« しゅぽしゅぽ | トップページ | ベランダししとう »

あげは

Ageha_1今年もアゲハチョウの幼虫が出現した。まだ山椒の葉数枚でこの大きさだが、しばらく経つと、とても気持ち悪い模様の青虫になる。観察する手もあろうが、山椒が丸裸になるのでどいていただいた。なにゆえにこんなにうまく鳥の糞のような模様になるのか。そしてなにゆえにそんなにうまく、でかい昆虫様の模様が出現するのか。それらは自ら見ることができないはずだし、そのときの同類がそれを見ても、より見つかりにくい鳥の糞の模様を自らの子孫に導き出すことができるはずがない。こんな虫を観察するにつけても、ダーヴィンの進化論では説明ができないことだらけである。となるとアゲハチョウ創造コンテストで如何に歴代長く生き続けられる種のDNAをプログラムしたのはだれかということになろうか。やはり地球は外来種からのコロニーなのか。
また、その手の本の新しい版を買ってきて読みたい時期だね。

|

« しゅぽしゅぽ | トップページ | ベランダししとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しゅぽしゅぽ | トップページ | ベランダししとう »