« なんとこれは葉大根 | トップページ | バスポンプで自動水やり計画 »

光陰矢のごとし

Nanohanakomichiなんとこんな小径が、近所にあった。こんなに綺麗なのはほんの1週間程だけだろうけれども、薄暗くなりかけている頃に撮ったにしては綺麗である。ここもそのうち広い道に拡張されてしまうのだろう。なんか、あまりに時の流れるのが速い。もう、もうすぐGWである。タイトルに謹賀新年と言っている場合ではない。なにしろやること、いややりたいことがいっぱいあって、しかし最近体力もあまりないので、こんな遅くまでなんやかややっていてはいけないのだけれども、ついついですなぁ。今年もまた工作をしないといけないね。時間をつぶすとか、暇やなぁとか言う人がいるが、わたくしには考えられない。いろんなことをどんどんやらないと。老後に趣味がなくて通勤電車に乗りに行くなんて言う人は本当にかわいそうだ。何でも興味を示して蘊蓄を蓄積しよう。リタイア後に金があればいろんなことがさらにできそうだが、このご時世厳しいだろうね。

|

« なんとこれは葉大根 | トップページ | バスポンプで自動水やり計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんとこれは葉大根 | トップページ | バスポンプで自動水やり計画 »