« とうとう15万キロ | トップページ | やっと来たEAGLES »

起動しなくなったVAIOノート

Melted_vaio2元祖VAIOノートのゴム足妖怪は、さらにひどくなって、そこいら中を汚すので、仕方がないので削り取ってベンジンで拭き取ってしまった。とりあえずこれで服が汚れることはなくなったが、もっと致命的なことが発生した。今まではしばらくACアダプターをつないでおけば、そのうちオレンジLEDが点滅しだして電源が入ったのだが、とうとうまったく電源が入らなくなってしまった。運良く入ってもすぐに切れる。バッテリバックアップ用のニッケル水素電池の電圧が上がらないのであろうことは予想していたが、仕方がないので電池を外すことにした。メインの棒バッテリーはとうの昔に動かなくなってしまったので、そもそも付けていない。このころのバッテリーパックは、ワンチップCPUが載っているわりにはすべて真ん中のセルの電圧が逆転するつぶれ方をしており、CPUも流量管理にしか役立っていない感じでバッテリーをセルを長持ちさせるノウハウはファームには含まれていないようである。
Vaio_vartaVARTAの7.2V11mAhという電池パックが付いている。緑色のかたまりがそうである。なんと、端子間電圧、100mVもない。これではだめだわ。仕方がないので抜いてしまった。毎回CMOSエラーが出るが、起動は充電を待つことなく、すぐにONできるようになった。まあ、治具にはこれで充分ではないでしょうかね。98SEの非常に軽快な動きゆえ、しかもかろうじてUSBも実用範囲だし、LANカードも挿せば動くし、パラレルポートもあるから、byteblusterもつながるし、COMもあるしVGAもあるしと、非常に実用的な世代と言えるでしょうね。

|

« とうとう15万キロ | トップページ | やっと来たEAGLES »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうとう15万キロ | トップページ | やっと来たEAGLES »