« またまた黄昏れ | トップページ | FERNANDO »

ア・バオア・クー

Dotechin
いやはや、今日はピロパソからの書き込みであり、お写真は後日追加しよう。
録りためていたDVDをちょっとずつ見ているが、ガンダムもやっと42話まできた。ほかのはよく知らんが、やはりこの元祖がシンプルで、語録が冴えていてよいね。しかしまたすべて手書きであるところが今思えばすごいことでもある。 その他、コキーユを見た。なんとまた例によって暗い邦画である。でも風吹ジュンがよい感じのおばさんを演じている。ダーティーハリー4:こんな暗いストーリーだったか?? ターミナル:やや現実的ではないような気もするが、暗くなくてよろしい。おっと、43話が終わった。最終回である。なるほど、こんな終わり方だったのか。来週のこの時間からははじめ人間ギャートルズやって。まあなつかしい。テーマ曲がよいね。といいつつそれは録ってないわ。富豪デカ最終回。原作筒井康隆というのがなるほどそういうことかという感じだ。昔短編集はほとんど読んだ気がする。さあ、咳も止まらなくなってきたので、早く寝よう。
スカパーもでかいテレビで見ると、地デジやBSにくらべて絵が汚く感じてしまう時代になってしまった。CSHDをスカパーでもやるそうだが、チューナーがいるわな。今度はアンテナ付きで9800とは行かないだろうね。キャンペーンで9800円で頒布してくれたらよいが。MPEGのブロックノイズだらけの映像と、コーミングノイズと、液晶テレビのスクロールのぼけになんか慣れてしまってきたのが良いのか悪いのか。たまにブラウン管テレビでSVHSのテープを見ると、まあ若干ジッターはあるものの、なんとナチュラルな癖のない映像なことでしょう。これぞアナログの勝利という感じか。たまには我に返るためにアナログビデオにレコードは保存しておかないといけませんな。

|

« またまた黄昏れ | トップページ | FERNANDO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた黄昏れ | トップページ | FERNANDO »