« 携帯の進化と退化 | トップページ | P703iμ評その1 »

Bluetoothのアダプタの音

Mobilecast送信機もついたセットが、変にミッキーだから売れ残っているのか2980円だったので買ってしまいました。ワイヤレスの音がどないなものなのか興味があったのですが、なかなか全体像が載っていないので、買ってから解ったことは、イヤホンは片側だけプラグ接続になっていて二股からはずれること。はずれない方のイヤホンは耳元にスイッチがあって、これが電源ON/OFFなどのスイッチになっているので、安直に線をちょん切って別のをつなごうというのはだめなこと。線間を単にショートしているだけであれば、スイッチを付ければ同じ機能を作ることはできそうだが・・・。送信機を使わなくても、青葉内蔵の携帯なら受信機側だけで通話等ができること。でも、著作権なんたらモードには対応していないので、ワンセグのテレビの音は飛んでこないこと。イヤホンが最近はやりのシリコンゴム耳栓タイプではないので、耳の小さい人には使いづらいこと。送信機とペアーでつないでみたところでは、思っていたよりも良い音をしていること。受信機クリップについているボリュームボタンは、限りなく押しにくいこと。内蔵充電バッテリーは意外にも8時間も持つと書いてあること。リンクしていると、受信機側の電源を切ると送信機の電源も切れること。ともあれ、この値段で試してみられるというところで良しとしますか。キャラクタタイプでない黒いのは、別のヘッドホンが挿せそうな風にも見えるが・・・。別のが挿せたら、結構使えるかも。とりあえずはイヤホンが切れるまで使ってみて、そのあと改造してみるという感じでしょうか。 そう、最近無圧縮で音を飛ばすアダプタを売っていますね。オーディオに使えるレベルなのかどうかですが、テレビの音をステレオにつなぐくらいには場所が離れている場合、良いかも知れませんね。
そういや、グローバルテレビステーションて、宣伝していたが、実際売っているのですかね? 売ってるなら買ってみたかったものの・・・・。SONYの古い方は安売りしてるときがありましたが、新しい方を見ると古いのは見劣りするし・・・。まあアナログ地上波よりも、CSを飛ばして枕元でノーパソで見るというのが実用的な目的になりましょうか。

|

« 携帯の進化と退化 | トップページ | P703iμ評その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯の進化と退化 | トップページ | P703iμ評その1 »