« 光陰矢のごとし | トップページ | 虫眼鏡いろいろ »

バスポンプで自動水やり計画

Bp101kコーナンに行ったら、いつもより100円安の680円でバスポンプが売っていた。定格動作時間30分以内と書いてあるものの、店頭デモはおそらく動きっぱなしだろう、水槽で水を回転させ続けていた。結構持つのかも。DCモーターだろうからブラシ次第か。つぶれたらつぶれたか、と言うか寿命と安易に受け入れられる価格である。こんな値段で良く作れるものだ。うちの洗濯機はバスポンプは内蔵されており、この前、洗濯機側の受けのフィルタを掃除をしたら快調である。先端よりも根元のフィルタの方が詰まりやすい。バブの乳白タイプをいれると、その粉が溜まるようだ。それに使おうというのではなくて、ベランダの水やりの自動化を夢見ているが、実験するのに使えそうだから買ってきた。自動水やりキットは、松下やら日立やらどこか不明のやら売っているが、結構高いし、それらのアタッチメントだけを利用したらあとはタイマーがあれば作れそうであり、試してみたかったのである。一軒家の持ち家なら平気で水道の配管を引っ張ってきてもうやっていたかも知れないが、マンションは色々障害があり、何でもいじれないのでそこはできる範囲でと言うことになるだろう。まず、難点がベランダにスロップシンクというか蛇口がない。それは仕方がないので、そのときだけ部屋をまたいでホースをつなぐか、タンクをおいて、定期的に溜めるか、もう少し古くなったら、屋上の排水に分岐をつけて、雨水を溜めるか、電源は、エアコンの室外機にサービスコンセントがあればありがたいが、無いとすると配管越しに電源を引っ張ってくるか、もしくはソーラーでバッテリーに充電して動かすかだろうか。どなただったか、池の横の畑に風力発電で水をくみ上げるシステムを載せておられたが、ちゃちいポンプでは揚力がないだろう。しかし2mくらいくみ上げられるなら、ちょろちょろと点滴プラグで垂らすことはできそうである。そのうちやってみよう。

|

« 光陰矢のごとし | トップページ | 虫眼鏡いろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 光陰矢のごとし | トップページ | 虫眼鏡いろいろ »