« ピンぼけNEWS23 | トップページ | チューリップその3 »

チューリップその2

Tulip_lz1これはDMC-TZ1で撮ったものである。1/800,F3.7,ISO=80,約77mm相当になっている。日が照っていて明るいので、なんかすごいコントラストの強い絵になっている。それ以外は普通か。そこまでは自動調整できないか。特にシーンセレクトしていないので、普通モードだが、こんな明るいのだからもう少し絞り込んでも良さそうなもんだとおもえるが、実はこのカメラは実質絞りはないのである。常にその焦点距離のレンズの開放値でシャッタースピードでAEしているだけなのである。まあそれでも実用になっているから良しとするか。
Tulip_lz1_upISO80ならそんなにノイズもなく、JPEGも汚いと言うほどではない。じゅぶん実用範囲だろう。しかし500万画素と言うには、2020の200万画素の単純に2.5倍の解像度があるようには見えない。そんな大差ないとも言える。今時の小さいサイズの高精細CCDではこんなもんか。2020のCCDの方が奥行きに余裕がある絵である。

|

« ピンぼけNEWS23 | トップページ | チューリップその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンぼけNEWS23 | トップページ | チューリップその3 »