« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

ちびきゅうりを植えてみた

Chibikyuri1最近、ビルの壁面の1~2階部分にゴーヤを植えて省エネ対策されているところがあるのだとか。甲子園のツタも一躍かっていそうだが、つたは冬でも生きているので硬くて取り除くのが大変。それならアサガオやらキュウリ系の一年草ものが、しかも実のなるものを植えれば一石二鳥であるとか。まあそうかも。まねしてみようと、はめ殺しの窓の前にプランターを置いて、ちびキュウリとゴーヤを植えてみた。相性悪いか?似たもの同士だからいけるか? まあ試しに植えてみようと言う軽いノリである。
Chibikyuri2まだ1ヶ月ほどだが、なんと既にでかい葉っぱを装備して、実をつけておる。もうこれは食べ頃である。これがまた採りたてを食べるとなんと瑞々しくおいしいこと。キュウリもそうだが、採ってから古くなると、だんだん皮が苦くなってくる。しかし採りたては全くそんなことはなく、皮もそのままで何もつけなくてもそのものの味がとてもおいしい。
農薬もかけてないし・・・。いやほんとうはあぶらむしがいっぱい付くので何かかけたいところではあるが、薬はやはりいやなので気休めに木酢液でごまかす程度か。それにしてもトマトはあぶらむしが全く寄りつかないのがすごいね。CDのリサイクルもかねて、CDでぴかぴかさせてある・・・。効果あるのか??少しはあるような。

| | コメント (0)

今年のジャガイモ

Jyaga080429いやはやもうはや暑いねぇ。先が思いやられるわ。まだ登場させられていませんが、今年もまたいろいろ植えているものの、古い土の処理がじゃまくさくて結局また国華園その他で土を買ってきてしまいました。しかしまた袋入りの土も千差万別。間違ってもでか袋198円とかのゴミ土は買わないことですかね。ぼちぼち登場させようと思いつつ、まずは今年のじゃが。食べずにほっておいたら、芽がいっぱい出てきたので、気にせずそのまま一つ鉢に埋めたらこんななってきた。さてこの先どうなることやら。どちらにしてもこの鉢では無理ですわな。

| | コメント (0)

パツケースあれこれその2

Ptscase_jp1いやはやだいぶん間が空いてしまいましたが、パツケースの蘊蓄その2であります。これはJANコードからして、ジャパンに売っていたものだと思いますが、材質もしっかりしており綺麗で、偽物王国の粗品ではない感じです。ジャパンも最近、ダイ粗の店舗展開に負けてか、鈍器負けなのか、杉志向なのか、普通のものばかり置くようになってしまって、あまり商品に魅力がないですなぁ。前はもっと売っていた気がする、変な輸入物をもっと売って欲しいものです。
Ptscase_jp2それゆえこれはもう売っていないようです。何種類かサイズがあったのですが。
やや難点は、ヒンジの部分の出っ張りがでかい。そして痛い。ふたのロック側のシンプルな構造に比べてヒンジ側の構造に釣り合いが取れていない。これなら一体化して曲げてあるだけでも良いような気がします。偽物王国のものではなかなか考慮されていませんが、これはちゃんと積み重なるように蓋側と底のくぼみと出っ張りが合うようになっており、綺麗にスタッキングできますね。
Ptscase_jp3中の仕切りは取り外しが可能で、売っている状態は仕切りが輪ゴムで巻いて中に入っていたような。しかし仕切りもきっちりできており、偽物王国の仕切りのように、底に隙間があったり、上のふたまで仕切りがなくて中身が混じったり、仕切りがゆるゆるですぐどっかいってしまったりと言うこともなく、仕切りがふたぎりぎりまであり、ふたの被さり厚さも適度に深く、実用的な設計といえるでしょう。
Ptscase_jp4しかしとても安直なふたのロック機構。これならヒンジ側ももう一工夫欲しいところ。樹脂の材質が比較的硬いので、見た目よりはこのふたの引っかかりはしっかりしており、こんなネジを入れて逆さにしても勝手に開いたりはしていません。
さて、これ、いくらだったのか記憶が定かではないですが、わたくしがジャパンで買うくらいですから、300円くらいだったのではと思います。
そんなわけで、本品は、それぞれ5段階評価で材質5,仕切り板の構造5,ヒンジの出っ張り2,ふたのロック3、内部隙間5,価格5,スタッキング4,取り出しやすさ5、ふたの深さ5 てなところで、元祖HOZANより便利かも。

| | コメント (0)

超便利なプリンタサーバー

Patcu1いやはや、プリンタ複合機の安さとその性能には脱帽するが、結局去年の夏にA920を買ったものの、パソにつながないまま単独機能だけで2ヶ月ほど遊べてしまった。そうこうしているうちになんと、無線乱内蔵で3万いくらて、なんぼ安いのと言う、Tが出てしまって悔しい思いをしたものの、いちいちノーパソを持参したり線を引っ張ってくるのが面倒で、どのパソでも印刷できるようにと、純正鯖を買ってみた。結構値段に差があり、一番安かったのは意外にもJUSTmyshopだろう。その次はアマゾンライダーだった。JUSTmyshopは在庫がなかったので仕方なくライダーで購入。まあといっても、1万2千いくらだったか。またまた昔のに比べると良くできていて、どのパソからも印刷できるし、スキャナもリモートできるし、メモリスロットも見えるしと、とても良くできている。残念ながらVIERAでないのでテレプリパができないのが残念・・・?か? coregaあたりのやつは、接続や切断やらややこしい使い出のようだが、純正は複数でアクセスしても勝手に受けてくれるので何もしなくて良く、オフィスユースのLAN接続プリンタと何ら変わらない感じだ。有線でもつながるが、無線LANでも特に遅い感じもなく、メモリーカードの読み出しでも無線を意識することはない。良い時代だねぇ。問題は誰もいないお家でいつもプリンタに電源を入れておくのかと言うことだろう。まあ、印刷しそうなときだけ電源を入れに行って、紙の出てくるふたを開けておく手間位は仕方ないか。

| | コメント (0)

ちっこいACアダプター

Gf12uso3320coregaの8ポートHUBが死んだので、元位置にはバッファローに置き換わってもらったが、HUB自体は死んでいないので、ちょっとしたときに使えるようにACアダプターを買ってきた。ちょうどつぶれたunifiveのと同じような大きさのもので、3.3V2Aで600円だった。そのままささるかなと思ったら、例によってEIAJ統一プラグな訳はなく、HUB側が真ん中がぶっといタイプだったのでささらなかった。
Dcplugadptr常備の各種DC変換アダプタを持ってしても、ぴったりのがなく、これはどちらかを交換するしかないようだ。線側を切るか、意外にDCジャックのフットパターンは似たものがあるので、本体側を細いのに変えるか、もしくは中継アダプタを線で作ってつなぐかだろうか。まあそこまでして使うのかという気もするが・・・。
FerritemagnetこのコレガのHUBのいけていないところは、このマグネットが本体からすぐに取れてしまって、相手側にひっついてしまってはずれてしまうこと。これはマグネットの金具のサイズと本体側の遊びが多すぎるのと、引っかかりの機構が貧弱すぎるからである。ばらつきにもよるのか、LOTにもよるのだろう、5ポートのは取れないのでその後改良されたのかも知れない。さらにいけていないのは、フェライトにニッケルメッキをしており、そんなものはがれてくるのがあたりまえだろうと思うが、こんな状態になってしまう。
Fsw8pa_mag仕方がないので、テープを貼って使っているが、そうしないと、毎回取れるわ、粉は出てくるわで、いけない。なんとみっともない構造であろうか。
みっともないと言えば、むかし海援隊だった頃の武田鉄矢が言っていた。貧乏草野球のキャッチャー・・・・。ミットもない・・・。


Fsw8pa_dc
しかしこのHUBのチップは焼けるほど熱くなっており、さすがにまだ壊れていないとはいえ、持っても2~3年という感じだ。それゆえヒートシンクが接着してあり、毟ってみようかと思ったがとれないので、壊れたら取ってみよう。
電解はニチコンが使われておりある程度日本の要求仕様が反映されているようではある。いやしかし、nichiconの偽物はmichiconてか。しかもわざと少し滲ませて印刷して・・・一見nichicon。DELLとしたことが、だまされたのだろう・・・。
そんなわけでまだ電源を入れられていない訳ですが、予備として置いておきますかな。

| | コメント (0)

れんげ

Renge08今年はあまり一面にれんげの花が咲いていなかった。気候の影響か、冬の寒さが足りないから別の草に優勢を取られたのか。ちょっとした畑でもれんげの花が咲いているととても綺麗なものである。昔はちょっと田舎に行けばどこでも見られたものだが、今はどんどん家が建ってしまって、どこでも見られるわけではない。とはいいつつ、まだまだ隙間のたんぼでもれんげである。

| | コメント (0)

のんきなかめさん

Tortoisesいやぁ・・・。うらやましいねぇ。みんなで甲羅干しとは・・・・。良いことないねぇ。現実逃避・・・・。
仁徳天皇陵のお堀にて・・・。

| | コメント (0)

安もんのワイヤーロック

Wirelockこれはコーナンに売っている680円くらいの自転車用のワイヤーロックである。keyの方がわりと上等そうなシリンダーぽい鍵になっており、ワイヤーも太く全体が樹脂で覆われており、そんなに悪く見えないのだが・・・・。 ワイヤーは確かに結構太く結構なカッターを持ってこないと、そうそう切れないだろう。しかしなんと、根元が抜けてしまった。
Badcastingなんだこれは的な、いかにもなチャイニーな作りである。ワイヤーを切りっぱなしで、もろい亜鉛ダイキャストでわずかに10mmほど固めてあるだけ・・・・。しかもダイキャストはちょっとしかない。こんな構造を見てしまうとこの鍵は、ある程度力のある大人なら、根元をぼきっと折れば簡単に取れてしまう。なんだこれは。鍵になっていないぞ。

| | コメント (0)

パチSDカード?

Sdsdq1024SanDiskだというバルクの1GのマイクロSDを650円で買ってきた。なんとこのチャイニーな偽物ぽいSanDiskのシール・・・。本物だろうか? MADE IN CHINAであり、純正でもCHINAで作るとこんなに貧相なのか。 マジで偽物かも知れない。偽物でもちゃんと動けばよいが・・・・。
HDDbenchでは、R10MB/S W4.27MB/Sと、donyaに負けている。 まあちゃんと動くとして値段相応のスピードだろう。

| | コメント (0)

天ざる

Tensoba久しぶりにおいしい天ざるを食べた。ざるそばはやはり信州の方がおいしい。最もおいしくないのはやはり東京だろう。いつも挫かれるのは新宿あたりの、京風うどんとか信州そばとか書いてあるうどんや、そば屋である。京風うどんで醤油味はないだろうと思うし、全くこしのないこんにゃくそばのようなそばを出す新宿あたりの信州そば屋さんは悲しい。
ここのはおいしかった。ここは名前によらず東京ではない。信州である。

| | コメント (0)

かしこい鳥

Kasikoitoriこちらはうるさいたんぼと反対側の道の電線の上、電線というか、電柱同士をつないでいるワイヤーにいた、ツグミなのかヒヨなのかなんかわからない鳥さんであるが、驚くべき動作をしていた。なんと、ヤモリかトカゲをくわえてきて、器用にワイヤーの裂け目に引っかけて、それを支点にしてくちばしでしっぽをちぎっておる。餌食のヤモリはワイヤーの裂け目に引っかかっていて、落ちることはなく、どんどんついばまれていく。そして親とさして大きさの変わらないもう飛べるが餌の取れない雛に口移しでヤモリを与えておる。おそらく次もここに引っかけに来るのだろう。あまりに利口ではないか。

| | コメント (0)

うるさい鳥

Keri1近所のはたけにとてもうるさい鳥がいる。なんて言う鳥なのか気になっていたが、「けり」というらしい。もっと茂みの中とか、木の枝とかに巣を作ればよいものを、なぜか無防備なはたけの真ん中に巣を作ってひなを育てておるようである。つがいでひなをかこっており、大抵は片側がえさを捕りに行っているのだろう、犬を連れた人が散歩に通りかかると、残りの一羽が人に向かって威嚇するためにキーキーと鳴きながら頭の上を旋回する。人は何も捕って食おうというわけではなく、見守っているだけなのに、とてもうるさい。カラスがもっともの強敵であろう。その点ではツバメはとてもかしこい。人が見方であることをわかっており、うまく人の住み処を利用して巣を作っておる。
Baby_keriうるさいからどこかにひながいるのだろうとよーく見ると、保護色のひなが歩いていた。親はひなのそばに囲いに行くのかと思いきや、そうではなくて、先の方でキーキー鳴いているだけで、ひなが自力で歩いてくるのを待っている。巨大なカラスが急降下してきたらなすすべがない状態だ。どうも見ていてあまりかしこくない鳥さんだ。

| | コメント (0)

SHAWSHANKの空に

Shawshank始めの5分くらいで寝てしまってなかなか、最後まで見られなかったのだが・・・、やっと見た。先入観とは裏腹にこれはとても良くまとまっており、ほとんど知られていないし、TVでもやっているのを見たことがないのが不思議なくらい良い映画だ。冤罪と、ありがちな腐敗した刑務所での話だが、ところどころ大脱走を思い浮かべるシーンもありながら、ほぼ次々と予想される展開に導かれつつうまく後から解説されていく編集の仕方がうまい。REDEMPTIONとはなんぞや。始めて聞く単語である。引き換え/補償だそうな。19年の代償と言うことなのだろう。
このDVD,吹き替え日本語と英語と、解説音声付きのトラックがある。解説がまたいろんなことを言っていてうっとしいがおもしろい。日本語字幕と吹き替え日本語が一致していないのがいけてない。
ともあれ、これは2度見てもおもしろい。借り物だったが2層を圧縮して1枚に焼いてみたのでまた見てみよう。
陪審員制度が適切な判断をなしえるのかということも考えさせられるし、それはそうと正しい判断で死刑判決が出て当然だったというか、本村さんの並大抵のものではない精神力に感心せざるをえない今日この頃、人殺しが日常茶飯事になりつつあり人々がそれに慣れていっていることが恐ろしい限りである。

| | コメント (0)

堺の聖火

Sakai_torchいやはや空を照らす堺のトーチである。しかしまたCO2削減と言うご時世に燃やしすぎ。とはいえそのまま排出するわけにはいかないガスを燃焼させて無毒化しているのだろうが、勢い良すぎである。
さて、あまりにしょうもないことながら、最近挫けたのは・・・・、楽しみに保存してあった、カップヌードルの10年保存計画の缶を捨てられてしまったこと・・・。気に入っていた水筒のふたがゴミ箱にちょうど落ちて、気づかずゴミと一緒に捨ててしまったようであること・・・。かなし・・・・;;

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »