« 頼むぜカスペルスキー | トップページ | もはや1G1000円か »

小さな勇気・亜波根綾乃

Linnaisonicstageで昔のMDをパソに持ってこられるようになったので、色々転送してみて楽しんでいるが、奥深い設定が今一で、みんな1411Kbpsのでかいファイルになってしまって入らなくなってきた。昔のMDのATRAC292Kbpsのまま持ってくるには設定を変えないといけないのか。いろんなモードがあって覚えられないが、再変換するよりはそのまま取り出しておくのが良いだろう。しかしそれをHI-MDにそのまま入らないので、こんどはATRAC3plusの256kbpsか352kbpsに変換してHI-MDに入れれば、1枚で5~6時間分ははいる。元がMDだと、256と352の差がほとんど解らないので、ちょっと新幹線の中で聞くのに256で適当に転送して持って行ってみた。低レートの無機質なシリコンオーディオのMP3に比べると良い音であるが、贅沢を言えばインナーヘッドホンではなくて、ノイズキャンセリングはなくても良いからポータブルな大きなヘッドホンが欲しいところだ。最近来ていたstevie wonderのベストとかなかなかよろしい。このところそう言う世代の人がプロデューサーしているんでしょうね。CMやらに古い曲が良く出てくる。softbankなんかまさにリバイバルヒットの種になりそうな選曲ばかりか。そう、スマスマにstevie wonderが出ていたのはびっくりしたが、さすがの貫禄ですなぁ。唯一、中井君が声を出さなかったらもっと価値が上がったのに。それはさておき転送したアルバムの中に懐かしい亜羽根綾乃のLinNaiが入っていた。小さな勇気とか心の地図とかなんかとても落ち着いて良い感じ。非常に音程がしっかりしていて安心して聞ける。このアルバムはロスとかどっか海外でレコーディングしたんでしょうね。バックコーラスが外人ぽいし、演奏がとてもリアルアコースティックで、カントリーぽくいい感じだ。カントリーと言えば、インターネットラジオのカントリーチャンネルで良くかかっているような曲、ジョンデンバーとかウイリーネルソンとかもっとポップよりではオリビアニュートンジョンとかとても好きだが、良くかかっている訴え系のDixieChicksがこの前のグラミー賞取っていたね。これもカントリーぽいバックの演奏だが、やはりこういうアコースティックな音が一番だね。

|

« 頼むぜカスペルスキー | トップページ | もはや1G1000円か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頼むぜカスペルスキー | トップページ | もはや1G1000円か »