« イチゴを食べるやつ | トップページ | ラズベリーの実をつつくやつ »

Digital DarkRoomとはこれ如何に

Ddroom1またまたRAW現像ソフトが出るそうな。体験版が15日間使えるそうなので入れてみた。ネーミングのイメージが悪いが、直訳したら暗室なのか。機能は非常に標準的なものしかない。レンズ補正とホコリ傷除去があるくらいか。たしかにCR2を読み込むのはかなり速い。jpegに書き出すのもかなり速い。圧縮してないような最高画質だとあっという間に終わるが、元のRAWよりも巨大なファイルができあがる。なんのためのjpegだか解らない。標準にすると現実的なサイズのファイルになるが、まあそれでも速いかも知れない。速い分実数演算していないとか、細部の情報が劣化する手法を使っているのかどうかは解らない。SILKYPIXの方は、自動の補正が結構きれいに決まるので役立っているが、こちらは自動露出をかけると大体変になる。カラーバランスも自動はない。あちらはテイスト機能が結構リバーサルフィルムの色調を自動で出してくれたりするので、あえて誇張したいときなどはいい感じで使いでがあるが、こちらはそう言う機能はないようだ。レシピというのはあるが、これは設定を覚えておくだけだろう。去年もらったカラーダイアルはRAW自体直に読めないしUIが使いにくく、かなり遅いし、全く役に立っていないが、あれよりはかなり良い感じだ。しかし個人的な使い方としては、やはりSILKYPIXの方に軍配が上がってしまう。こちらは機能的にみると割高感がある。4800円ならかなりいいソフトだろう。13000円と言われるとつらい。

|

« イチゴを食べるやつ | トップページ | ラズベリーの実をつつくやつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチゴを食べるやつ | トップページ | ラズベリーの実をつつくやつ »