« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

アトランティス(ちゃり)

Atlantis1いやはや、お盆の回想の続きである。実家に古いカタログがたくさん置いてあるのだが、1982年のサイクルショーのカタログが出てきた。なかなか懐かしいところである。それ以外に、DIAMONDのカタログもあったはずなのだが、暑くて探しきれなかった。今度冬に探してみよう。代わりにユーラシアのカタログが出てきた。どなただったか、古いカタログのコレクションを載せておられる方がおられたが、確かに今のうちに綺麗にスキャンしておくべきだろう。今見ていても、昔のパーツの方が一つ一つに味があるね。シクロジャンブルか、関戸橋にも一度行ってみたいものだ。

| | コメント (0)

床にワックスを塗ろう

Yukamakeいやはや、お盆の回想である。2年ぶりくらいに玄関の床に念願のワックスを塗った。残念ながら大理石ではなく、Pタイルなので、フローリングのと同じユカメイクを塗った。フローリングはなかなかものがのけられないので結局塗るチャンスがないが、ここだけはものを一気にどければ簡単だ。特に夏場は一瞬にして乾くので楽ちんだ。

| | コメント (0)

ベランダでLOHAS17(ゴーヤ編3)

Burstgoyaいやはや、良いことはないねぇ。すでに10日前になるが、いつの間にかゴーヤがはじけていた。やつにつつかれたのかどうかはわからないが、中身までお盆の強烈な日差しの中いつの間にかはじけたようだ。時期的には巨大なゴーヤが90円とかで売っていたから、まあ食べるのは買えばよい金。

| | コメント (0)

ベランダでLOHAS16(ゴーヤ編2)

Overripegoyaいやはや、またゴーヤがなっているので、沖縄ショップで買ってきた、ゴーヤチャンプルのスパイスでまた食べるかと思っていたら、なんと一気にオレンジ色になってしもた。これはもう食べ頃ではないぞ。甘いのかも。残念。

| | コメント (0)

新しい”やつ”

Sparrowsfeedいやはや、最近朝に、ちーちーではなく、ちゅんちゅんとちゅんが鳴いていると思ったら、新しい”やつ”が、勝手に生えてきた、麦だかアワホだか、なんと稲まで実ってきたが、それらをうまいこと穂につかまって垂らして引っ張ってついばんでおる。我が家のベランダは、やつらのえさ場なのか。いやそうかもしれない。まあそれ以外何か悪さをするでもなく、目覚ましにもなるので、良いか。

| | コメント (0)

good byeカスペルスキー

Gdbykaspいやはやとうとうカスペルスキーがうるさく更新しろと言ってきた。1時間おきくらいにライセンスがないからデーターの更新ができないと言ってきた。余計なDOSアプリのバッチファイルばかり引っかけて、消すのがいやなので、結局一度もフルスキャンをしないまま、役だったのか気休めだったのか、良くわからぬまま使用期限が来てしまった。更新価格が割安だと、その気になるが、全く安くないので、そうなると相場から見るとかなり高いわけで、一旦お別れすることとなった。
Srczero結局、3台に入れられる、インド製ソースネクストに戻った。カスペルスキーの前はこれだったのだが、最近のは更新ZERO円、3台にインストール可能と、価格的にはユーザーフレンドリーな設定ではないか。残念なのは、3台目が98なので、サポートしておらず入れられなかったことか。どうしてもパスワードを認識してくれなかったが、サーバーに昔の登録が残っているようだ。DoS攻撃に脆弱性ありとか載っているが、Windowsそのものに比べたら大したことはないだろう。まあこちら、お安いので、だめそうならまた違うのを買えばよいし、更新限界まで会社があると良いが・・・。

| | コメント (0)

ああもっと時間が欲しい(黄昏)

Sunset080813いやはや、連休も終わりだ。日曜日の夕方にサザエさんのテーマ曲を聴くむなしい気分だ。最近はなんか魅力がなくなってしまったが、世界遺産を見るむなしい気分だ。やりたいことが多すぎてなかなか時間が足りない。いやぁ。ほんま宝くじでも当たらんかねぇ。老い耄れてしまうとやりたいこともできなくなるぞと。
写真は最近見つけたチャリでも行ける夕日スポットからの眺め。かすかに明石海峡大橋も見える・・・。

| | コメント (0)

NEWフリー

New_freeいやはや、結局、ディレーラーを換えただけではコマ飛びは直らなかった。ディレーラーは新品らしくガタがなく、かきっと切り替えが決まるのはなかなか良ろしい。巻き付きが少し多いのでかなりましではあるが、やはり踏み込むと山を乗り越えてしまう。そんなわけでオークションでシマノの5段フリーの新品を譲ってもらった。さすがにぴったり。chinaだが実用的には充分だろう。欲を言えば、トップが13Tだと良いのだが、普及タイプは14Tからだろう。スピードに乗ったときにぐいぐいと走るには13Tが・・・と思ったけれども14でも結構重い。もう昔の足の力がないから14Tで良いかね。平らでも14Tで20Km/hオーバーでこぎ続けるのはかなりきつい。どうしてもと言うなら前を51とか53にするかね。しかしTAの歯は高いねぇ。そしてシマノのフリーは歯が他の種類のと入れ替えられないのね。径が違うのか。これまたいけてない。

| | コメント (0)

昔のサイクルメーター(Huret)

Huretmeterいやはや、古ーい写真が出てきた。これはHuret製の昔のサイクルメーターで、ベルトでハブとつないで回るようになっており、ODDとTripメーターが付いている。ハブ側に取り付けるわっかか軸のプーリーが2種類くらい付いていて、それで径を合わせていたのだったか。残念ながら走行中にどこかで分解して飛んで行ってしまい現物は残っていないが、昨今のワンチップCPU式サイクルコンピュータとの世代の違いを感じる代物である。たぶんこれはODDが1999.9になった時に撮ったものかと・・・。なつかしいね。

| | コメント (0)

6段フリーはやはりきついか

Removegearいやはや、サンツアー抜きが手に入ったので、
さっそくゆるめにかかった。昔は小さいモンキーで苦労したが、これくらいでかいモンキーだと楽に緩んだ。わざわざクイックレバーを仮り止めしているのは、むかし滑って手の皮をむいた経験がよみがえったから、特に考えもせずそうしていた。思い出せば一番始めに付いていたフリーは本当に緩まなくて、フリー抜きを万力で噛んでホイールをハンドルの如く手で回してみたが、万力がひしゃげてしまっても緩まなかった。今のはねじ山にちゃんとグリスを塗って締めてあったようで、グリスのちからは偉大である。BBにしてもグリスたっぷりのおかげで錆ひとつなかった。
6step120ngさっそく例の6段ボスフリーをはめてみた。んんん。120mmのエンドに6段はやはり無理か。機械と違って、人間の足は、適度に調節がきくところから、そんなにクロスレシオなギアの段数は実質使わないゆえ、6段もいらんのでスペーサーの位置を変えて1段つぶしてトップギアを内側にずらしたらいけるかなと思ったが、そもそも120mmではハブの長さが足りてない。左のスペーサーを右に持ってくれば軸ははまるが、センターがずれてしまうのでこれまたよろしくない。このまま右だけにスペーサーを入れて、フレームをちょっと曲げたらチェーンはかなりきわどいが、入りそうではあるものの・・・。んんん。やはり5段を手に入れた方が良さそうだ。
どなただったか、ボスフリー各種を比較して並べて載せておられる方がおられたが、HP何だったか・・・。もう一度参考にさせてもらおう。

| | コメント (0)

みどりがきれいだ

Riceplant080812いやはや、暑くて外に出たくないが、たんぼの緑だけはとても綺麗だ。若干デフォルメして壁紙にしたら綺麗かな。

| | コメント (0)

こたつのふとんを洗ってみよう

Kota2futon1いやはや、例によって、恒例の毛布のお洗濯である。ウールの毛布と、洗濯OKと書いてある夏用の薄い羽毛布団は今年も既に洗濯機で洗濯済みである。暑いピーカンの日に一気に乾かせば難なくOKである。午後3時から干しても乾くのは、南向きマンションのベランダの特権である。向こうに見えるせせこましく建っている一戸建てを見下ろすと、午前中にしか日が当たらないかわいそうな向きの家もあり、むしろ午後から日の入りまでもろに日が差すうちのベランダとは対照的である。
さて、こたつの布団をどうしたものかと、クリーニングに出すにはもったいないし、無理矢理洗濯機に突っ込んでみようとやってみた。こたつの布団も、ナイロン綿なら乾きさえすれば洗ってもどうと言うことはないだろう。しかし家庭用の洗濯機にはでかすぎる。家庭で洗えるように、2分割できるようになっていたらアイデア商品だろう。ニトリにないか? 何しろ、クリーニングに3千円とか取られるのなら、捨てて安売りで買った方が安い可能性が高い。なんとエコでないことだろう。
Kota2futon2無理矢理突っ込んだら入ったけれども、おそらく水が隅々まで回っていないのではないかと思われる。無理矢理真ん中から給水して遠心力をかけてみたが、すすげているのかどうか怪しい。それでも一通りコースを終わって脱水された。水が腐ってくるとどうしょうもないので、一旦干して乾かした。これは、お風呂で踏み洗いした方が良さそうである。明日やるかな。無理矢理突っ込んだら脱水はいけそうである。無駄にでかい洗濯機もこういうときには役立つものである。

| | コメント (0)

ごついコイルロック

Lockcom1いやはやまた、ワイヤーロックを買ってしまった。ちょうどロイヤルホームセンターの7月末までの500円券があったので、500円引きで買ってきた。元の値段は1480円だったと思う。かなりごついワイヤーの割にはしなやかで、180cmもあるのでこれも使いやすそう。どこ国製と書いていないが、鍵の部分はかなり小気味よいラッチの仕方をしており、ある程度レベルの高い工作と感じる。愛知県のサギサカ製である。この会社、今時珍しくHPがない。せめて一般向けでないにせよ、商品の一覧があると、良いものを作っているのだからもっと売れると思うが。中国製のゴミを淘汰するためにも、若干高くても質の良いものをもっと流通させて欲しいものだ。
Lockcom2本体にLOCK.comと書いてあるが、これはよそのドメインである。なぜ書いてあるのか不明である。当初持っていたのか、これが取れると思って先に書いたのかわからない。
かなりかさばる大きさなので、シートポストに固定できるような、ホルダーが付いている。ある程度太さに対応できるように、たて筋の滑り止めと、2枚ほど厚み調整用のシートが付いている。シートポストに取り付ける部分の軸の作りはかなりしっかりしている。

Lockcom3しかし合体させる部分の構造がかなり貧相である。コイルの自重で振られているともげるのではないか。気がつくと、どこかで落としてきてしまってホルダーだけ残っていると言った光景が目に浮かぶ。チャリでなくワイヤーを持って行かれると言うことも考えられる。(キーがないと使い道がないだろうが。) ゆえにホルダーは補助的に使うものとして、ワイヤーの一部はサドルの裏に通しておかないといけないだろう。

| | コメント (1)

ゴースト

Ghostいやはや、最近はテレビのチャンネルがいっぱいあって、画面に出てくる番組表を眺めていると、結構いろいろ古い映画をやっており、懐かしいのを見られてよろしいことである。スカパーも元祖スカパーで充分かと思っていたが、110度(E2byスカパーという?)の方でCSHDを始められると、みんなの鉄道もハイビジョンでやっており、これはつらい。しかしまあ、ハイビジョンで残せるレコーダーがないと残しておけないので、それを買ったら切り替えも考えましょうかねぇ。さて、これは地上波で夜中にやっていたが、久しぶりに見た。だいぶんはしょられていて、実質90分ほどしかなかったが・・・。いやデミームーアはやっぱりGIジェーンよりこっちの方が良いね。

| | コメント (0)

リアディレーラーを換えよう

Suntvxrderailleurいやはや、あいかわらずちまちまチャリを直しておるわけですが、サンツアーVXを分解掃除しようとして分解して元に戻すのに10年ほど経ってしまい、はたして元の形がどうだったのか良くわからんままとりあえず組めたものの、そんなに違和感はないとはいえ、チェーンを一コマ切ったからか、TOPギアの巻き付きが半周以下となっており、これではギアが減っていなくても空回りしても不思議ではないかと。しかしチェーンを元に戻すと、リア13とフロント34で弛みすぎてしまうので、昔はどうやって乗っていたのだろうとわからぬまま・・・。プーリーが既にガラガラであり、バネも弱っていて当然であり、この際替えるかと。当時はなかったBMX用なるものは、どこまで互換があるのか良くわからないながら、いろいろごついのが売っておるのですが、シンプルなすっきりしたのがなかなかない。相変わらずいまだに手作りなのか、いつまでたってもSHIMANOのHPは辿るのに一苦労ではあるものの、いろいろ全部開けてみて価格相応でましなのを選んだ。。
Tiagra_rd4500gs
で、お手頃の現行機種を買ってみた。はたして付くのだろうかと思っていたけれども一応ネジとかは変わっていないようで、普通に取り付いた。サンツアーはアームの2つのプーリー間が分かれているのでばらさなくてもチェーンが通るが、こちらは片側外さないとチェーンが通らないのね。つけてみると、上のプーリーの位置がかなり上にあるので、チェーンの巻き付きが明らかに前より多い。しかもアームが長いのでこれなら、一コマ戻してもいけるかも。そうすればもっと巻き付くのか??これでちょっと走ってみたいと思いつつもあまりに日差しが強くて外に出る元気なし・・・。てか。

| | コメント (0)

よくあるコイルロック

Coillockいやはや今度はよくある、コイルロックである。これまた、3桁の数字合わせであり、ぞうのぞうのぞう方式では1000回で開いてしまう。これについては微妙ながらあたりがあるので、感触がわかっていると、もっと簡単に開いてしまうだろう。小さいのに数字は変更可能である。亜鉛ダイキャストでできており、ある程度しっかりしているが、フック側はおもくそ引っ張るとぽろっともげるだろう。塗装はある程度分厚いが、安っぽく、はげやすそうである。コイルはワイヤーが入っているから当然ではあるが、ある程度硬く、また短いのでチャリにはむいていない。これも色的に、シートとくくりつけてあるからカバン持って行かないでねという色で威嚇する新幹線用か、でかいカバンに小さいカバンをひっつけておく一時用途と言えるだろう。でもまあ99円だったのでこれも良しかなというところである。

| | コメント (0)

よくあるワイヤーロック

Athlete3lockいやはやこのところ、いくつか鍵を買ってしまったが、これはアスリートNo.3ロックというものである。よくスキーやらスノボーやら、旅行グッズやらのところに売っているやつのちゃっちい版である。99円だった。まあこれも3桁なので、ぞうのぞうのぞう方式では1000回やれば開いてしまうが、その前に、バキッとむしれば割れて外れそうであるくらいの程度のものである。まあしかし、新幹線に一人で乗るときなど、ちょっとカバンをからげておくと少しは役立つかも知れない。持ち去られようとしたら引っかかるだけでも目立つだろう。そう言う用途であろう。チャリには無力そうである。そのまま気にせず走れば、むしれて切れるだろう。まあ安かったのでよいかな。

| | コメント (0)

台風クラブ

Typhoonclub
今日はピロパソ(ピローパソコン=枕元に常備されるパソのこと)からの書き込みのため写真がありませんが、後で写真は入れましょう。先週懐かしい台風クラブをやっていた。当時たぶん公開1年後くらいにTVでやっていたのをみたのだと思うが、変に印象に残っていて「金閣寺みたぁい」というのを今でも覚えている。広瀬アキのお父さんも出ている。まだ若い。DVDに移したので今から見ようかと思ったけれども今日は眠い。ちょっとだけ見て寝よう。この映画はいったい何を言いたい映画なのかを考えてはいけない。要は、この世代の感性そのものを各所で表現しているのである。よいではないか。
そういやこのまえ、カプリコーン1も有料放送局でやっていた。久しぶりに見た。某有料放送局はいらぬチャンネルが多すぎる。嗜好性の強いものを公共料金でやる必要はないだろう。だれも望んでいない映像を垂れ流して高額な受信料を取るのはいただけない。必要なチャンネル2つに絞れ。そして時代相応な料金にせよ。400円/chが相場である。そう、なぜかル○ン特集も連日やっていたが、こんなものは民放のBSでCMを入れてプレゼント付きでやるのが妥当である。Uボートもやっていたが、途中で地震速報に変わってしまった。いやはや、ではまた明日。

| | コメント (0)

ワイヤーロック

Dg002wこのまえのコーナンのワイヤーロックが崩壊したので、別のものを買ってみた。GORINのDG002というロングワイヤーなロックで、ドアのセキュリティーロックみたいにプッシュキーが10個付いているものである。もちろんこれは、ぞうのぞうのぞうのように時間をかければ有限で解錠は可能であるが、今時の日本人以外の過激なやつらはワイヤーカッターなどを持ってうろついておるようなので、そう言う輩にはそもそも無力である。チャリの鍵といえばGORINというほどであろうが、これまたピンキリであり、さっそくどんなものか見てみよう。ちなみに980円だった。2mもあるので、街路樹に巻き付けてもいけるだろう。ばらせるチャリなら、前後のタイヤとフレームとサドルと歩道のガードまで通せてよさそうだ。
Dg002w24桁くるくるチェーンキーならダイ粗に100円で売っているが、ガタがあるゆえ、がたつかせて回すと、引っかかりで番号がすぐにわかってしまう。これはどうかと試してみたが、まずどれが何番か本体には書いていおらず、人間の番号で合わせて解除するという思考を挫かせるようになっている。また、かなりかっちり硬く動くボタンになっており、ダミーキーとの差はほぼわからない。番号よりも図形認識でどれがへっこんでいたらと言う記憶の方が良いだろうと思うが、それゆえこれは全パターン試すのは結構大変である。長時間はどち道無理としても、ある程度の機能は果たすと思われる作りだった。980円なら安いかも。残念なのは、パターンが固定で変えられないことである。

| | コメント (0)

ゴミサイコン

Jy116_cycomいやはや、これはジョーシンテクノのワゴンに1000円ちょっとで乗っていたJY-116というものだが、あまりにも粗貧であり、お話にもならないゴミサイクルコンピュータであった。1000円出すなら、アマゾンライダーでCATEYEの一番安いやつ(1100円くらい)を買った方が100倍まともである。あほらしいので捨てることにしたが、当初ある程度使えるかなと思っていたものの、どうしてもすぐに接触不良でリセットされてしまう。始めはガキにいたずらされたのだろうと思っていたが、そうではなかったようで、接触不良頻繁でずっと動いていられないようだ。樹脂の成形も例によってビニ玩以下の精度であり、やや防水しようとした形跡はあるが、密閉できておらず、雨がかかると内部に染みこむ。ものの意味がわかる人には取り付けも簡単だが、付いていたペラではそもそもどうつけるのかわからない人もいたことだろう。
Gomicycom電池の接触がどうやっても良くならないので、電池を直結してみたが、それでも飛んでしまうことがしょっちゅうで、実用に耐えない。携帯の電波でもふっ飛ぶのかも知れない。ホルダーも全く精度がなく、また接点も適当なできばえであり、確実な接触は全く望めない。まあどれかのコピーとして作られたようだが、これはだめだわ。温度計が付いていてこれだけはうりなのかもしれないけれども、これでは出来のレベルが低すぎる。ゴミを流通させてはいけない。

| | コメント (0)

消息不明尺取り虫さん

Inchwormいやはや、ブルーベリーの葉っぱを食して、あまりに目立つ、ペレットのような糞をばらまく枝に擬態する尺取り虫さんも、長く育ったところで消息不明。これは蛾のしゃくとりですかね。やつらに食べられた模様です。そう言う意味ではやつも益鳥といえるのか。

| | コメント (0)

2つ爪のフリー抜き

Fr2いやはや、見つからないので買ってしまった。840円だった。パークツールのFR-2である。サンツアー用と書いてある。パークツールも、リーズナブルな価格で結構使えるものを出してくれておりありがたい存在である。これも、必要充分なものである。まあ、ちょっともの的には高いが数からして仕方ないだろう。これでフリーがゆるめられる。

| | コメント (0)

麦?

Muginanokaいやはや、いろんなものが生えてくるベランダですが、籾殻から芽が出てきたと思っていたら、なんか麦みたいな穂が付いている。稲の穂には見えないし・・・。しばらくほっておこうか。

| | コメント (0)

これは合歓の木?

Silktreeいやはや、勝手に生えてきて、おじぎそう復活と思っていたら、だんだん巨大になってきた。しかも、おじぎそうにそっくりな葉っぱながら、さわっても閉じない。しかし夜になるとつんつんと葉っぱを閉じてとんがっている。これは何? どこからやってきたのだろう。買ってきた鉢か土に混じっていたのか、やつらが運んできたのか。いろいろ見ていると、ねむの木の葉っぱにもそっくり。もしかして合歓の木なのか。もう少し様子を見てみよう。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »