« 自動水やり計画続き | トップページ | Digital DarkRoomとはこれ如何に »

イチゴを食べるやつ

Tori3ichigotabeイチゴを食べているやつを見てやろうと、例のTS-LCAMを外に向けて設置してみた。モーション検出とかもあるが、風が吹くと検出してしまって無限に画像を送ってくるので、1分間隔で画像を転送する設定にしてみた。1日で1440枚である。夜はとめたいところだがそんな設定がないので、しばらくやってみよう。画像はftpでLANDISKに転送している。1分間隔だと、LANDISKが止まる暇がなくなってしまうから、あんまりやり続けるのも気が引ける。そう、このまえ、超久しぶりに近所一帯が停電した。なにやら、カラスが電線に引っかかってショートしたらしい。停電するほどスパークしたらカラスは死んだだろう。矢追さんによればカラスの死骸は人目につかずに消えてしまうのだそうだが、おそらく下に落ちただろう。いや、何の話かと言えば、LANDISKが停電で止まったのだが、連続稼働2年overの記録が止まった。いやまあそんな頻繁にアクセスはしていないが、結構安定したunixのファームであることか。思いの外何事もなく動いている。
1日の1440枚の明るい部分をつなげてAVIにすると、昔のタイムマシンの映画みたい、もしくはダッシュ村の定点観測カメラみたいでおもしろい。そういえば、このまえ、のだめの出ているタイムマシンブルースをやっていた。つい見てしまったが、一度見てもう一度見ないとなんのことか解らないね。ややだまされた感のある部分があるが、元祖タイムマシンのデザインをうまくパチって、なおかつやや漂流教室の人工衛星が降りてくるギミックを彷彿とさせる内容でおもしろかった。

|

« 自動水やり計画続き | トップページ | Digital DarkRoomとはこれ如何に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動水やり計画続き | トップページ | Digital DarkRoomとはこれ如何に »