« P703iμ評その1 | トップページ | 頼むぜカスペルスキー2 »

携帯の退化(サブウインドウ)

504subwin最近の携帯のいけていないのはサブウインドウが常時見えないことだ。このP504は、反射型液晶だったので、いつも表示が見えており使い勝手が良かったが、最近のサブにもTFTやSTNカラーがついていたり、ELだったりするのはボタンを押さないと見えないので使いにくい。504でよかったのは、サブウインドウの上の光るところがボタンになっており、本体をつまむようにマナーモードや留守録切り替えできたことだ。703のサイドの小さいボタンは、手探りでは探り当てられないので実質取り出さないと押しづらい。時計を見るにもいちいちサイドボタンを探さないとバックライトが光ってくれない。703iμもサブウインドウあたりがボタンになっていたらつまんで押せるのでかなり使いやすいだろう。デザインと薄さ重視で使いやすさがなおざりにされているこのところの携帯の傾向をまさに表しているといえるだろう。
ところでサブウインドウで特許争いしていたのはその後どうなったのだろう? 表示部が二つ以上ある機械なんて昔からいっぱいあるからそんなことで特許が成立してもらっても困るところだが・・・。

|

« P703iμ評その1 | トップページ | 頼むぜカスペルスキー2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« P703iμ評その1 | トップページ | 頼むぜカスペルスキー2 »