« 稲刈り | トップページ | CFカードケース »

オクラの種

Okuranotaneオクラがでかくなりすぎたのでほっておいたら、大きくなりきって乾燥して、例によって種ができた。自家製の種は、発芽率がほぼ100%である。今年は、せっかく苗を買ってきたものの、土が合わなくて枯れてしまった。結局紙の封筒に入れて保存してあった、昨年の種を植えたら元気よく育って結構採れた。しょっちゅうにょきにょきできるので、食べる前に冷蔵庫でカビが生えてしまったもったいないものもあった。そんなわけでまた来年植えよう。「また来年」といえば、時代錯誤な受信料を強要する某有料放送でロッキーチャックをやっていた。最終回だけはあまりに切なく、この前、釈由美子が訪れていたアントワープの大聖堂のフランダースの犬の最終回同様、今でも鮮明に覚えているが、「また来年の春会おうね」の最終回が見たいよ。いやしかし、予算が自然にどこかから湧いてくると勘違いしている某有料放送局は、孫さんぐらいの人にメスを入れてもらわないと自由競争の企業としては存続不能だろう。なおらんのなら、もう要らないだろう。地デジ対策で予算緊迫でも生き続ける民放を見習って欲しいものだ。YBBのADSLでNTTの貝の殻を開いたように、なんか外から大改造ができないものか。一方的な垂れ流し放送で1ヶ月2000円以上も要求されるような価値とメリットが感じられない。400円/ch BSも見たい人は+400円が世間に見合った値段だろう。全チャンネル足せば相応なのか。なにゆえ全チャンネル分請求されるのかこれまた不可解である。

|

« 稲刈り | トップページ | CFカードケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲刈り | トップページ | CFカードケース »