« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ビックカメラの梱包

Bic_packingつづいては、ビックカメラの梱包である。こちらもペリカンが運んできた。やや箱が薄いが一応箱に入れてあり、左右の隙間は放置されているが、上の隙間には気休めの紙のクッションが入れてある。もう少しくしゃくしゃにして入れて欲しいものである。これはだいぶん前に発注しておいたもので、ヨドバシでは次回入荷未定で発注できなかったがバッファローのDVDマルチドライブである。昨今、DVDが書けるドライブも嘘みたいな値段で売っているが、箱のRAMが入るのはさすがに1万くらいする。ビックでは23%ポイントになっていて発注できたので、取り寄せ不可でキャンセルされても良いかと思っていたら入荷して来てしまった。LF-D521はまだ現役だが、VRモードのDVD-Rを読ますと気絶されるので、新しいのなら読めるのかなと、すでにパナではブルーレイになってしまっていて、いつの間にか普通のDVDRAMドライブがなくなってしまっているので、仕方なくサードパーティー扱いのパナ四国のドライブを懲りずに買ってみた次第である。時間がなくてまだつなげていない。そういやこの前、ジョーシンで、登場させるの忘れているが、パナの9800円のDVDプレヤーを買った。最近は無名メーカーのなら2980円とか言うのもあったりするが、それでなくても、パイオニアやSONYなど一流メーカーでも実はRAMのVRが読めない。
パナのは残念ながら箱のままのRAMは入らないのだが、出せばDIGAのRAMがそのまま再生できる。古いDIGAはこれまたVRのRがだめだが、これはいける。そしてプレヤーに徹しているだけに結構綺麗に映って、速度可変なんかも良くできている。これで1万しないなら安いよ。写真を撮る前にすでに、寝室の枕のVGAの液晶テレビの下に鎮座してしまっていて取り出せないのである。今度中身がどんなにシンプルにできているのか開けてみよう。

| | コメント (0)

花火の季節

Hanabi2そうかもうそんな季節か。ビューティフルドリーマーではないが、学園祭前日が永遠に続いたらおもしろいだろう確かに。暑さにおかしくなったのではないかというくらい、温泉マークのように今日が何日なのか、やたらとセミの鳴き声が強烈な今日この頃、何やら花火が各地で・・・。PLの花火は例によってあるのでしょうね。近づく気にはなれないが、見えるのだがちょっと遠すぎて迫力がない。岸和田の花火はこの前まさにツェッペリン号が留まっていたちょっと北のところ、そうこの前ダンキチが力果てたところのちょっと奥が発射場所のようだ。こちらは結構見えていたのだが、残念ながら双子ビルとちょうどかぶっていて、まるで911の様な花火だった。近場ではこんな町の真ん中の広場でやるかなと言うところで結構見えた。いやしかし、さすがに手持ちで花火はうまく撮れないね。ビデオで撮った方が綺麗だね。これは例のLUMIXの動画モードでVGAで撮ったのをいいとこをキャプチャーしたもの。しかしこれではこの一コマは本の一瞬の瞬間でしかない。もっと真下に行って、どっかーんと3秒くらい露光したら全部映るだろうね。

| | コメント (0)

ヨドバシの梱包

Yodobashi_packingこちらはヨドバシの梱包・・・。いろいろな大きさの白い箱があり、適度な大きさのに詰めて、ロゴ入りクリアホルダーに伝票を入れて一緒に送ってくるのは、かなり初期から同じか。いろいろ買ってみても、一つづつプチ袋に入れて、隙間は腸詰めタイプの空気の入ったやつで埋めて送ってくる。まれに、パウチの洗剤のようにかなりしっかりした箱に入ったものは、数が合っていて開梱する必要がないときは、そのまま伝票が貼られて送ってくるが、だいたい2重梱包してくるようだ。梱包は丁寧で特に文句はないが、ゆうパックで送ってくることがあるのがいけてない。昔に比べたらだいぶんましとはいえ、確実性のない感触がいまだ大きい再配達のシステムや、どちらが客かまだ認識が抜けきらない人たちが対応に出てきたりするので、できたらヤマトで送って欲しい。まあでも、百貨店のお歳暮の配達業者みたいに、平日の昼間しか連絡つきませんとかいう論外の不在通知を置いていく、どうやって受け取れというのと言う旧世代のところから見たらかなり良くはなっているとも思うが・・・。

| | コメント (0)

ジョーシンの梱包

Joshin_packingジョーシンで通販してみた。前にビデオスタビライザーを買ったときは、配達ルート便のような、お店で買ったのを配達する人が裸で持ってきたが、今回は、南港の商品センターからペリカン便で送ってきた。ぺったんこなものを頼んだので、箱は隙間だらけで、エアーキャップ(プチプチ)ではなくて、エアーパック?だったか、いや、FillAirだったと思う。空気を詰めたなかなか手ではつぶせない、わりと柔軟性のあるビニールでできたやつ、腸詰めタイプではない方のやつを満載して送ってきた。まあ必要充分で良い梱包だろう。その薄っぺらいものは、またそのうち登場させますが、どんな梱包と業者で送ってくるかも、今や一番安いだけではだめで、WEBshopの選択要素の一つでしょうね。

| | コメント (0)

なんだかなパノラマスタンド

Dpsbこの前、風景を撮ろうとして、夜に3脚もなくて台もなくて悲しかったので、ちょこっと変なスタンドらしきものを買ってみた。こんなものだったのか。ケンコーの出しているパノラマスタンドである。クリック付きで5゜づつ回転するようになっていて、まっすぐ取り付ければ首も上下に振れるようになっている。角度を合わせておいて、回転させていけば水平に何度づつか撮れるぞと言うことであろう。
IXYをつけてみた。これらな使えなくもなさそうである。このIXYはAPSである。ストロボが光らないように、いつも上に開くストロボを押さえていたら、閉まらなくなってしまった。APSフィルムがだんだんうまくローディングできなくなり、サラなのに認識してくれなかったり、途中で巻き戻ったり、出なくなったりするようになり、結局あまり使わなくなってしまった。やはりフイルムは永遠の35mmフィルムが便利であり、飛行機の離着陸時に使っても文句を言われないとなると、元祖メカポケットカメラに回帰する日も近いかも。うつるんですのプラスチックレンズも結構綺麗に写ったりするし・・・。
Panorama_ixyけっきょくAPSもすでに廃れたか。この際フイルムを引っ張り出してスキャンしておくかね。キタムラがまたCD起こしのキャンペーンやっていたら、CD起こしにまとめて出すかね。今となってはラボでのフイルムスキャンは解像度が200万画素くらいなので、あまり高解像度でないのが今一か。
しかしカメラ側のネジがプラスチックだと、あまりきつくねじ込むとカメラ側の山が崩れてしまうので、首振りが使えるようにうまく角度が合うまでねじ込めるかどうかは微妙である。そこはオスネジ周囲のやや柔らかめのゴムにねじ込むことで固定するつもりのようだ。しかし置いただけでは下ごと回ってしまうので、これを利用した角度回転がいらないのなら、あまり意味がないかも。
Panorama_lumix肝心のLUMIXをつけてみた。ネジが端にあるので、自重で自立してくれなかった。なんだこれは。これなら直に置いた方がまともか。上下角度はカメラの下にストラップなりをうまくはさんでいつものように角度をうまく調節した方がよいか??。 値段が結構するので買ってみてないが、ヨドバシのボトルンですの方が使い出があったかも。液体の入ったペットボトルは結構重いので、でかいカメラでも、でかいカメラほど真ん中にネジもあるので、バランスが取れていてこけたりしないだろう。
Tripod_pano_lumi仕方がないので、雲台として使って、粗品のミニ三脚につけてみた。これなら一応立つ。しかし底のメスネジはこれまた樹脂製であり、動かないようにきつくねじ込むとそれに耐えるのは10回くらいか??も。しかも、この状態なら、やはりパノラマ水平ステップ移動をしないのなら、この部分自体が不要である。しかし、パノラマ水平ステップ移動をするには、かなりきつくねじ込まないとゆるんでしまう。しかしそうすると、雌ねじが削れる。んんん。企画倒れか。

| | コメント (0)

はみ出しなーす

Hamidasinasuいつの間にかベランダの欄干の間から外に出て大きくなっているなーすちゃん。日差しを遮るものもなく、元気な成長ぶりで、まるまると太っている。そろそろ摘んであげようかね。

| | コメント (0)

せかちゅう一気見

Rx_ngいつぞやのスクールウォーズ、ウォーターボーイズ、TRICKに続いて、嫁に付き合ってピカチュウ一気食いではなくて、せかちゅう一気見を敢行。MTWB2007に当たらなかった腹いせか、10時間overは疲れるが、なかなか見応えはあった。オンタイムでは全く見ていなかったので、かなり新鮮だった。しかし時は台風到来。16日は雲が厚くてなんとスカパー受信できませんとな。1回目と2回目はややとぎれとぎれとな。ドラマの方を先にやっていたので、そのあとに映画版を見るといかにも邦画的な作りでなんとまた暗い描画とカメラワークですこと。それに比べるとTVドラマの方は、シーンの組み合わせがうまいし話の展開もわかりやすく、これはトリックにも通じるのかも知れないが、堤氏によるものかどうかは知らないが、いろいろなギミックも見受けられ全般に映像の作りが明るく、話は暗い部分もあるにせよ、良いイメージでできていると思う。映画版はこういう撮り方が邦画の特徴なんだろうけれども、86年と言うよりも、田舎とはいえさらに20年くらい前に見えるね。しかもストーリーと設定があまりに出来過ぎ。そんな偶然て、確かにあるのかも知れないが・・・。
Sekac_ngはたして17年前のWMが動くのかと言う気もするが、DDタイプ(DISK DRIVE)ならベルトがないから動くだろう。初期のベルトのあるのはもう伸びていて無理だろう。カセットテープ自体は20年経っていても結構いける。しかし、あのタイムカプセルポストの海風にさらされていたテープはまず切れていてだめだろうね。映画版では廃墟のカウンターからカメラを見つけてきていた。なんとコダックインスタマチックではないか? 廃墟はさらに15年くらい放置されていたのか、インスタマチックは70年代だ。その中に入っていたネガを現像して色が出るかどうか。これは怪しいね。しかしウルルの映った真四角なプリントが登場していた。なにゆえに80CCのリードなのか。あのころのリードはしかも80だと軽快に走っただろうね。でも86年だと既に原付もヘルメットかぶらないとだめなのでは?以前は50CCだとノーヘルで風を切って走れたから原付で走るのは爽快だったが、ヘルメット必須となると、たとえ50でも51CCで登録して50Km出してもつかまらないように信号右折しても怒られないように乗った方が得だろうと思ったね。あのころのリードは50CCでもVベルトではなくてギアがはいていたのではないか?(違うかも知れないが)とても良く走った覚えがある。TVの方では、カメラをシュポシュポで掃除するシーンがあった。そう、あのガラガラヘビの音の出る打楽器(ビブラスラップというらしい)も登場していたね。ロールに平野文と書いてあったので飛び出せ青春以来、どこに出ているのかと思ったら、ラムちゃんがDJしていたのね。SONYのHFカセットが良く映っていたが、先生は袋の中に、なんとSA-X(だったと思う)を入れていた。なんとブルなカセットですこと。その他しょうもないこと思い出したらまた追加しますね。

| | コメント (0)

ベランダししとう

Greenpepperやっとまともな大きさの獅子唐ができるようになってきた。日差しが強くなれば毎週採れるようになるかな? 採ってきてあぶってビールのおつまみにしよう。やや奥の方に赤いのも見えている。辛さはいろには関係ないかも。どういう差で辛くなるのか知らないが、受粉の仕方なのか組み合わせなのか。たまに辛いのがあるね。まあそれも美味しいけれども。

Grpepper2今日はこれだけ採れたよ。いい感じだね。

| | コメント (0)

あげは

Ageha_1今年もアゲハチョウの幼虫が出現した。まだ山椒の葉数枚でこの大きさだが、しばらく経つと、とても気持ち悪い模様の青虫になる。観察する手もあろうが、山椒が丸裸になるのでどいていただいた。なにゆえにこんなにうまく鳥の糞のような模様になるのか。そしてなにゆえにそんなにうまく、でかい昆虫様の模様が出現するのか。それらは自ら見ることができないはずだし、そのときの同類がそれを見ても、より見つかりにくい鳥の糞の模様を自らの子孫に導き出すことができるはずがない。こんな虫を観察するにつけても、ダーヴィンの進化論では説明ができないことだらけである。となるとアゲハチョウ創造コンテストで如何に歴代長く生き続けられる種のDNAをプログラムしたのはだれかということになろうか。やはり地球は外来種からのコロニーなのか。
また、その手の本の新しい版を買ってきて読みたい時期だね。

| | コメント (0)

しゅぽしゅぽ

Shuposhupoやはりゴム製のものは耐用年数に限度がある。これはJUMBOブランドのをHOZANが売っているやつである。ブローというのかも知れない。工具箱の中で、とろけていた。昔はカメラを掃除するドラマのシーンには必ず登場したものである。厳密には先に筆のような毛がついているのがカメラ用かも知れない。フロンのエアゾールのスプレーに比べたらエコか。コンプレッサーがあれば、エアーツールが使えるが、家では無駄でしょうな。エアブラシとか常に使うような仕事をする人ならまだしも、なかなか小型で静かなのがないからねぇ。
最近これの先に、圧縮気候の弁のついたものが売っているので、今度はそっちを買ってみよう。但し先がゴムではないので、傷つけないように何かつけておいた方がよいかも。

| | コメント (0)

今日もやつが来た

Yatsu0721今日もやつが来た。やはりイチゴを狙っており、既に食していたようだが・・・、そのあと、ベランダの手摺りの上で虫を食べていた。結構大きなコオロギみたいなやつだったが、つまんできて、手摺りの上で、くいちぎっている感じだった。窓から覗いたら逃げていってしまい、写真には撮れなかった。やつはやはり昆虫も食べるのだね。虫の足が一本、ベランダにひっついて残っていた。

Yatsu連写してみたらおもしろいショットが撮れたので、つないでみた。

| | コメント (0)

片手落ちステンレス鍋

Rustedpastapot今日は錆びる鍋の話である。これはパール金属のステンレスパスタ鍋であるが、中に引っ張り上げるカゴもついていて、適度な大きさで使いでは悪くないのだが、一カ所だけとてもいけていないところがある。ネジが鉄で錆びてくるのである。ちゃんと品質表示があり、18-8ステンレス製と書いてあるが、ネジのことは書いていない。取ってのネジは鉄だと書いて欲しいところである。

Rusted_neji塩を入れて煮るものだから、塩分ですぐに錆びてくる。これを片手落ちステンレス鍋という。
しかしもしかすると別の目的があって錆びるようにできているのかも知れない。パール金属の貧血症の人々への隠れた効用を秘めているのか、もしくは、パスタに微妙な鉄の味を加味するための隠しネジなのか・・・。


Rusted_neji2鉄の水道管の内側の赤さびなどは、水道水にいくらか溶けているだろうけれども、鉄であり、特に害はなく、逆にヘモグロビンの生成に有効な成分であったりするのかも知れないが、これもパスタを塩ゆでしてやや血の味のするときは、この錆を食べていると思えばよいだろうか。鉄鍋での鉄の吸収といっしょで、貧血には良いパスタ鍋なのかも知れない。

Rusted_ishiguro5そういえば、石黒智子さんの5段ステンレス鍋も縁から錆が出てきた。鍋を濡れたまま逆さにしているとこの部分が錆びやすいので逆さに置かないようにと書いてあることがあるが、積層板の鍋の場合、真ん中の鉄の層の断面が、折り曲げているだけなのでここに裸で露出しているからそこが錆びるのである。これはなかなかどう対処したらよいのか、車用の錆を防塵物質に換える錆取り剤でも染みこませるか、そんなことしたら鍋の中にしみ出てきてとても害かも知れないし、適度に見えるところだけ錆を落として、油でも塗っておくしかないのかという感じである。もう少し何か良い仕上げの方法はないのだろうか。
Zojirusi_chap究極は象印等にある、ステンの積層板で断面が溶接して閉じてしまって露出していないタイプになろうか。この鍋はえらい高いが、それだけのことはあり、とても熱効率が良くすぐにお湯も沸くし価値はある。イズミヤで安売りしているときに買っておこう。このなべ、10年保証と書いてあり、確かに鍋部分はそれくらい軽く持ちそうである。しかし前バージョンには欠点があり、取っ手の真ん中が熱に耐えずにこのように割れてくる。しかも取手は保証対象外だとさ。最近のものはここが改良されており、アルミか亜鉛ダイキャストになっている。
この積層の中に空気層を設けて、保温すると謳っている鍋が昔どこかから出ていて通販等で売っていたが、水が入って爆発する事故が多発して消滅してしまった。それは構造的にどう見ても危険である。


| | コメント (0)

急ぐなオクラ

Longokuraいやはや、北○○からサンダーバードに出てくるドリルのロケット(なまえなんだったか?)みたいなので日本海の底まで掘って、人工地震を起こしているのではないかとさえ思える今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。連鎖反応で各地で揺れてますな。いやぁ。柏崎原発一大事ですね。これは。夏の電力需要を乗り切れるのか。
さて、
しまった。ちょっと見逃していたら、なんと立ちすぎ。大きな葉になってきたと思ったら、一気にできだしてきた。奥に見えるのは、オクラは育たなかったが、シソに占領されたプランター。手前はオクラの鉢。生のオクラは何とも言えぬ匂いがするが、とりたてのオクラは茹でたら種まで美味しい。今日はカレーに混ぜて食べたよ。納豆でも、山芋でも、鰹節でも、おろしでも、ねちょねちょコンビでいただこう。
こんな鉢でもどんどんできてくるので、大葉とオクラの鉢があると、食料になるよ。
Okuratorio伸びすぎてだいぶん筋が硬そうだが、ちょっと長めに茹でたらまだいけそうだ。

| | コメント (0)

USB出力充電器

Bq600_p703iP703iμの電池はすぐになくなってしまうので、日帰りの出張でもある程度通話してしまうと、電池の残量が心配だ。最近はLiイオン電池も昔のように万はしないのでもう一つ買っておくというのもありだが、ちょっとつないで使えるのがあるとありがたい。FOMAはコネクタが統一されて、しかも電圧が低いので5Vで充電できるところから、USBの5Vパワーを利用したものがいろいろ出ている。FOMAのコネクタは寸法的に致し方なかったのだろうけれどもあまりにちゃちで、MOVAの様にがさつに扱うとすぐに本体側が壊れてしまう。ゆえにあまり抜き差しはしたくないが、今更換えられないだろうからこれはあきらめるしかないのか。どちらかというとオスメスの構造を逆にして、せめて本体側が壊れにくくするべきだったと思うが。
Bq600_mpioこの前ヨドバシの店頭で物色しているといろいろ売っている。鈍器にも売っていたSANYOのKBC-L1。これはFOMA専用なのがいまいちか。日本トラストテクノロジーとかダイヤテックのなんかはUSBタイプなので結構よいかとも思ったかが結構高い。その他もろもろ電池を入れるタイプやら売っているが、単に電池を4本入れるだけのやつとか、それなら前に買ったUSB電池ボックスで同じことができるし、しかし4本入れると重たいし。そうすると、パナが2980円でBQ-600をモニター販売していたのでこれかと思って買ってみた。しかし680円も送料を取られると、ヨドバシで10%ポイントで買っても大差がない。結局ヨドバシで他のものと一緒に買ってしまった。そしたらなんとくやしいその1週間後に13%ポイントと3%ポイントアップセールだと。たった120円とはいえタイミングを逃した。
すでにこのコンセプトのものもぶら下がっていたような気もするが、単3のニッケル水素が2本入るようになっており、中に昇圧回路が入っており、5V500mAを出すようになっている。単3のアルカリでも出力電流が減るようだがいけるみたいだ。出力がUSBコネクタなので、USBで充電するタイプの機械ならたいてい充電できるだろう。1.2V2000mAhx2以上のエネルギーにはならないが・・・。一旦電池を介してパワーを伝授するというのもエコ思考の時代としては良いことかも知れない。ソーラーで充電するタイプも日光浴しながらのどかに待っている時間があるなら有効だろう。
Bq600_standMPIOも挿してみたが充電出来るみたいだ。難点は、この電池部分だけでは充電出来ないことだ。店にぶら下がっていたどれかは、自分自身の充電もUSBにさしてやるようになっていたように思うが、パソなどがある場合はそれも便利だが、これは専用のクレードルにさして行わないといけない。しかもコンセントにはプラグインではなく、めがねプラグのACコードが必要だ。これだけ持ち歩くのは重さは軽いが荷物である。それならSONYのCP-3H2Kの方が、それだけで充電もできて良いかも。しかし反してやはりでかい。まあゆえに、これはこれで割り切って使うものだろう。どうしてもと言うときにはコンビニで高価な単3アルカリを2本手に入れれば、入れ替えて使える。
Bq600_poorパナの製品もどんどんチャイナ製になっており、なんだか質感がドルツのスタンドのようであり、細部の樹脂パーツの精度はあまり出ていない。電池の方が無傷では分解できなさそうなので、開けてみていないが、最近では便利なICがあるのでその手のワンチップが入っているのだろう。端子は4つあり、電池1本づつ出ているようだ。USBのコネクタにはスイッチがついているのか、コネクタを挿すだけで電気を食っているようだ。ちゃんと注意書きが貼ってあるが、無視して線だけ挿していたら電池が完全に放電していた。

| | コメント (0)

やや難ありラチェットドライバー

Vessel820w23これはVESSELのフレキシブルシャフトドライバーである。必要あって買ったのだが、フレキは抜くことができて、抜くと普通の小さいラチェットドライバーになるのだが、この設計が適当でとても使いにくいドライバーだ。左右の回転とストッパーを兼ねたリングが握りと同じ太さで先の方についているが、どうしてもここを回してしまって、ラチェットのCW,CCW,STOPの位置が動いてしまう。フレキシャフトを取り付けていると、シャフト側をつまむことによって力のかかりどころが少し分散されるのでややましだが、どちらにしてもこれは使い方を考えて作られておらず、工具としてはだめだ。VESSELがだめと言うことではなく、ものによってはいけていないものがあると言うことである。
Mini_ratchet_driver対してこれはSunFlagブランドの新亀製作所のスタビーラチェットNo.192だが、一見ぎこちないデザインと安っぽい樹脂でできているが、握りの大きさと早回しのつまみ位置が絶妙で、大変使いやすく、すでに10年以上使っている愛用品である。こちらはラチェットの切り替えはよくあるスライド式であり、不用意に動くことはない。安もんと思われている節もあるが、このラチェットにしても壊れる気配もなく、100円工具の比ではない良い工具だ。他にも隠れた名品がいろいろあるメーカーである。こちらもフレキシャフトのラチェットを出しており、まあシャフトだけあれば使い回しできるのだが、ラチェットはsunflagを買うべきだった。

| | コメント (0)

かもさんいらっしゃぁい

Kamo3このところばたばたしていて、あっという間に3週間ほど過ぎてしまい、載せ遅れてしまったが、最近の写真はEXIFを残してあるので見てもらえば分かると思うがすでにこれは6/23日のことである。まだ稲が植えたてだ。しばらくの日差しで、既にたんぼは今やあおあお(いや、みどりみどりか)しているが。たんぼに水が入るまでは、縄張り争いか、たんぼの隅っこでたまごを暖めているのか、ちーちーすごい声で鳴いていたが、もうタニシを食べる季節か。いつものように仲良くたんぼでくつろいでおられる。うらやましいのどかな風景ではないか。

| | コメント (0)

VAIOノートが溶けてきた

Melted_vaio元祖VIAOノートは筐体がほとんど全部マグネシウムでできていて、よくぞこの薄さにまとめたものだと今でも感心するが、シンプルなWIN98なんかでは今でも快適に動作し、ポトリをつければCOMがついていたり、VGAが出ていたりと、いまでもある種の用途の治具には現役である。最近の魅力と個性のないノートよりも今でもある種の新鮮さを感じる部分もある。評判の悪いこのころのVAIOのバッテリーは、使わなくても直列のセルの一部が電圧反転したりして、なんのためのワンチップを搭載しているのかというあまりいけていないものであったが、その息の根はとうに途絶えており、10秒たりともバッテリーは持たない。それ以外は使えていたのだが、しかしなんと、とうとう、各部が溶けてきた。このころから端子の穴埋めにゴムの蓋なんかがはやりだしたが、蓋はまだある程度耐えているが、ゴム足が溶解している。ねちゃねちゃどろどろだ。ワイシャツについて取れなくなってしまった。
Meltedptori最近のノートはプレゼン用途で、VGAのコネクタがダイレクトに出ていたりするが、初代VAIOノートはポトリをつなげると、PS2とVGAとCOM1とPRTが登場するようになっていた。昨今だいぶん、USBのアダプタでのCOMやパラレルのエミュレートも問題なくなってきたが、確実なPRTポートやCOM1はある種の書込ツールなんかには便利なところである。ポトリのコネクタ収容部のゴムもどろどろに溶解している。べとべとだ。
Meltedptori2プラグを収納したら、コネクタのシェルにべとべとに粘りついてしまって、接点まで危ない状態だ。まあ、かれこれ10年選手だから、ゴムの寿命は全うしているのかも知れないが、まだ使えているのに悲しい状態だ。スピーカーユニットのエッジダンパーにスポンジが使われていて、数年で溶けてコーン自体がずり落ちたり、昨今の携帯のゴム系部品もそうだが、良質な材料を使っていない、マル中製だったりして、すぐに変色してともろくなったり、長期的な安定性はあまり考えられているとは言い難い。とりあえずは服が汚れるので、溶解部分を取り去って、ダイ粗の滑り止め系のなんかをうまく貼っておくと言うのが解決方法だろうか。染みこまないところなら、ベンジンで取れるが、服の繊維につくと簡単には取れない汚れになってしまう。できるだけこのような短期間で加水分解してしまうマテリアルは使用を避けて欲しいものである。


| | コメント (0)

がんばれおくら

Cheer_okraまだ背はそんなに伸びていないものの、さっそくいつの間にか花が咲いていたようで、花が落ちて実がなっている。がんばれオクラ。このぶんでは明日にはちょん切らないと大きく硬くなって筋筋になってしまいそうです。成長の早い時期は専業の方は朝夕2回採られるのだとか。そうしないと規格サイズより大きくなってしまうのだそうです。そんな成長の早いオクラ君ですが、確かに平日ちょっと見逃しているともう大きくなりすぎている。一昨年採った種から育ったのが一番元気ですね。まあこれもなにわともあれ、さっとゆがいて鰹かけていただきましょう。

| | コメント (0)

カメは何匹いるでしょう?

Kame_777かめさんシリーズ第2弾。橋から下を覗くと、これまたかめさんが戯れている。おっと、気づかれたか水中に逃げるカメも。さて何匹いるでしょうか。10匹目はやや確認できずか・・・・。

| | コメント (0)

こんなところにツェッペリン

Zeppelin1近所をチャリでうろうろしていたら、こんなところにツェッペリン号が留まっていた。広告の帯は付いていなかった。ジェット機のように1時間で関東から関西までとはいかないまでも、飛行船だと1日くらいで移動できるんですかね。定位置はつくばらしいが最近飛んできたのか。高度が低いから飛行機と航路が重なると言うこともないのか。ヘリとかセスナではなく、飛行船で滞空して花火見られたら綺麗でしょうな。夜は飛べないのかな?Zeppelin2
だいぶん夕方で湿気って空気も澄んでいないのでややにじんでいるが・・・、なおかつやはりズームすると絵が甘くなるのは仕方ないが、10倍ズームは便利ですな。これだけお気軽に寄れるとはよろしいことです。

| | コメント (0)

ベランダでトンボ観察

Dragonfly_2今日はトンボがいっぱい飛んでいた。さすがに蛍は飛んでいないが、ベランダでトンボ観察とはこれ如何に。今はどうか分からないが、一時汚かった賀茂川も結構綺麗になって、植物園の横の茂みには、昔蛍がたくさん飛んでいた。ちょっと田舎に入れば川辺にはいっぱい飛んでいるが、関西の蛍は結構点滅の周期が速かった記憶がある。この前新聞に載っていたが、蛍の点滅の周期は地域で異なっているのだそうな。数匹レベルで蛍を捕ってくるくらいはどうと言うことはないだろうが、起源の不明な蛍を買ってきて変に放流することはとてもいけないことと言うことか。
トンボと言えば、昔の鮮明な想い出がある。賀茂川でヤゴを捕ってきて、庭で洗面器に小さい池を作って網の蓋をして観察していた。ふと見るとヤゴがいなくなっている。逃げたかなと思って蓋を開けたら、蓋の裏に張り付いていた大きなトンボが飛んで逃げていってしまった。そう、知らない間に羽化してトンボになっていたのだった。種類は分からないが、とても大きいトンボだった。
写真はやや緑が増してきたたんぼをバックに、鉢の竹の棒に止まっているベランダのとんぼ。

| | コメント (0)

やつが毎日来ている

Yatsudaやつらは味をしめて毎日来ているようだ。WEBカメラを向けていると、1分間隔でもたまに写っており、結構滞在されているのが分かる。最近は死角になっているイチゴを狙われており、ベランダというとても安全な場所で、優雅にイチゴをつついて、バケツの水で水浴びをされてお帰りになられているようだ。大胆ゆえこんな近づいて写真を撮っても平気である。幸い大事なトマトはつつかないようなのでイチゴを放置しておくことにより、ホバリングによりつつかないと採れない木イチゴは採取の確率が低いようだ。ハトのように糞だらけにされて、通気口で産卵されると困るが、それに比べたら大したことはないので、大目にみておくかと言うところだろうか。
Potatowormヒヨは虫を食べるのかどうか分からないが、今年は、青虫に食べられた葉と糞は残っているが、ご本人がなかなか発見できないことがある。尺取り虫だと枝に化けてじっとしていたりするが・・・。ヒヨでないにせよ、何やら鳥がつまんでいってくれているような気がする。これは食される前の適度につままれそうな状態の青虫である。じゃが葉で元気に育っている。

| | コメント (0)

HOTEL CALIFORNIA

Wpcr75130いやぁ。これも歴史に残る名曲だろうね。別に紙ジャケである必要はなかったのだけれども、結局普通のになってしまった。入手ができないことが分かりましたとメールが来たあたりでusedのみに更新されていたので、誰かのトリガーがないと、結局ないものもたくさん売っていると言うことですか。まあそれはよいとして、このジャケットをみるといつもキースジャレットのSURVIVERS SUITEのジャケットと対で思い出してしまう。時期もちょうど同じ頃ではないか。あれもLPを持っていたと思うが、また聴いてみたい。
ところでこのデジタルリマスター版のHOTEL CALIFORNIAは、持っているThe BEST ofのそれに比べると音が分厚く情報量が多くなっているのは確実ではあるが、リマスターのみならずリミックスも少ししているようで、音のバランスが元とは違う。イントロに出てくるガラガラヘビの音のするパーカーション(なんて言う名前だった?)がリマスター版では出てこない。そのへんの雰囲気までオリジナルを求めると、最も良い音なのはやはりアナログ盤だろうか。最近ではレーザーで(いや、イメージセンサーかも?)でレコードの溝をピックアップするプレヤーもあるようだが、カッティングマシンの針までは結構なクオリティーで伝わってきていると思われ、それを非接触でアナログのまま忠実に読み取る方法ができたらすばらしいが。レコードの溝は立体的に刻まれており、CDのピットの様に2次元ではすべての情報が読めないので、一定ではない溝をどうトレースするかやはり光学的に読み出せたとしてもアナログのままでは無理かもしれないね。
ともあれ、まあこんな名アルバムも今や1500円やそこらで手にはいることに感謝しよう。

| | コメント (0)

100円ニッケル水素

Volcano1300人柱とは、海のものとも山のものともつかぬ新しい部品やらソフトやらを自ら進んで購入し使用する奇特な人々のことである。それらの進歩は彼らの費やす時間と金によって成し遂げられているのである。転じて、自分の利益になりもしないのに、すすんで行う奉仕的な行動作業についても、人柱になると称することがある。
さて、セリアに売っている100円単3ニッケル水素を買ってみた。1300mAhと2世代ほど前の容量だが、欲張っていないところがある程度の信頼性があるのではないかと買ってみた。連絡先の電話番号まで書いてあるので、売り逃げという感じではない。まあ聖地では100円程度の単3ニッケル水素は以前からあるが、結構な本数使っている中ではGPブランドが無難で、ネクセルは割高の癖してかなりはずれた。充放電回数が持たなかった。もちろん日本製パナがやはり最も良い感じで、FUJIFILMブランドも一応使えている。OLYMPUSについていたのはあまり持たなかった感じだ。老舗エネループはこの前2本500円だったので買ってきてワイアレスマウスに入れているがすこぶる持ちがいい。で、一見その配色がパナと見間違うVOLCANOはどうかというと、良くわからない。一応使えている。

| | コメント (0)

トマトを食べよう

Tomato5
スーパーのトマトは滅多に美味しいのがない。青いうちからもいで熟していないからだ。それならスーパー玉出の野菜の方が近郊から仕入れているようで意外にも新鮮で安いしトマトも美味しいのが売っている。しかし今までに一番美味しかったのはむかし大八車で農家のおばあちゃんが朝もいだ野菜を売りに来ていたやつだろう。はじける寸前まで日に当たって熟したトマトほど美味しいものはない。ミニトマトもはじける寸前までおいておいてもいで食べるとこれはとても美味しい。あまり日に当たると皮が固くなるがまあそれは仕方ないとして、いつの間にかいっぱい赤くなって山盛り採れた。トマトの収穫であるか。良いことである。

| | コメント (0)

またまたまたまたまたまた行ってきましたジョーシンに

Jp_tigertowelやや出遅れたものの、またまた景品をもらいにジョーシンに行ってきました。40万名やって。毎回がんばってますなぁ。一つ200円だとしても8千万もかかるのか。いやダイ粗よろしく、40万枚も作ったら100円切っているのか。それなら品切れでやはり500ポイント欲しいところだ。最近ネットマイルとか、ポイントを統合できるところができていて興味のあるところだが、何に使えるのか解らないTポイントとか、なかなか使えるところまで貯まらないANAやJALの本来のマイルやらエクスプレスカードのポイントとかを何とかして欲しいものである。ヤマダとANAなんか、移行できるまで貯まらないので移行できるといってもほとんど意味がないか。どちらにしても何かに統合していかないと分散しては塵となって消えていく。飛行機に良く乗るのなら航空会社のカードがラウンジに入れてよいか。手荷物検査の外で我慢するならカード会社のでもまあ良いか。なんやかや使うと年に2000ポイントくらいは簡単につくからカード年会費相当くらいは戻ってくるし、AIUやらはいらなくてもついているのでまあ有効に使うべきだろう。ポイントと言えばユニクロよろしく、近ごろあまり魅力のない東急ハンズは無期限文具券チケットを復活して欲しいもんだ。ユニクロはせっかく貯まっていたスタンプカードが最後に使えなかったので以後行く気がなくなった。100円ショップの勢いで魅力の失せた無印良品も、(そういや無意味良品は最近やっていないね。おもしろかったのに・・・)高いが品は良いのだからもっと品物の良さをアピールして無ジラーを増やせば良いのにね。買いたくなるものはあるのにね値段みると買う気がなくなる。なにわともあれ、ジョーシンがんばれ。

| | コメント (0)

お気軽カメラの限界

Akashi_brgパナのDMC-TZ1で撮ってみた。と言うよりもこれしかなかったので手摺りに置いて何とか撮ってみたのだが・・・。普段はとても使いやすいのでお気軽スナップに大活躍しているが、さすがにこういうのはこれくらいが限界か。それでも高感度モードにすると、長時間露光してそのあと、ノイズリダクションをしているのか何やら処理してから絵が出てくる。これくらい映っていたら上等だろうか。花火くらい光量があると、タイムラグさえなければある程度映ると思うが、肉眼では暗さになれると結構明るく見えているものの、橋のライトは意外に暗く難しいところだ。EXIFを見るとISO80で8秒露光している。ここででかいカメラならISOを800とかにしてしまえば手持ちでも映らなくもないが、これの場合はISOを上げると解像度がぼろぼろになるので、時間で稼ぐようになっているのは正解だろう。まあ今度は3脚持ってでかいので撮りに行くかね。

| | コメント (0)

じゃがの花

Potatoflowerじゃがの花も咲く今日この頃、暑くてバテてへたっておりますが、みなさまいかがお過ごしですか?
しまった。JETSTREAMの40周年放送を聴くのを忘れていた。今日ではなかったか。これは悲しい。うっかりしていた。このところばたばたしていて、何もできずに時間だけが過ぎていく感じだ。タイマーをかけておくのだった。
なんか、銭金に出てくるようなのどかな田舎生活の人たちをみていると、うらやましい気もするし、おととい「明日への記憶」をやっていたが、これもまたトリックとも通じる場面もやや感じられる中、エンディングが少々物足りないものの、結構現実的な話でもあるとも言え、もう1時間分くらい枠が欲しい感じ。エンディングが物足りないと言えば、昨今おもしろいドラマのない中、私をスキーに連れてってのやや親近感のわく三上博史が出てくる結構おもしろかったハレルヤチャンスもあと5分ほどエンディングのオチが欲しいなという感じだったが、お行きなさいとも、世にも怖いタモリの役とも違う、天使という今までにない構成が結構良かったのでは? NTTのCMでは撮り方が下手なのでかわいそうだった長澤まさみもうまく撮れている。始めの少ししかおもしろくなかった特急田中3号は南田マネージャーの名前がエンドロールに出てくるくらいしかインパクトがすでにないぞ。それならタモリ倶楽部の京急久里浜工場の方が見応えがあった。冗談じゃないもなんかのだめが生かせていなくておもしろくないし、のだめと言えばこの前、ぴんぼけな佐々木恭子さんの解説いらないから本編だけ放送して欲しい映画大王でやっていた、タイムマシンブルースをもっかい見ようと思ったらパソではCPRMのRが再生できなくて、ああうっとしい。とはなんの話やってか。
さて、なんと綺麗な花ですが、白い花なのでこれは農林1号かなんかかな。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »