« 珪素のチカラ | トップページ | やつの気配 »

エアコンは自分で移設しようその後

Aircontransferなぜか最近、エアコンは自分で移設しようのページが閲覧されているようで、そのせいもあってその後の様子をお知らせしよう。そろそろ20年選手のSANYOのエアコンだが、その後なんなくまだ冷暖房ともちゃんと動いている。良く持つもんだ。2回の移設を持ってしても、ちゃんとポンプダウンして持ってくれば、冷媒の補充もなく、普通に動いている。手順さえ間違わなければ、それほど難しいことでもないので、自信のある方はチャレンジされたい。もし冷媒が抜けてしまうと、冷媒自体はコーナンでも売っているが、真空引きするのにポンプが必要であり、やってもらうとリカバリにうん万かかると思われ、かえって高く付くだろう。その場合はホームセンターで安売りの3万くらいのコロナの新品を買ってきて、再チャレンジするも良し、しかし古い本体をどうやって捨てるかと言う問題もあり、まあ、新品も一度はつけてみたいが、まずは買ったところでサービスでつけてもらうのが良いだろうね。いやしかし、未だにおそらく存在していると思うが、もし引っ越し業者が無造作にポンプダウンもせずにシューとガスを放出して安易に配管を外したならば、フロン回収の意味からも、それは強く抗議するべきことである。

|

« 珪素のチカラ | トップページ | やつの気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珪素のチカラ | トップページ | やつの気配 »