« 粗悪保温電球 | トップページ | 格安HDMIケーブル »

良質な保温電球

Hiyoko60_1いやはや、それゆえまともな保温電球はないのかとコーナンを見ていたら、やはり元祖ひよこ電球にたどり着いた。言わずと知れた(?)いや、知っている人は知っているあさひのヒヨコ電球である。これがよく見かける枠に入っているのが、ペットヒーターと言う商品名のものであるが、オレンジ一色のがアサヒのまともなやつで、白とオレンジの2色のが、マルカンブランドの粗悪な電球が入っているものである。見かけなくなったがペットショップではまだ売っているのではないかと思う。
あまりホームセンターなどでは見かけないが、アサヒのも各種あるようで通販されている。ちょっと高いがまともなのを買うべきである。粗はすぐ切れることを考えると結局はまともな方が安いだろう。
Hiyoko60_2これは60Wの球だがなんと美しい、真空管の中身を見るような作りである。中身がややぶらぶらしているのが気になるが、口金の側はスポット溶接してあり溶けることはない。ヒーターのつなぎはリードで挟み込んでかしめて圧着状態である。普通の電球のフィラメントと同じ構造である。ガラスも分厚く強化ガラスだそうだ。JETマークも入っており、まともな作りである。60Wは結構でかいので、瀬戸物100Wの入っていた枠に入るかな?しかも球がでかくて放熱の効率がよいのか、瀬戸物100Wより熱い気がする。
おっと、ちょっとでかすぎか。蓋が必要だ。
Hamideru埋め込みダウンライトと同じだが、下向けに付けると口金部分が熱くなりすぎるので、上向きに付けるのが本当はよいだろう。ソケットは瀬戸物タイプが必須で、できれば耐熱のゴム平行コードで、ガラス繊維チューブを通してつなぐ必要があるだろう。囓られそうなところは金属製のコイル状のケーブルガードが必要だ。ケーブルガードのメッキがクロメートなのは気にしないことにしよう。一応このマルカンの枠はケーブルはビニールだが、それ以外はそういう風にできており、球よりまともであり、枠だけは使えそうである。

|

« 粗悪保温電球 | トップページ | 格安HDMIケーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 粗悪保温電球 | トップページ | 格安HDMIケーブル »