« 鴻島の風景 | トップページ | じゃがの結末 »

やすもんのSDカード

Pqi_sd1g全く贅沢な時代になったものだが、この前テクノランドに寄ったら980円で売っていたので買ってきた1GのSDである。ふつうのSDは一時1G千円くらいになっていたが、また値上がりしていたから、安い方だろう。まあPQIのが如何ほどかというところだが、PQIのCFも結構長く使っているがまだ普通に使えている。接点の傷からして、一切動作検査などせずにパッケージングされている風だが、不良で動かない以外は、動いていれば適当には使えるだろう。1Gあると、デジカメにもささるし、SDオーディオにもささるし、DVカメラにもささるし適当に何でも使える。いっしょに2800円かそこらでCFアダプタも売っていたが、SDをCFに変換しても、遅くなるだけなので、読み出すのにどうしてもいるのなら仕方がないが、CFのカメラにアダプタでSDは意味がない。CFはパラレルなだけR/Wはやはり速い。しかし、こんな超微量の電荷に頼った文明は、強力な電磁爆弾で一発データー消滅の運命だろう。そうなるとやはり札幌に降りてきたミグ戦闘機のように真空管で作られたコントローラーのみが生き残るのか・・・。

|

« 鴻島の風景 | トップページ | じゃがの結末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鴻島の風景 | トップページ | じゃがの結末 »