« 100円ニッケル水素 | トップページ | やつが毎日来ている »

HOTEL CALIFORNIA

Wpcr75130いやぁ。これも歴史に残る名曲だろうね。別に紙ジャケである必要はなかったのだけれども、結局普通のになってしまった。入手ができないことが分かりましたとメールが来たあたりでusedのみに更新されていたので、誰かのトリガーがないと、結局ないものもたくさん売っていると言うことですか。まあそれはよいとして、このジャケットをみるといつもキースジャレットのSURVIVERS SUITEのジャケットと対で思い出してしまう。時期もちょうど同じ頃ではないか。あれもLPを持っていたと思うが、また聴いてみたい。
ところでこのデジタルリマスター版のHOTEL CALIFORNIAは、持っているThe BEST ofのそれに比べると音が分厚く情報量が多くなっているのは確実ではあるが、リマスターのみならずリミックスも少ししているようで、音のバランスが元とは違う。イントロに出てくるガラガラヘビの音のするパーカーション(なんて言う名前だった?)がリマスター版では出てこない。そのへんの雰囲気までオリジナルを求めると、最も良い音なのはやはりアナログ盤だろうか。最近ではレーザーで(いや、イメージセンサーかも?)でレコードの溝をピックアップするプレヤーもあるようだが、カッティングマシンの針までは結構なクオリティーで伝わってきていると思われ、それを非接触でアナログのまま忠実に読み取る方法ができたらすばらしいが。レコードの溝は立体的に刻まれており、CDのピットの様に2次元ではすべての情報が読めないので、一定ではない溝をどうトレースするかやはり光学的に読み出せたとしてもアナログのままでは無理かもしれないね。
ともあれ、まあこんな名アルバムも今や1500円やそこらで手にはいることに感謝しよう。

|

« 100円ニッケル水素 | トップページ | やつが毎日来ている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100円ニッケル水素 | トップページ | やつが毎日来ている »