« 僕の歩く道 | トップページ | 粗悪保温電球 »

アクセスポイントに悩まされる日々

Wng54am_1いやはや、ネット歯車がちょうし悪いので、後継に買ってみたPCiのBLW054CW2-PCBが使い物にならなかったゆえ、なんかいいのはないかとIOPLAZAでユーズドのこちらは完全なAPモデルのWN-G54/AMを2700円で買ってみた。無線LANものは、設定できなくて動かせなくて返品されたりする確率が多いのでB級品も多いようである。ユーズドはメーカーで動作確認しているとは言っているものの、どこまで時間をかけてみているかはあてにならないので、保証期間もないので、まずはちゃんと動くかを見てみないといけない。丸一日くらい費やしてしまってしまったものの、どうやっても動かん。有線側がどうも不安定。これは壊れている。仕方がないのでメールしたらすぐに返事があり、IOご指定の佐川の着払いで送り返したら1週間掛からずに戻ってきた。本体交換だそうな。対応はとても早かった。
Wng54am_2子機側としても使えるようにスイッチが付いており、これはプラネックスの意味のないスイッチと違い意味がある。えらい小さい。外部アンテナがないのでエリアは狭いだろう。アドレスちょっと合わせて、子機側でWEPを設定したらひょいひょいというのが普通のはずだが、これが動かん。ウグイスソフトも切っておいてブロックが掛からないようにして、WEPも切って、MACフィルタもかけず、すべて素にしてみてもだめだった。でも有線から設定画面は出せる。リンクはするのだが・・・。有線側と通信してくれない。有線側のSWHUBとの相性かとも思って、別のを仲介させてみたが一緒。WEPの設定を間違っていると、リンクするがデーターが流れないのでよく似た状態になるが、そうでもない。冷やしておいて、通電後2,3分はpingが通る。叩くとちょっと症状が変わる。その後無言になる。そのあたりをちゃんと書いて返さないと、設定を見直してくれと言われてまた戻ってきそうな症状だった。
Wng54am_3どんな構造なのかと開けてみた。なるほど、DIMMソケットみたいなので、無線回路基板が分離しており、2段基板構成になっている。半田は奇麗だ。そんなに熱くはなっていないので、無理なサイズではないだろう。叩くと動いたりするのは、このコネクタの接触不良の可能性が高い。金メッキされているが、ホコリをはさんでいたりすると、接触が不安定なのかも知れない。テンションのかかり方が弱いので、あまり信頼性のある接触状態ではないようである。まあ、家庭用だからその程度のもんであろう。
基板を見るとアンテナがつなげそうなので、PCiのアンテナを外してつなぐかね。とりあえずこちらはb/gの設定があり、bでもgでも繋がり、チャンネルもautoで切り替わっている。MACアドレスフィルタもちゃんと掛かる。動いていれば普通のAPとしてちゃんとしている。といいつつ、涼しくなったらネット歯車が調子よく動いており、もうしばらく要らないかも。つかえないプラネックスは売りに出すかね。2000円で売ってもねぇ。誰かにあげるか。

|

« 僕の歩く道 | トップページ | 粗悪保温電球 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕の歩く道 | トップページ | 粗悪保温電球 »