« CCDを掃除しようか? | トップページ | だんじり »

110フィルムをスキャンしよう続き

Pma920scan110一昨年安売りしていたcanonの5200Fと、新型がこの秋出るとは分かっていたが、この前、お盆明けに突然安かったので23000円の10%ポイントで買ったEPSONのPM-A920のスキャナ部分とどちらが綺麗に撮れるのか比べている。複合機なんてとバカにしていたが、これがまた良くできていて、あまりの多機能さにしばらく目から鱗状態だった。しかもパソとつなぐことなく、単独で1ヶ月以上使っていた。なるほど、スキャナ機能があるとここまでいろんなことができるのかという感じだ。A820はスキャナがCISタイプなので透過光スキャナは付いていないが、A920はCCDスキャナなので透過光の光源がふたに付いていてフイルムスキャンができる。新しいA940は、スキャナがCISタイプに変わっており、フイルムスキャナ機能はコストダウンのために省略されたみたいだね。CISとCCDとどっちが綺麗なのかはものにもよるだろう。CISでフイルムスキャナができないことはないだろうが、その構造からしてCISは反射原稿用でのメリットが大きそうだ。110scanゆえに、複合機を使ってフイルムスキャンで遊ぶには、新しいのより、A920が良かったと言うことか。単体でも正規の35mmフィルムなら、メモリカードを挿しておけば自動でコマ出しまでしてスキャンしてくれる。これが結構綺麗に取れている。そのままプリントするなら使えるだろう。パソで見るにはややディティールが出ていないかと思える部分もあるが。単体で動くのでリビングにおいてあったのだが、重い腰をあげて、パソの近くに引っ張ってきて、つないでみた。
さすがに110フィルムはコマ出しはしてくれないが、切り取りサイズをきめて、その枠を複数生かせる方法が作られており、1枚づつしかできないキャノンより設定も楽かもしれない。110フィルムに関しては、canonでは2400dpiの限界で取り込んでいる感じがするが、EPSONの方はまだ解像度が上げられるところから余裕があり、綺麗に取れる。まだスリーブガイドまで作っていないが、とりあえずガラス面にそのまま置いてスキャンしてみた。たまたま雪の紫明通りのコマが含まれていて、昔、プリントをスキャンしたものと比べてみた。なんか時間はかかるが結構な解像度である。これはもしかすると、canonより綺麗かも。これは1200dpiで取ってみたもので、200万画素ちょっと足りないくらいの密度である。
Simeidori2プリントしたものをスキャンしたのはだいぶん前のに登場しており、これだが、これは、まあスキャナの問題もあるが、黒も白もつぶれており、暗い部分では左にダンプが停まっているのがほとんど見えないが、スキャンしたのはよく見える。ネガの場合暗い部分のディティールは光量が足りていないと記録されていないところからデジカメに勝てないが、明るい部分が濃く記録されるゆえ、明るい部分のディティールはかなり記録されており、プリントでは雪の白い部分はほとんど階調がないが、スキャンには白さの中のディティールがかなり残っている。トーンカーブをいじるとさらに細部も出てくるが、それをどの辺にバランス良く持ってくるかが難しいところだ。それを各コマ共通にできればスキャンも簡単なんだが、これまたネガだけにコマごとに写りが違っており、こだわるには結局一コマずつ調整するしかないようだ。Simeist1

最大の解像度ではどうやって補完しているのか知らないが12800dpiなんて言う解像度も設定できて、これで110フィルムの12.8x16.8mmくらいをホコリ除去のチェックなんかをつけたまま撮ると、10分ほどかけて、画素数5.4G、319Mバイトのtiffファイルができる。さすがにこれは扱いにくく実用的ではない。元のフイルムのサイズからしてそこまで解像度がないのでこれは無駄だが、それでも1200dpiではまだもう少し見えるぞと言う感じで、粒子を撮り切れていないと思われ、2400dpiくらいで取れば粒子レベルの解像度まで撮り切れいているという感じである。

|

« CCDを掃除しようか? | トップページ | だんじり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CCDを掃除しようか? | トップページ | だんじり »