« 小さな勇気・亜波根綾乃 | トップページ | ACアダプターシリーズその4 »

もはや1G1000円か

Sd1g_1199_1
タイムセールで1199円で売っていた。ノーマルサイズのSDが一番安いとはいえ、もはやもう少しで1G1000円か。どんやなら2Gで2000円していないときもあり、Hi-MDの1G700円もそのうち追い越される日が来るかも知れない。これではメモリー業界は全く元が取れていないのではないか?これでも採算は合うのか。80のMDが1個60円しないことを考えると、Hi-MDの700円が安いのか高いのか微妙だが、少なくともシリコンメモリーよりは安いメディアであると大きく言えたのは数年前。1G,2GのUSBメモリーでさえ、2000円しない時代であり、万札をはたいて32Mのスマートメディアを貴金属のように買った時代が懐かしい。しかしまた最近、やっつけ商品ではないかと思われるような変な台湾製アダプタが売っている。マイクロSD、ミニSDを装着するとUSBメモリーになるアダプタ。これがまた変に透明にできていて、中の発振器がコネクタと当たっていたりとか、作りのガサなのが丸見えで800円くらいとはいえ買う気になれなかった。マイクロSDを装着できるDuoアダプタとか、SDを挿せるCFアダプタとか。CFアダプタはナショナル純正もあるが、最近別のが3千円後半で売っている。しかしいまや3千円後半出すと、1GのCFも売っているので、わざわざ新たに買うには高い。大容量のSDが余っているのであればつかいでがあるかも知れない。

|

« 小さな勇気・亜波根綾乃 | トップページ | ACアダプターシリーズその4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな勇気・亜波根綾乃 | トップページ | ACアダプターシリーズその4 »