« チューリップ危うし | トップページ | 500万画素の実力/危うしチューリップ2 »

SPRKPLUG

Koss_sparkplugこれはKOSSのSPARK PLUGである。最近嘆かわしいのは、シリコンオーディオに便乗して山のようにいろんな種類のインナーヘッドホンが売られているが、どれも良い音がしないことである。インナーイヤホンはかなり当たりはずれがあり、音と値段は比例しないという昔からの法則が今も成り立っている。有名メーカーのが良い音がするかというとそうでもなく、意外に980円くらいでワゴンセールされていた、audiotechnicaやnagaokaブランド(昔買ったやつ:違うかも知れない)の安っぽいのが良い音がしたりする。最近はネックストライプタイプとかスピーカーの部分以外に金がかかっていて、本来の音は適当なものが結構多い。どれが良い音がするかは買ってみるか、買った人に聞いてみるしかないところが難しい。能率やf特やらスペックでは音は解らない。
Koss_sparkplug2昔のスポンジやSONY系のゴムが周囲にまいてあるやつは、だんだん耳の穴の方が広がってきて装着感が今一なところから、最近シリコンゴムの耳栓タイプが多くなってきているが、今までお家にやってきたどれもが音は全然だめだった。音響特性の素性が悪いのを、昔からMEGABASSとかイコライザで何とかしようと言うのがこういうタイプの使い方の一つではあるだろうが、素性の良いものというか設計の良いものというか設計思想の良ろしいものはFLATでもこんなに重厚な低音といい音がするのかと驚いてしまう。このヘッドホンはイヤーウィスパーのような耳栓スポンジをつまんで耳に入れて、スポンジが復元したところで耳の穴と一体化して鼓膜に音をダイレクトに伝えようという構造である。耳栓と違って密閉されるわけではないのでツンとするわけではない。USA製であり、ちょっとクッションがでかいので、若干削った方がよいのかも知れない。このヘッドホンの低音域の重厚感になれてしまうと、他のはまるで携帯の着うたがなっているのをうるさく聞かされている様というかなんというか、聞く気になれなくなる。それで高いのかというとたった$14.99であり、2,000円ちょっとで売っている。中にTEACの保証書が入っていたところから、TEAC扱いのようである。

|

« チューリップ危うし | トップページ | 500万画素の実力/危うしチューリップ2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チューリップ危うし | トップページ | 500万画素の実力/危うしチューリップ2 »