« 超便利なプリンタサーバー | トップページ | 今年のジャガイモ »

パツケースあれこれその2

Ptscase_jp1いやはやだいぶん間が空いてしまいましたが、パツケースの蘊蓄その2であります。これはJANコードからして、ジャパンに売っていたものだと思いますが、材質もしっかりしており綺麗で、偽物王国の粗品ではない感じです。ジャパンも最近、ダイ粗の店舗展開に負けてか、鈍器負けなのか、杉志向なのか、普通のものばかり置くようになってしまって、あまり商品に魅力がないですなぁ。前はもっと売っていた気がする、変な輸入物をもっと売って欲しいものです。
Ptscase_jp2それゆえこれはもう売っていないようです。何種類かサイズがあったのですが。
やや難点は、ヒンジの部分の出っ張りがでかい。そして痛い。ふたのロック側のシンプルな構造に比べてヒンジ側の構造に釣り合いが取れていない。これなら一体化して曲げてあるだけでも良いような気がします。偽物王国のものではなかなか考慮されていませんが、これはちゃんと積み重なるように蓋側と底のくぼみと出っ張りが合うようになっており、綺麗にスタッキングできますね。
Ptscase_jp3中の仕切りは取り外しが可能で、売っている状態は仕切りが輪ゴムで巻いて中に入っていたような。しかし仕切りもきっちりできており、偽物王国の仕切りのように、底に隙間があったり、上のふたまで仕切りがなくて中身が混じったり、仕切りがゆるゆるですぐどっかいってしまったりと言うこともなく、仕切りがふたぎりぎりまであり、ふたの被さり厚さも適度に深く、実用的な設計といえるでしょう。
Ptscase_jp4しかしとても安直なふたのロック機構。これならヒンジ側ももう一工夫欲しいところ。樹脂の材質が比較的硬いので、見た目よりはこのふたの引っかかりはしっかりしており、こんなネジを入れて逆さにしても勝手に開いたりはしていません。
さて、これ、いくらだったのか記憶が定かではないですが、わたくしがジャパンで買うくらいですから、300円くらいだったのではと思います。
そんなわけで、本品は、それぞれ5段階評価で材質5,仕切り板の構造5,ヒンジの出っ張り2,ふたのロック3、内部隙間5,価格5,スタッキング4,取り出しやすさ5、ふたの深さ5 てなところで、元祖HOZANより便利かも。

|

« 超便利なプリンタサーバー | トップページ | 今年のジャガイモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超便利なプリンタサーバー | トップページ | 今年のジャガイモ »