« 謹賀新年 | トップページ | やくたたちんのXBOX »

詰め替えインク

Pachi_inkどなたかではないが、年に数回しかプリンタを使わないと、だんだんホコリもたまってきて、ローラーやコルクたちの紙触りの感触が変わってきて、とうとう1枚ずつ紙を吸わなくなってきた。これは酷使されたレーザープリンターやコピー機と同じ感じであるが、ヘッドもたまにはインクを出していないと固まってしまって全然出なくなってしまう。プリンタ産業のビジネスモデルが、本体は適当に安く売っておいて、消耗品であるインクで回収という現状はだれでも知っているが、新品本体にはインクがワンセット付いている事を考えると、格安の単機能機であれば、インクが1セット5000円くらいするからインクを2回買えば本体が買える。となると、年1回しか使わないとなると、変にインクを買うより、格安本体をもう一回買った方が確実なのかも知れない。そうは思いつつも、ELECOMが出している詰め替えインクを買ってみた。過去いろいろなインク充填方法やICリセッターが公開されているがこれはかなりツールがまともである。リセッターはどこかの流用らしくちょっとちゃちいが、インクの充填方法はかなり確実な方法と感じた。注射器が色別に7本も付いていてこのセット自体5千いくらしたが、3回分くらいインクはあるのでまあインクを買うことを思えば元は取れるだろう。何枚か印刷しているうちに筋も消えてきた(ヘッドが微妙に目詰まりしている)し、インクがなくなるまで使うことにしよう。この詰め替えインク自体は若干黒などにじみやすい気がするが、一見純正と遜色はない。まあしかしどちらにしても、既に一枚ずつ紙を入れないといけないのもじゃまくさいので、今のインクがなくなったら買い換えでしょうな。下手にインクを買いだめすると、本体が先になくなってしまう可能性もあるので、インクは要るときに買うのが鉄則ですか。そう言えばその前のやつの黒インクが余っているわ。いやいやしかし、最近のは綺麗さよりもものすごく速いね。どんな幅で打っているのかと思うほどどんどん出てくる。TR-24でA4を1枚カラーで打つのにリボン1本で足らんてな時代からは進歩しましたな。TR-24はまだ保存してありますが、ソフの値札は33000円!。今なら上等な部類の複合機が買えますな。

|

« 謹賀新年 | トップページ | やくたたちんのXBOX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | やくたたちんのXBOX »