« 懲りずにパチBP2L-14 | トップページ | DIGAの不満その1(タイムバーがない) »

BP-511互換バッテリー

Bp511_gpcellいやはや、こちらもパチである。2つで1980円とはとても安いが、このタイプは数が流通しているから安いのかも知れない。左はパナセルのもので、これもかなり前に1つ1760円だった。開けてみていないので本当にパナセルかどうかはわからないが、全く問題ない。右は今回のGPセルので、見た目では区別が付かない。一応問題なさそうである。GPブランドの電池は、過去のニッケル水素の品質からすると、チャイニーとは全く異なり、良い部類だと感じている。むしろニッケル水素の場合は、SONYブランドやFUJIFILMブランドのものよりもサイクル寿命が長かった。リチウムも同じレベルであれば問題ないと思うが・・・。まあ1つ千円しない値段であり、純正の7千円8千円がゴミだと辛いが、だめなら外れとあきらめよう。ノーパソバッテリーにごくまれに不良が出るように、外れは必ずあるので、それに当たることもあるだろう。それが初期にわかれば返品できるのだが、サイクル寿命が最終的に短いものの場合は一概に不良とも言えないだろう。

|

« 懲りずにパチBP2L-14 | トップページ | DIGAの不満その1(タイムバーがない) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懲りずにパチBP2L-14 | トップページ | DIGAの不満その1(タイムバーがない) »