« パチインクの代償? | トップページ | 貧相なドリンクホルダー »

洗濯機の洗濯2007

Nw1またまた例によって、家中のカーテンなどを洗濯しまくっているが、さすがに去年あれだけ垢が出ただけあって、今年は草彅君ではないがそれほどげろげろには汚れていなかった。さて、今年はしょぼい数百円の洗濯機洗浄剤ではなくて、メーカー純正の洗濯機クリーナーN-W1を使った。割引されていても1680円(-10%ポイント)もする。1.5リットルも入っていて、一気に使う。やや黄色い少しどろっとしているくらい濃い塩素系のアルカリ性液体だ。これはかなり強力である。しょぼいやつ5回やる以上の感じはある。かなりきつい塩素の匂いがする。夜中につけおきしておくときは、窓を開けて換気しておかないと家中塩素臭くなる。マンの場合は空気の経路を確保して窓からの吸気に乗せて換気扇に吸い出されるようにしないといけない。
Sen2takuとりあえず書いてあるとおりにして15分遠心力でかき混ぜて12時間ほどおいてみた。1日1回程度の洗濯機の使用頻度だと、垢が乾いてしまってはがれない可能性があるが、例年、カーテンやら毛布やら1日中回しまくったあとなのでだいぶんふやけているはずだが、赤くなるほどのぬめりは今年はないので、それほどの垢は出てこなかった。糸くずフィルターに溜まっていた灰青ぽいゴミは真っ白に漂白されていた。かなりな威力である。水は洗浄剤の黄色を混ぜた以上に黄色く濁り、かなりいろんなものが溶け出している風である。これを去年やりたかったね。1年に一回が目安と書いてあるが、この威力ならそれで充分という気がする。しょぼいのは1ヶ月に1回とか書いているが、300円としても毎月やっていたら3600円もするから、こちらの年1回1680円の方が安い。糸くずフィルターのはめ口あたりのぬめりもすべて溶けてつるつるであり良い感じだ。危険すぎるくらい強力な気がするが、洗濯槽の裏側の垢まで溶かそうと思うとこれくらいは必要なのだろう。讃岐うどんをゆがいた小麦粉の溶けた水とどちらが環境に悪いのだろうかともふと思うが、塩素はすぐに蒸発してしまうから残りは垢と小麦粉の勝負か。この前商店街で、鳥屋のおばちゃんが道に先のフックになった棒を持ってひょいと出てきて何をするのかと思ったら、道の側溝の蓋をパカッと開けて、油ギトギトの何やら排水か油をバケツで捨てていた。何をどこに捨てるかね。雨水の溝に油はいかんやろう。下水道が分流式なのか合流式なのか不明だが、側溝の水は近くの川に出ているのではないかと思われ、大阪のおばちゃんの無頓着さには脱帽するね。

|

« パチインクの代償? | トップページ | 貧相なドリンクホルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パチインクの代償? | トップページ | 貧相なドリンクホルダー »