが1580円、だいぶん前に買ったのは2年くらい前で3600円、今回のSANYOセルは3200円とものの割にはリーズナブルである。容量は1520mAhとなっており、測ってみてないが、60分テープを一日点けたり消したり、デジカメモードでフラッシュたいたりしていてもまだ余裕だったのでほぼそれくらいありそうである。結局、チャイニーセルは良いのにあたれば良いが、基本的に買ってはいけないと言うことだ。

| | コメント (0)

年賀はがきは交換できませんとな

Hagakikoukanいやはや、やっと年賀状を作り出した。それならもう2,3日早く始めたのだが・・・。去年の年賀はがきを換えてもらおうと思っていたので平日に郵便局に行った。過去に何度も毎年のように5円払って換えてもらっていたのだが・・・、今年は換えてくれなかった。もともと、旧年賀はがきを5円払って新しい年の年賀はがきに換えることはできないのだそうな。なんでやというところだが、くじが有効だからか? 民営になってサービスが良くなったところも多いが、旧郵便局の方が換えてくれたので良かったね。それはいいかげんだったからできたと言うことなのか。局は開いていても、販売時間でないから売れないとお役所対応されることは、局と何が違うのか良くわからないゆうゆう窓口ができてなくなったが、処理はマニュアルどおりにしかやらなくなったと言うかできなくなったようだ。しかし、その設定はいまいちだろう。7円でも良いから換えて欲しいものだ。もしくは民営化したのだから交換だけでなく、手数料引きでの返金も設定すべきだろう。

| | コメント (0)

小公女セーラ

Sailer1いやはやこれもなつかしい。個人的な記憶ではパルナスのムーミンを初めとしてカルピス子供劇場というか、世界名作劇場シリーズは若干の好き嫌いの年もあったが、印象に残る名作が多い。アニメオタクではないが、こんなのやっているとついつい見てしまう。最近某無駄有料放送局でもやっていたかもしれない。隣に住んでいながらミンチン先生にいじめられて苦労しながら、とうとう探していた隣のおじさんと巡り会う回である。
Bekkeyベッキーと言えばこのベッキーだ。当たらないTOTOやら、いってQのベッキーではない。いやしかし、この頃の正統派のアニメはクレヨンしんちゃん時代の世代には全く受け入れられないのだろうね。なんか悲しいね。

| | コメント (0)

紅葉(いまさら)

Redleavestreeいやはや、どんどん日が過ぎていくので、載せるタイミングを逃してしまったが、今はもう葉っぱは落ちてないだろう。通りがかりのきれいな木である。もう少し早く行ったらもっと綺麗だったに違いない。空を真っ青にしてやろうと、PLフィルターをMCフィルターを外さずにつけて広角端で撮ったら四隅がけられているわ。しかも左側には雲があってなんかいまいちか。

| | コメント (0)

俺たちの朝#2(大滝秀治)

Otakiいやはや、カーコのお父さん役は大滝秀治さんだったのね。まだ若いね。だいぶん後の金沢に帰る回と同時期にやっていたのでごっちゃになりつつあるが、ややいろいろ取り込んでいて回は進んでいるものの手が回っていないが、そちらはまた後で登場させるとして、なかなかここでも良い味を出されている。 北の国からや、キンチョーシリーズももちろん記憶に鮮明であるが・・・。
ところで、いつから写真の拡大が、変なポップアップに変わったの?? これは知らなかった。が、もうちょっと上品な見栄えでポップアップしてほしいものである。色が下品だ。

| | コメント (0)

俺たちの朝#1(リアカーの巻き)

Gokurakujiいやはや、これはうれしい。長年の念願の1回目をやっていた。これは、かなり忘れているねぇ。リアカーだけ覚えているわ。3人で住むきっかけがこんなだったとは・・・。大事に録っておこう。しかしまた、登場する車が古い。そんな前なのか。

| | コメント (0)

リベンジポインセチア

Poinsettia08いやはや、この季節の定番の鉢と言えば赤い葉っぱのポインセチアだが、夏に外に出しておいたらでっかくなりすぎて鉢を移したら根腐りして枯れてしまった。と言うわけでお手軽な鉢植えをGET。前のは鉢の下に水がたまるようになっていて、スポンジに挿した苗が、水を吸い上げるベロから溜まった水を吸うようになっていた。これは大きくならないように水耕で持たせ続けないといけなかったようだ。たが、これは土に植わっている。こっちの方が植え替えやすいかな。

| | コメント (0)

レンズ帰還

Repaired_isいやはや、10日程で戻ってきた。15330円もかかっている。5年保証で無料だったが、この5年保証は1回しか使えないので、これで終わりである。EMDが5000円だそうだ。EMDとは絞りの部品だと思うが、やはり、絞りが引っかかっていたのか、部品が取れていたのか・・・。ISもあるし、構造的には昔のものより複雑になっており、振動にはやはり弱そうですかね。気をつけましょう。しょっちゅうつぶれるとなると、少し高くても複数回使える長期保証のあるお店で買うのが特かも知れませんねぇ。中を開けてどんななっているのか見たいところだが、さすがに無造作にばらすと埃が入ってしまうので、やめておこう。

| | コメント (0)

15minutes

15minitus★★★☆☆
いやはや、主役のちんぴら二人はどうでも良いが、これはバックドラフト的なところは見どころがあるか。しかしその裏ながら本来の主役の二人の片方である、ロバートデニーロがあっけなく殺されてしまうのは、びっくりである。アパートの火事のシーンも煉瓦造りゆえにできることか、うまく窓のところだけから火を出して撮影されている。このタイプの建物の構造は内側から見ると日本にはない構造でありとても興味深い。ダラスの記念館(暗殺の狙い元だと言われる教科書倉庫)も、展示物より建物ばかり見ていたのを覚えている。床をどうやって支えているのか不思議だったが、実物を見て納得した。で、結局この映画は、タイトルからしてもアメリカのマスコミのえぐさをあらわにしようとしているのだろう。ダイハードにも出てくるが、どんな手段で手に入れてもピューリッツァー賞狙いなのか。

| | コメント (0)

The Forgotten

Forgotten_2
★★★☆☆
いやはや、これはジュリアンムーアのような女優さんがでているので、シリアスなドラマなのか、ニューヨークの恋人みたいなファンタスティック系なのかと思ってみていたら、なんとUFOものだったのね。Xファイルと言うよりも、毎回違う場所にトランスポートしてあまり特徴のない痩せたおじさんが事件を解決する深夜にやってた海外TVドラマなんて言うのやったかいな、そんな感じか。(追記:思い出した。ミレニアムだ。)しかしそちらの方があまり具体的に描かれていないのが物足りない・・・。なんとabductionの話だったのか。

| | コメント (0)

GONIN2

Gonin2★☆☆☆☆
いやはや、これは何だかな邦画のひとつだろう。緒形拳の追悼でやっていたのかも知れないが、すべて中途半端な演出で、ストーリーも見ていて予想するしかなく、なにゆえこの人たちが集団行動しているのか結局良くわからんまま、ほとんど見所がなく何年か後に敵を討って終わる。唯一レーザーで刀の形を抜いて、叩いて焼きを入れて刀にしたと言うことなのだろうけれども、それしか印象にない。2でない方は見ていないが、そちらの方がまともらしい。

| | コメント (0)

赤影

Akakage2★★★★★
いやはや、赤影である。またなんでいまやっていたのかわからないが、はみごのかんてーれの50周年記念なんだとか。これはなつかしい。金目教である。豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南に金目教という怪しい宗教が流行っていた。・・・ これは耳の記憶にまだ鮮明である。どうせなら全部やってくれ。かなりな数あるはずである。

| | コメント (0)

包帯クラブ

Houtaiclub★★☆☆☆
いやはや、これはやや期待はずれだった。堤監督だというので、これまたシュールなギャグが出てくるのかと思ったら、それはまったくだった。しかし映像感覚はさすがと言うところで良い感じだ。これは高崎ですかね。石原さとみは役に合っているね。もう一人のお姉さんは、スイングガールズの方が印象が強い。

| | コメント (0)

TAXI3

Taxi4★★★☆☆
いやはや、これも今時見るものでもないが、たまたまやっていたのでつい見てしまった。たいした見どころはないが、このフランスくさい変なギャグとユーモアが良いねぇ。ガレージでのリリーとダニエルのやりとりが面白い。どこにもマニアはいるのさってかんじだ。

| | コメント (0)

ELPAのスイッチ付きタップ(極性が×)

Wls42ebwWLS-42EB(W)
いやはや、1割引で540円で売っていたので買ってきた。例によってこの手のものは使う前に中身を見ておく必要がある。質感はわりと良く、かえって信頼性を落とす質の悪いサーキットブレーカーも付いていなくすっきりしている。サーキットブレーカーはその構造上、抵抗があり加熱するし、接点の質も悪いし、だいたい過電流となれば配電盤のブレーカーが落ちるので、ない方が信頼性は高いだろう。
Wls42ebw2中身は前のと違って、半田付け部分はなく、コードは圧着、その他は黄銅の棒の溶接である。全体に一体化して完成するようになっており、構造的にはシンプルである。コンセント部分の受けはある程度しっかりしており、パソコン屋に売っているようなULマークは付いているが、PSEでない、おぞましいふにゃふにゃタイプではない。


Wls42ebw3コンセント部分は、接点部分に樹脂部がはまるようになっている。プラグの受け口は、耐熱性のあるユリア樹脂になっているが、内側はすぐに普通の樹脂だ。もし加熱して溶けてきた時にプラグを上にこじると下のバーでショートすると思われる。あまりよい構造ではない。高いユリア樹脂をけちっている。その点では前回登場のものの方が、受け部分は全体がユリア樹脂のようであり安全かも知れない。
Wls42ebw4プラグはトラッキング防止の帯が根元に付いておりしっかりしたL型で良い感じだが、極性が×である。受け口にNのマークがあるにもかかわらず、プラグ側は書いていなく、しかも線が下向きになるように挿した場合、逆になる。これは特に区別せずに繋がれていて、どちらに繋がっているかは確率の問題と言うことかも知れない。それなら、受けのスリットを片側長くしたり、Nのマークなどを入れないで欲しいものだ。
それ以外はとりあえず使えそうであるか。

| | コメント (0)

また^11ジョーシンの粗品

Jp_sosina0812いやはや、久しぶりのジョーシンの粗品である。前回はあまりにしょうもない粗品だったのでもらいにいかなかったが、今回はついでにもらってきた。恒例の膝掛けものである。いやぁ、年末商戦でテレビも安い。SONYの小さいテレビもえらい値下がりしていてもうちょっと待って買ったら良かったか。

| | コメント (0)

サンシャイン2057

Sunshine2057★☆☆☆☆
いやはや、んんんんである。それっぽいストーリーはわかるが・・・。UKの映画だそうな。2001年を含めてかつての宇宙ステーション映画のアイデアを集めたような映像だが、物理的に破綻している面が多い。重力はどうなっている? なぜものが下に落ちるシーンが多いのだろう。どうやって重力を生成しているのか。2001年なら外周を回転させて遠心力でと言う方法で納得させるシーンがあったが。 また、真田さんがSF(少し不思議)系に全然合っていないねぇ。日本人が見るとこれはだめだわ。 植物プラントと言えば、サイレントランニグと言う名作があったが、水耕ではなく土を積んでいるのもSFである。 一応装置類はそれっぽく作ってあり、コネクタもLEMOでありDCプラグというミッドナイトイーグルほど駄作ではない。まあ、あまり深く考えずに、5.1chで効果音を楽しむ部類なのかも知れない。(私は5.1に興味がないので2chですが・・・。)

| | コメント (0)

俺たちの朝#34

Oreasa_34いやはや、もう34回である。鎌倉の売り家が2000万あたりから書いてあるのはまだバブル前の良い時代である証か。しかしまた、例によっておっすのええかげんさと、余計なことばっかりが頻発する。今回は3人暮らしが破綻しかける回である。いやそんなことはないか。そして(実際には世田谷にあったらしい)花の湯でいつものように終わるのである。

| | コメント (0)

俺たちの朝#33

Oreasa_bedいやはや、もうはや33回目である。時代を感じさせる当時の女子大生のせっそうのない散らかしだらけのはなれの出てくる回である。そうよねぇ。でっかい三揃えのステレオの時代だねぇ。この回にもちょこっとだけおっすの妹とお父さんが出てくる。
この踏切の看板は、昔で言うBOWか、今で言う何これ珍百景ほどではないにせよ、「止れ見よ」とかいてある。「とれみーよ」と読むのか。

| | コメント (0)

俺たちの朝#再スタート!

いやはや、ピロパソモードである。
おっと、12/15日から#1,2,3,4再度連続放送のようである。となると、後半の続きは年内お休みか?
ぜひ見なくては・・・。

| | コメント (0)

暴走トラック’76

Track76★★☆☆☆
いやはやこれもまた懐かしい映画である。いつだったか、テレビの洋画劇場かなんかでやっていたのを覚えている。これはアクション系というよりは社会派とも言える内容である。これまた時代的に大したアクションはないが、腐敗した裏のつながりを自らの犠牲と正義で暴露しようとしている正義派ドラマだ。 教訓完結ドラマChips(ジョンアンドパンチ)よりはかなりねちっこい内容だが・・・。

| | コメント (0)

キャリー

Caree★☆☆☆☆
いやはや、相当懐かしいのをやっていた。すでに30年経っている。大したしかけはないがベーシックな作りをしているのであまり古さは感じない。一応オカルトというかホラーなのだろうが、それほどのことはない。撮り方がうまい。ラストのシーンはその後エルム街の悪夢に引き継がれている??

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »