« 花火の季節 | トップページ | またまたやってしまいました »

ビックカメラの梱包

Bic_packingつづいては、ビックカメラの梱包である。こちらもペリカンが運んできた。やや箱が薄いが一応箱に入れてあり、左右の隙間は放置されているが、上の隙間には気休めの紙のクッションが入れてある。もう少しくしゃくしゃにして入れて欲しいものである。これはだいぶん前に発注しておいたもので、ヨドバシでは次回入荷未定で発注できなかったがバッファローのDVDマルチドライブである。昨今、DVDが書けるドライブも嘘みたいな値段で売っているが、箱のRAMが入るのはさすがに1万くらいする。ビックでは23%ポイントになっていて発注できたので、取り寄せ不可でキャンセルされても良いかと思っていたら入荷して来てしまった。LF-D521はまだ現役だが、VRモードのDVD-Rを読ますと気絶されるので、新しいのなら読めるのかなと、すでにパナではブルーレイになってしまっていて、いつの間にか普通のDVDRAMドライブがなくなってしまっているので、仕方なくサードパーティー扱いのパナ四国のドライブを懲りずに買ってみた次第である。時間がなくてまだつなげていない。そういやこの前、ジョーシンで、登場させるの忘れているが、パナの9800円のDVDプレヤーを買った。最近は無名メーカーのなら2980円とか言うのもあったりするが、それでなくても、パイオニアやSONYなど一流メーカーでも実はRAMのVRが読めない。
パナのは残念ながら箱のままのRAMは入らないのだが、出せばDIGAのRAMがそのまま再生できる。古いDIGAはこれまたVRのRがだめだが、これはいける。そしてプレヤーに徹しているだけに結構綺麗に映って、速度可変なんかも良くできている。これで1万しないなら安いよ。写真を撮る前にすでに、寝室の枕のVGAの液晶テレビの下に鎮座してしまっていて取り出せないのである。今度中身がどんなにシンプルにできているのか開けてみよう。

|

« 花火の季節 | トップページ | またまたやってしまいました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花火の季節 | トップページ | またまたやってしまいました »