« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

起動しなくなったVAIOノート

Melted_vaio2元祖VAIOノートのゴム足妖怪は、さらにひどくなって、そこいら中を汚すので、仕方がないので削り取ってベンジンで拭き取ってしまった。とりあえずこれで服が汚れることはなくなったが、もっと致命的なことが発生した。今まではしばらくACアダプターをつないでおけば、そのうちオレンジLEDが点滅しだして電源が入ったのだが、とうとうまったく電源が入らなくなってしまった。運良く入ってもすぐに切れる。バッテリバックアップ用のニッケル水素電池の電圧が上がらないのであろうことは予想していたが、仕方がないので電池を外すことにした。メインの棒バッテリーはとうの昔に動かなくなってしまったので、そもそも付けていない。このころのバッテリーパックは、ワンチップCPUが載っているわりにはすべて真ん中のセルの電圧が逆転するつぶれ方をしており、CPUも流量管理にしか役立っていない感じでバッテリーをセルを長持ちさせるノウハウはファームには含まれていないようである。
Vaio_vartaVARTAの7.2V11mAhという電池パックが付いている。緑色のかたまりがそうである。なんと、端子間電圧、100mVもない。これではだめだわ。仕方がないので抜いてしまった。毎回CMOSエラーが出るが、起動は充電を待つことなく、すぐにONできるようになった。まあ、治具にはこれで充分ではないでしょうかね。98SEの非常に軽快な動きゆえ、しかもかろうじてUSBも実用範囲だし、LANカードも挿せば動くし、パラレルポートもあるから、byteblusterもつながるし、COMもあるしVGAもあるしと、非常に実用的な世代と言えるでしょうね。

| | コメント (0)

とうとう15万キロ

Odd150kとうとう15万キロになってしまった。いやしかし、今時の車は結構走るものである。特に今不調なところはない。 あと5万キロくらいいけるかな?無理かな? タイミングベルトがどんなもんだと言うところだが、一度換えているのでまだいけるだろう。外観や内装はまだ綺麗だし、行けるところまで行くかという気もする。何しろ次に買おうと思う魅力的な車がない。ハイブリッドか。まだ高いか。となるとトヨタか? マツダはまだか?

| | コメント (0)

ベランダも紅葉かな

Autumnalleavesいやはや、なんともはや、ベランダにも秋が訪れている。ついこの前まで夏服のスーツを着ていたが、さすがに朝夕、寒くなってきた。暑いよりは寒い方が体質的には遙かにしのぎやすいが、まあ限界はあろうか。そう言えばKさんは通例冬でもランニングに半袖ワイシャツである。それはそれですごいが、小学生が太ももに血管みせて雪空にでも半ズボンとはまたちょっと違う見方もできるからこちらも限度はあろう。さて、ベランダのブルーベリーの木も見事に紅葉している。日が差しているときに、うまく逆光で葉が透けているように撮ろうと思いながらも、葉っぱは結構難しいね。ブルーベリーも品種によって赤色が違っており、また赤くなる早さも違っており、見ていておもしろい。今年は実もたくさんなっていたが、ほとんど奴に食べられたのではないか。奴らのえさ場と化しているベランダであるか。

| | コメント (0)

ジョーシンの粗品

Relaxmaまたまたまたまたまたまたまた行ってきました粗品につられてジョーシンに。このところ粗品のなかったJ新ですが、再登場でしょうか。カバンシリーズから、ほとんど既に捨てられてしまって不評だったお風呂つぼマットに替わって、季節柄あったかものシリーズの一つでしょう。まあまあ喜ばれる部類ではないでしょうか。残念なのは例によって2000円お買いあげの場合の条件付きとなったことか。今回はこれまた魅力があまりなくなっているともいえる、割引券を使って、バルクの普通のDVD-RのそれもTDKのを買ってきました。スカパーはこれで充分ですね。CM切るのも時間がもったいなくてあほらしいので、スカパーもVRモードにしてそのままコピって置いてます。見るときに飛ばしたらよいでしょう。このところはディスカバリーチャンネルのビッグプロジェクトシリーズを全部見たいと思って取ってたりしてます。みんなの鉄道も古いのをまたやってたりするので、3倍速で録ったやつなんかは録り直すチャンスですかね。
さて、昨年の観察で行けば、いや通例、やはりボーナス商戦、大物を買うのなら12月頭が安い。年末に近づくと、品薄になったり、値戻りしていたのを覚えています。まあ、今年は大物を買う予定はないので、観察して楽しみましょう。フルハイビジョンでなくてもいいので、40型で10万切るような出物があれば、実家用に買いたい気はしますが・・・。

| | コメント (0)

黄金の夜景?

N_islandなぜか軽装で六甲山から黄金の夜景を鑑賞に・・・。寒い寒い。やや霞んでいたけれどもまあまあ綺麗ですね。LUMIXの夜景モードで手摺りに置いて撮ってみました。右真ん中に球場のようなものが光っているので甲子園かなと一瞬思ったけれども、真ん中が魚崎のところの島のはずなのでそんなことはないですね。さらに海の向こうは泉州の方であり、もっと澄んだ空気の日に写真を撮りたいものですな。

| | コメント (0)

今日のお空

Sora071111いやはや、すでにこれは先週のお空ですが、何しろ忙しくて疲れております。秋の夕日は綺麗な日が多いですが、最近日の入りが早くなってしまって、ついわすれていると、もう真っ暗。 この日はこんなに綺麗でした。夕日の一瞬は、ぼーっと空でも眺めていたいものですね。

| | コメント (0)

パイン集成材その5

Knottypine1これは載せるのを忘れていたやつである。なぜか、このぼやきブログの検索のヒットワードのトップはパイン集成材である、隠れた情報ページであるか? さてこれは、棚の扉にしようかと思って買ってきたホームズで安売りしていたノッティパイン集成材である。knottyとは、節があるという意味である。ゆえに赤松の節ありの集成材のことである。これは、900x300x18mmで、SNKと書いてあるが、JANコードはjutecのものである。 木質は結構硬いほうで、ヤニはほとんどなくさらさらである。かなり乾燥しているように見える。
Knottypine2角が面取りしてあるのは、そのままのサイズで使うには便利だが、そうでない場合はお節介良純さんというところだろう。knottyに関しては、カントリー調の家具を狙うには、節なしよりも味わいがあるかも知れない。節が抜けるほどのところはないようである。かなり前にテルウェルかドイトで買った節ありパインは、ところによって抜け落ちるくらい堅い節が入っていて、それは今、わたくしのデスクになっているが、ある程度見て選んでこないと、使えない板がある。この板は節を除いてないので、チップのサイズは縦に長く、このサイズだと、縦には切れた部分がない。フィンガージョイントが見あたらない。幅45mmの縦に長いものを横につなげてあるだけになっている。ゆえに、模様は節があるにしても落ち着いてる。裏表交互につながっていたら反りにくいだろうけれども、そこまで考慮してあるかどうかは分からない。質感的には良いし安いので8点(10点満点)というところだ。

| | コメント (0)

おやじが熱中するわけだ

Oyajiganecchuかすかな記憶では、オンタイムではほとんど見ていなかったが、しかし少しは見ていた気がする。もっと鮮明に覚えているのは、ベルクカッツェ(あだ名)がアムロヘアーにしていたことだ。またまた兄マックスでやっているので、夜中のを毎週録画して楽しんでいる。いや、まだ1回目しか見ていない。これも赤毛のアンといっしょで、ストーリーのおもしろさが子供に理解できないと思われ、制作側の狙った世代には、非常に受けていた印象だ。この初期版以降は見てないので知らないが、この超合金アイテムと思われる、非合理的なMSの善し悪しは別として、スペースコロニーの発想やらある意味現実的なところもあるし、やはりひねられた主要登場人物の台詞と奥深い人間関係のどろさがおもしろいか。ニュータイプとは、今ではゆとり教育のたまもののふぬけの若者を現す言葉になってしまったが、本来はエバにも通じるアムロタイプのことだったのだと、再考させられるね。

| | コメント (0)

そして今汽笛が新しい若者の

Gin999いやはや、忙しすぎてどうにもならぬわ。このまま来年に突入かぁ?皆さんいかがお過ごしでありましょうか。
さてDIGAの中に微妙に2時間以上あるので、高速ダビングができずに残っていたこれ。やっと寝る前にセットして、FRモードでDVD-Rに移したよ。春以前に兄マックスでやっていたのではないかな。これはスカパーなのでCOPYもできるが・・・。まあ、でか画面で見てもスカパーのはゴーストがないぶん、地上波アナログよりはましであり、少し離れて見たら見られるよ。いや懐かしいね。これが一番まとまっていて良いね。映画で始めてみたときは、てつろうの顔に違和感があったが、まあそれも今となっては普通かね。
そしていま汽笛が新しい若者の旅立ちを告げる・・・・。ジェットストリームな城達也さんのナレーションがすばらしい。見始めたら全部見てしまいそうだから今日はやめよう。今度ゆっくり全部見たいね。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »