« もはや1G1000円か | トップページ | ジョーシンの粗品 »

ACアダプターシリーズその4

Ad360u_1ACアダプター観察シリーズも4回目くらいか?今回はcanonのプリンターのACアダプターである。TEIと書いてある。13V1.8Aと、変な電圧であるが、結構容量があるのでカーステをお部屋で動かすのなんかに使えるかも。しかもワイド電源でワールドワイドに使用できる。入力はめがね型のACインレットで、出力はEIAJ統一タイプのDCプラグケーブル直だしである。ネジは写真のドライバがあれば簡単に開くが、もともともっと筒状に奥まったところに使うネジであり、こんなオープンなところに使ったところでラジオペンチで回せてしまうので意味がない。
Ad360u_2中は整然としていて明らかに日本製である。シメジ部品配置の台湾製とは一線を画している。ZEBRAと書いてある。そうかこれは、田淵電機のOEMだったのか。トランスなどはお家芸と言うところか。大きな電解が目につく。ワールドワイドタイプなので400Vの電解だ。いきなり整流してPWM制御しているのだろう。ノイズフィルタも2段になっている。右端には突入防止のポジスタも見える。基板はベークながら足つきのセラコンや電解にはシリコンボンディングがされており好感が持てる。岡谷のXコンデンサなど日本製で固められており信頼性は高いだろう。おそらく一番先につぶれるのはDCプラグの先だろう。
Ad360u_3さすがにワイド電源はコントローラーがないと厳しいと見られ、M51995のスイッチング電源コントローラーが使われている。ICを使うとパターンがどうしてもぐるぐる引きまわさざるを得ないようだ。非常に綺麗にできており捨てるのはもったいない一品である。
昨今、JRCでさえACアダプタの不良を出したりしているが、作りと言うよりも部品の品質が悪いのだろうね。VAIOのACアダプタでも最近とても小さいが、それに反してCPUは電気食いであり、カイロにするにもやけどしそうなくらい熱くなるのがあるが、そこに品質の悪い部品が使われているとイチコロだろうね。昔のトランスACアダプタなら、少なくとも電取り対応のものはトランスに温度FUSE相当が巻き込んであり、あまりに焼けてくると切れるようになっている。それなら発火にまで至ることはないが、スイッチングタイプのACアダプタはFUSEの選定が悪いとチャイナシンドロームすることがあり得るので要注意である。

|

« もはや1G1000円か | トップページ | ジョーシンの粗品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もはや1G1000円か | トップページ | ジョーシンの粗品 »