« パチBP2L14編 | トップページ | また^8ジョーシンの粗品 »

MTV1000を如何に使うか

Mtv1000frontこれはカノープスのMTV1000である。非常に綺麗に映るのだが、それゆえ当時39000円位したと思う。今となっては、コンシュマーなこの手のアイテムの商売は既に成り立たないことから、カノープスも業務用志向に変わってしまって、サポートもされていないが、これがまともに利用できないのはつらいところ。何しろアナログ地上波だけのHDD+DVDレコーダーの廃価版なら買えてしまうような値段でチューナーボードを売っても売れないですわな。かといって松下のMPEGエンコーダーが載っているこの良くできたボードはもったいない。これ以降のもので羽根が動くタイプは、directshowタイプのようで、それなら動くかも知れない。これのMEDIACRUISEはオーバーレイでTVを表示しており、今回のハードではどの設定をいじっても、リアルタイムのTV画面のオーバーレイ表示が更新されずに止まってしまう。しかし一旦録画して再生するのは問題ない。他に方法はないのかと言えば、directshowタイプのDscalerやVirtualVCR、かのHunuaaではちゃんと表示されるのであとは、これらでMPEGエンコーダーが使えたらMEDIACRUISEはお払い箱なのだが・・・。いずれも癖がいろいろあり、いろいろ試せていないので何とも言えない。DIVXコーデックでHunuaaで録画できることだけ確かめた。いやしかしカノープスのは昔からキャプチャーの絵の綺麗さやらコーミングのないプログレッシブ表示やら捨てがたいものがあり、既に地デジ時代でもあり、アナログ用はこれを何とか使い回したいところである。前システムではSCSIカードとかぶっているのか、ドライバが今一でIRQのシェアリングが悪いのか、時として録画すると吹っ飛んでいたが、今回ハードではそれは問題ないようだ。
しかし時代はワンセグ&地デジハイビジョンの時代。BCASカードも破綻したことだし、フリーオライクなPC用地デジチューナーを各社早く実用化して欲しいものだ。

|

« パチBP2L14編 | トップページ | また^8ジョーシンの粗品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パチBP2L14編 | トップページ | また^8ジョーシンの粗品 »