« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

HDDのリサイクル活用法

Hadecoration究極の2.5インチハードディスクのリサイクル活用法ではないか、データーも円盤にはまだ残っているに違いない。非常に鏡面仕上げゆえぴかぴかの2.5インチディスク3枚と、強力なヘッド駆動用磁石の上下2個をぶら下げてみた。みよ、この鳥さんのバカにしたような眼差しを・・・。「いっぱいぶらぶらぶら下げてばかじゃやないの・・・」みたいな。しばらく観察してぶら下がっているだけだと解ると、何事もなく葉っぱにお乗りになられるとはこれいかに。ちゃんと遠目に電線からこっち眺めているし、人がいなくなると、ちゃっかり降りてきて、向こうは羽根があるからどこでもこいだもんね。うらやましいね。難点は、金属DISKゆえ、周りに当たるとカンカンうるさいこと。畑なら効果的かも知れないが、ベランダでは近所迷惑か。

Gotaizaiこんな無機質な物ぶら下がっていても全然お構いなしに、ブロッコリーの硬い葉の上でおくつろぎの様子。ハードディスクの鏡面でインコのように自分に見とれておられるのかも。ヒヨドリには磁石は効かないらしい。磁石はハトだけ? 次はやはりネットか。カラスの風船か。定期的にガサガサ言うものがよいか?

| | コメント (0)

今頃チューリップ

Imagorotulip今頃チューリップを植えた。本当は奥様の球根なのだが、いつ植えられるのか不明なのでとうとうしびれを切らして植えてしまった。本当は年末までに植えるべきのようだが、しかし小さい頃はもっと春に植えていた気もする。お家に小さいお庭があるというのは子供の頃の情緒教育には良いと思うね。何回か球根も採った気がする。さて芽が出るかね。ところで世間ではまた人々の時間を勝手に浪費させられる新しいWinが出ようとしている。まあ2年ほど様子を見てからどうしても必要なら換えればよいのではないかね。今動いているのに何も要らんことして時間をつぶされることもない。だいたい、ソースネクストのウイルスセキュリティーが勝手にバージョンアップしてしまって、自動で電源が切れなくなるし、おかしくなってしまった。こんな事が自動でできたらいくらでもバックドアが仕掛けられるね。軽いので気に入っていたが、また更新0円もちょっと引かれたが、2本パックがあるのもちょっと引かれたが、あと50日て出てくるようになったが、最近メッセージもうっとしいし、FTPも引っかかるし、こんな事になると別のも考えるかね。KGBの人のはどないなんですかね。脳頓やら摩訶フィーも重いしねぇ・・・。PCATをバカにしたMACのCMよろしいなぁ。だいたい、XPのウイルスセキュリティーソフトが導入されていませんてな警告をOSが出すこと自体ばかげている。なぜOSが対策できていない。相乗効果で市場ができていると言われても仕方がないかな。今日見た傑作CM。ペイントマーカーのCM。ゴンドラで窓ふきながら部屋の中のホワイトボードの英語を発音しあっているやつ。おーナンシーとか言って。2回目はだめだろうけど1回目のインパクトはなかなか。おもしろかった。

| | コメント (0)

自転車メンテナンス

Bicyclemanteこの前ダイエーに行ったら自由価格本フェアーをやっていて、いろいろいいのがあったので買ってしまいました。自由価格本て言う制度?があるのね。この本今は絶版になっているのでしょうか、どこも扱っていませんね。アマゾンなんか中古で3900円なんて言う値段が付いている。これは1000円でしたよ。内容はかなりまじめ。まあ、わたくし的にはほとんど解っていることばかり書いてありますが、なんかこれはバイブル的にあっても良い本だと思いますね。この本、思えば20年くらい前に出ていたやつを改訂したのでしょうかね。チャリも機構やパーツが進化していっているので、今となっては既に改訂版でも古いところもありますわな。しかしボスフリーのことがまだちゃんと書いてあるのが気に入りました。そう、サドル買いに行って、チャリ直して乗らないと。と言いつつ2年経ったか。やはりチャリは、山走ってどろどろにしてベアリングの玉一個までばらしてまたぐリスアップして組み立てると。これが楽しいのですよね。いやぁ。しかしもう、京見峠なんかよう登らんやろうな。花脊峠なんか全く無理やろうね。

| | コメント (0)

古いカセットコンロを捨てよう

Iwatani_t2fこの前、新しいカセットコンロを買ったので、古いのを無料ラストの大型ゴミに出してしまった。このコンロも機構構造的に印象深いので載せておこう。新しい方のはこれまた強力で、それはまた今度載せるとして、こちらは前にも書いたが、阪神大震災の直後にテルウェルホームセンターで買ったもので、プラケースが付いていたのが特徴だ。パワーはさておき薄型でお鍋を載せても安定してる。
Casetstovebulbこのころのは大体レバーが付いていて、レバーをがちゃんとやってボンベを脱着するようになっていた。安全機構はこのバルブのところにあって、どうなると働くのか知らないが、リセットボタンがあるので、流れすぎるか加熱するかなんかしたらブレーカーのようにボタンが飛び出てガスをカットするのだろう。安い安いパチものはとろ火ポジションがなくて弱い火の調節が難しかったが、これはとろ火ポジションがあって、吹いたら消えそうな小さい火力も可能だった。
Casetstoveholder最近のものの構造を始めて見たときはちょっと驚いたが、昔のは缶のおしりを引っかけて押しつける可動レバーが付いていた。最近のは、驚くことにボンベの口のところに磁石でひっついているだけである。これで大丈夫なのかとやや心配だったが、なるほど、安全機構としてはピンが飛び出てボンベを押しはずしてしまうようになっているのね。でも、中途半端に押しつけるとガスが漏れそうでなんか磁石吸着式も頼りない気がするが・・・・。最近のにはボンベへの導熱板が付いているのが多いがこれはない。ゆえに最後の方はガスを使い切る前に消えてしまう。
Siruukekiko
このコンロの売り文句というか、まだはがしていないキャッチコピーというか特徴表示には、人気の薄型デザイン! しる受け反転安全機構と書いてある。しる受け反転安全機構とはどんな上等な機構なのかと思っていたら、なんと、この板金の折り曲げの出っ張りがそれらしい。
Sirukehantenkiko
この出っ張りがあると、しる受けを逆さまにしているとしっくりはまらないからしる受けが逆であることに気が付くだろうと言うことらしい。いやぁその前にひっくり返っていたら、五徳がないから見て解るだろうと思うのだが。そんなキャッチコピーが必要なほど大げさな機構かね。まあそれでも、結構使ったからお役ご免と言うことで成仏してもらおう。古いガス器具は、パッキンやらが硬くなってガス漏れしてもしゃれにならないからね。

| | コメント (0)

3分配器

Sswd26g近ごろのテレビやDVDはBS入力やら地デジ入力やら、チューナーが別だから仕方ないのか、UV入力がさらに別についていたりして、壁のアンテナ端子は1つなのにどうつなげと言うのかと言うくらいアンテナ端子がたくさんある。うちはマンションなので、屋上にUVとBSのアンテナが付いており、混合されて配分されている。今時アンテナ端子は全部屋に必須の時代でもあって、各戸に分配された同軸はさらに5分配器で部屋に分配されている。それをDVDにつないでテレビにつないでさらにビデオにつないでFMにつないだらどんだけ数珠つなぎになっているのか、最後のレベルは何デシ落ちているのかというところだが、最近やはり地デジ対応と言うことで、一番遠い階の隅まで行くとおそらくUHFの帯域ではレベルが落ちているのだろう、ブースターの調整か、増設かをしたらしい。とりあえず、壁から2分配してBSとさらに2分配してUVと地デジにつなぐというのも今一なので、どうするかなと思っていたら、そう言う分配器が売っているのね。電流貫通のBS分波とUVの2分配の3分配というのが売っていた。ジョーシンでもらった割引券とポイントで買ってきた。
Sswd_ura線も3本付いていてLEDも付いているしダイカスト製で3177円ならお手頃かと思っていたら、開けてみたら樹脂製だった。DXやらのちゃんとしたダイキャストフレームの分配器は結構高価で5分配とかになると万するだろう。マスプロ、日本アンテナはちょっと安物か?まあそんなこともないか。もうつないでしまったので分解はまた今度にしたいが、パッケージの裏を見たら中身はダイキャスト製ケースと書いてある。それなら少し良かった。やはり簡易型のプラケースに基板一枚タイプでは、UHF以上を扱うにはロスが大きすぎるだろう。いやしかしUHFアンテナと言えば、テレビ大阪が開局したときに寺町のニノミヤで何素子か忘れたが長ーい多素子のアンテナ買ってきて大屋根に付けたの思い出すね。大して綺麗にうつらんかったが・・・。

| | コメント (0)

HDDを捨てよう

2ghdx3これはかれこれ8~9年前の2.5型HDDである。それでも容量はなんと2Gバイトもあり、当時としては魅力的なものであった。そう、リブレットの裏を切り裂いて860MのHDDを取り付けたりしていたのはそれよりも前だねぇ。元祖リブレットオリジナルのHDDは薄型の260だったか320だったかそれくらいではなかったか。860あるととても広く感じたものだが、それからすれば2Gはさらに広い。しかしこのころのHDDは過渡期というか結構難ありで、いろいろトラぶったものだ。これらも当時お仕事で使っていたものが廃棄処分になったものを拾ってきたものだが、すでに、この12mm厚タイプで2Gで5V500mAも食うとなると今や、USBメモリーの範疇の容量であり、既に利用価値がほとんどない。ケースに入れてみてもせめて10GあればDVDにバックアップする準備にでも使えるが、2Gではねぇ・・・。あとは、ばらして強力な磁石を取るくらいしか使い出がないか。いや、鳥よけCDの代わりに鳥よけDISKと磁石というのは使えるかも!?有効なHDDのリサイクル利用法か。

| | コメント (0)

根っこの整理

Mintoroot今日は日差しがちょっと暖かいので、ベランダで鉢の整理何ぞを少し。なんとミントの根っこのすごいこと。これまた茂ってしまってほってあったが、植え直さないと汚いので取り出してみたらすごい根っこ。この中にまだ鉢底石などが埋まっている。初期の土などどこへ行ったのかと思うほどの根っこのすごさ。これを寄せ植えしたら侵略されるというのは確かに解るね。オクラなんぞどこに根っこがあるのかという程しかないというのに。プランターガーデニングで一番面倒なのが土の入れ替えだろう。一回ひっくり返して、根っこを取れるだけ取って、鉢底石と分けたりするのがこれがまた大変。とりあえずしかの糞みたいな茶色の軽い焼き物の鉢底石を分類した。
Sortingroot土は捨てるに捨てられないので、このあとふるいにかけて、よいとこだけ腐葉土とかリサイクル用の混ぜものを混ぜて春に植える準備をしてみたいところだが、そこまで元気がないわ。鉢底石と言えば、この前アイリスのネット入り鉢底石を買ってみたが、詰めすぎてあり、もうちょっと袋が大きくないと変形して鉢にマッチしてくれないので、隙間だらけだ。鉢底石の上に不織布を引いてみるのもまあまあ良いかもしれない。ばらすときに楽だ。ベランダだと鉢の底からなめくじが入ってきたりはしないので、中敷きのあるプランターならネットや網も、鉢底石も実質なくても一緒かも知れない。根っこに日があたるとそれ以上伸びない事を利用した、そこの方にスリットのある鉢も売っているが、これまた土が漏れるのでこれこそ不織布を内回りに巻いて土を入れるべきか。アイリスのあずさ2号ではなくて顆粒土も泥がないので清潔でしかも確かに良く育つ気もするので案外良い感じだが、変な大きさの顆粒なのであとからふるいにかけづらいのが難点か。ところで土づくりと言えば、下の田んぼもおそらくサラリーマンしながら土日農家で代々の農地を維持されているのだと思うが、冬に一度くらい土を耕すものではないかと思うが、ほったらかしである。そんなもんかね。

| | コメント (0)

鳥よけCD4枚にしてみた

Torisancd4このまえ国華園で120円のでかい鳥よけネットを買ってきたけど、かけたところで、離して覆わないと、隙間からつつかれるのが見え見えなので、それはまた今度にして、さらにCDをぶらぶらさせてみた。ピンクのDOS/Vマガジンに、裏向いているが黄色いロータスオーガナイザー試用版のCDを動員した。それでもやってくるねぇ・・・。上にさえ乗らなければ、回りのは囓っても良しとしよう。いや、それでもなんか一時より葉っぱが痩せて見えるね。次はネットか・・・。カラスの風船か・・・。

| | コメント (0)

今頃マリーゴールド

Marigold1暖かいせいか、いつまでも咲いているのでほってあったが、ひょろひょろになって汚くなってきたのでとうとう切ってしまった。パセリとお花は定期的に種から植え直すのがよろしいかと。マリーゴールドも結構強靱で、種が飛んでいろんな鉢で芽を出してひょろっと花が咲いている。はこべの次に当ベランダではたくましい。


Marigoldseed熟している花からぼろぼろ取って見たがこれだけあれば山ほど咲かせられるか。苗も安いが、まあ芽が出るのも見ていて楽しいからまた春に植えようね。

| | コメント (0)

パチバッテリーBP511

Bp511a_a納豆と言い不二家といい、世間では回収騒ぎのリチウム電池だが、あるあるが終わるとは思わなかったが、花王にそっぽ向かれたら仕方がないか。ビフォーアフターにせよ、毎週やるのには、相当なパワーがないと構成しきれないだろうね。良くいろいろ毎週集めてきてたもんだ。でも結局はどこかにしわ寄せが行って、追いつめられたら自殺か捏造だろう。いやぁそのまんまがんばって欲しいねぇ。栗東に駅なんかいらんよ。それよりテレビのちから次の待っているよ! それはさておき定点カメラなんかやって遊んでいたら、すぐ電池がなくなると言っても500枚くらいでなくなるのだが、夜になるとバルブ状態でミラーのプランジャーがどんどん消費してしまう。もう一個電池をということで、またまたROWAさんから買ってみた。これは、ニセブランドではなくて、互換品である。ちゃんと製造ロットなんかも入っており、ものとしてはそれなりにまともである。
Bp511a_bこのまえデジカムのも買ったがまた値下がりしていてくやしいところだけれども、特に難なく動いている。今回のはパナのセルが入っているそうで、純正より容量も微妙に大きいし何より安い。いや、ニッケル水素同様、既にこんなの千いくらであるべきものなのだよ。純正のが高すぎる。温度FUSEとセル2つでなんで7千円も8千円もするのか。1760円で送料無料メール便なら充分実用的。それでも高い部類であり、台湾セルならもうちょっとで2個買えそうだが、ここは質を取ってパナセルの方を選んでみた。微妙に型取りにくいところは厚みが違っていたりするが、まあちゃんとはまるし問題なさそう。中に入ってしまうから背中が銀でも何でも構わないし。
Bat_coverカバーもうり二つに型取りしているね。穴の周囲のバリ取りのあとがやはり注型の機械の精度のなさかね。いやしかし、リーズナブルな価格で提供してくれるところがあるというのはありがたい。

| | コメント (0)

CDを2つぶら下げてみたが

Broccoli070120寒いが、いや暖冬と言うこともあってか、あまり日照時間は長くないが、建物の影になるので日があたるのが午後からであるところから平地に植えたのとでは差ができても仕方がないが、それでも何となくそれっぽくなってきた。なのに、とりさんがまた囓りに来てだんだん葉っぱの茂みが小さくなってきたではないの。仕方がないのでもう一つCDをぶら下げてみた。竹の先に巻き付けて、エアコンの室外機に引っかけてみた。
Torisancd2んんん。風で揺らいでいるとちょっと気にしているが、ぶらぶらしているだけとわかるとなんも気にしてない。さっそくお食事ですかね。もうちょっと間際にぶら下げるべきですな。まあ、回りくらいは囓ってくれてもいいので、人間が食べるところ囓らんといてね。

| | コメント (0)

悩ましいスカパーの選択

Rdskc1最近のテレビやレコーダーはスカパー110が入るが、かといって、スカパーチューナーもあるし、3つも契約するわけにも行かないし。1つ選ぶならどれのスカパーを契約するかと言うことになるのだが・・・・。110はチャンネルが少ないが、ハイビジョンチャンネルがある。帯域は110の方が広いが、普通の放送を見ている限りではNTSCに落ちているので大差はない。ハイビジョンチャンネルがたくさんあるかというとそうでもないので、テレビやレコーダーで簡単に選択できることがメリットか? レコーダー内蔵の110なら簡単に録画予約できるか。しかしよくばりパックは70chもあるが、110のパックは41chしかない。まあ、よく見るのはだいたい含まれているが・・・。そこで登場したのはスカパー連動ケーブルだ。なんと、SONYのにもつながるではないの。98ノートの後期のプリンターケーブルみたいなこのコネクタは何に使うのかと思っていたが、VARDIAとつないでおいたらレコーダー側の番組表で予約できるとはなんと便利。しかもあんまり先まで出てこないスカパー番組表なので、つい忘れていると録り逃しているが、お任せにセットしておけばスカパーもいけているでないの。あまり売っていないので、1048に発注したら、送料無料で次の日送ってきた。まあスカパーといえどもS端子でのつなぎだからDIGAのLPで録ったのはちょっと荒いが、SPなら大きいので見てもゴーストとかがないぶん地アナに比べてもまだ見られるかね。というわけでハイビジョンが普通になって、コピワンがなくなって、安くDISKに落とせるようになったら、110も考えますかね。しばらくは110でない方のスカパーにしておきましょう。

| | コメント (0)

鳥さん除けCD

Torisancd仕方がないので、トマトの枠の竹を持ってきて、真ん中にCDをぶら下げてみた。あらら、な~んも気にしてないてか? しかも、竹に捉まって囓りやすくなったてか。鳥さんよけになってないやん。足場作ってあげたなんて。 とても悲しち。

| | コメント (0)

ベランダのオアシス鳥さん再登場

Torisanもっと写っているショットがあったので部分拡大。これから様子をうかがいつつ、バケツの水で水浴びをしようとたくらんでいる様子。






Torisan2もう一羽はブロッコリの陰に隠れて、美味しい葉っぱの部分ばっかり囓っている様子。ちょっとくらいよいけど、花のところにうんはしてくれるな。

| | コメント (0)

鳥さんに食べられるブロッコリ

Torikita1鳥さんに囓られているブロッコリ君がどんな鳥さんに食べられているのか見ようと言うことで、インターバルタイマをかけて定点観測してみました。1分で仕掛けると、1時間で60枚10時間ほっておくとして600枚か。電池が持たないか。まあ動く間ほっておいたら夜になるか。と言うことで仕掛けてみたら、おっと来ましたよ。ちょうどお昼頃ですかね。お昼食べに来たのでしょうかね。
Torikita2なんと、2羽できてますね。つがいでしょうかね。この鳥さんなんですかね。もずですかね?人のいないマンションのベランダでお昼なんて、大胆かつ、最も安全、お気楽ですわね。こっそり囓ればよいものを、結構ピーピーいいながら囓ってます。まあ、むこうは羽根がありますから逃げるのも簡単。人間様に見つかってもあっという間に飛んでいけますわな。ガラス越しに部屋の中から撮ってますが結構綺麗に写ってますな。
Torikita4なんと上に乗ってまで囓ってますがな。それで葉っぱに糞してるんですな。葉っぱちょっと囓ってもいいから真ん中の食べるところは避けて欲しいですな。毎日来ているようで、葉っぱ美味しいんでしょうな。




Torikita3なんと15分以上も滞在されて、うんを残して、挙げ句の果てはバケツの水で水浴びまでとは超お気楽なことですこと。さらに3時頃にもおやつですかな、同じつがいかどうかはわかりませんが、味をしめられたようで、またおいでになられている。 さて、ちょっとは囓られても良いとしても、あんまり食べられると困るし、どうしますかなネットでもかけますかな。

| | コメント (0)

デジタル温度計

Shinwa72946_1これはシンワのデジタル温度計である。東急ハンズで買うと高いが、実はコーナンにも売っていて、コーナンで買うと1700円くらいだったと思う。見た目もシンワ製なので、綺麗にできており卓上にも壁掛けにも使えて、表示が大きく良い感じだ。湿度も出るダブル表示のもあるが、ダブルはでかすぎて卓上には邪魔だ。良い感じなのだが、お家で引っかけて使っていると、つい落ちてしまって壊れてしまう。前にも登場したが、あれははんだごてを適度に暖めて、紙を引いてなぞって熱圧着をつなぎ直して使えていたのだが、何回目かに失敗してフレキを溶かしてしまってつなぎようがなくなって捨ててしまった。
Shinwa72946_koteiこの温度計、内部の液晶:左側の白いのがそれだが、これに遊びがあって、一応軽い押さえ:右端の上下小さい白いの、は貼ってあるのだが、落とすと液晶が動くので、動くと熱圧着が引っ張られてはがれてしまう。また熱圧着には良くある話だが、かなり粘着力が弱いので、そもそもめくれる方向に弛んでおり、そのうちにはがれてきてしまうと言う唯一ここの構造がこの温度計の欠点だろう。つぶれる前に一度開けて、液晶の4隅をホットメルトで留めてやれば、動かなくなるのでつぶれにくくなるだろう。これは2台目だが、1台目は失敗してしまったので、これはホットメルトで固定を先にやってから、熱圧着を直そうと思ったが、すでに接着力がなく、着いてくれないので、上から押さえることにした。
Shinwa72946_osae電卓や携帯のの液晶なんかは、こんにゃくみたいな電導層が積層された消しゴムみたいなのが置いてあるだけでつながっていたりするが、ちゃんとおさわっていれば、液晶の電流は微弱なので表示は出る。裏ぶたを閉めたらうまくおさわるように堅めの隙間テープを重ねて押さえを作った。ほんとはもっとプルンとしたシリコンゴムが欲しいところだが、まあお家でとしては妥協である。
Shinwa72946_fukkatsuとりあえず復活である。液晶フレキがすぐはがれてくる温度計としては、また同じのをもう一個買う気になるかどうかは微妙だが、まあどれテックのよりはましかな。

| | コメント (0)

アンプを捨てよう

R803とうとうついでにアンプも捨ててしまった。これは、思い出せば津田沼のエキゾチックタウンで39,800円で買ったと思うが、いわゆるレシーバーである。チューナーアンプとも言うらしい。知らなかったがモトローラのAMステレオデコーダーも内蔵されていた。まあこれくらいの値段だと中身は大したことはないが、それでもディスクリートでパワーアンプも組まれており、まあそれなりには鳴っていた。なにしろチューナー内蔵プリメインアンプというオーソドックスなその構成がとても実用的だった。そのうちボリュームがガリオームになってきて、位置を変えたら治るのでだまして使っていたが、そのうちFMの同調が狂ってきてAFCのセンターで音が出ないような状態になってきた。途中のBPFのセンターからずれているような感じである。そしてとうとうボリュームも限界になってきたので、しばらくさらに古いシスコンをつないでみたりしていたが、おいておいても邪魔なので泣く泣く捨てた。ボリュームもSSから取り寄せて取り替えれば治るだろう。FMも治らなくはないだろう。昔なら捨てるにしても、トランスを取っておきたかったりしたのだがそれもあきらめた。そんなわけで同等品を探しているのだが、これがまたない。昨今はほとんどがAVアンプになっており、アホほどの数のアンプが内蔵されている割には薄型にできていたりして、どんな音がするのかという感じである。大体5.1chなんて、CD聞くのには使わないから、2つのパワーアンプ以外は使わないことになる。まあ、一時はおもしろいが、昔のCD4ではないが、やはり究極は2chで如何に良い音が出せるかであって、ジャパネットのおまけの5.1chスピーカーなんてそれなりの映画で一瞬おもしろいだけである。それは必要としていないので結局AVアンプは今一である。同等クラスのプリメインやアンプを見ているとSONYの398のアンプなんか、ベークの基板にサンケンのハイブリッドICが一つ乗っているだけなのが、スリットから見えており、ある意味幻滅である。サンプリングレートコンバーターやなんか乗っていて、D/Aの良いのが一体化されているとなると、Vの回路はまたノイズ源であり邪魔な気もするが、そこを使う意味ではAVアンプというかデジタル入力付きのアンプもちょっと気になる。しかしカタログを見ていると、良さそうなD/Aが乗っているのは相当高い。となるとやはりアンプはアナログ部分だけのが欲しいなと言う感じだ。そうなるといっそうのこと金田式でも作るかというところだが、如何せん時間がないのでそれは老後に元気で金があったらやってみようか。大阪だと共電社の階段に掘り出し物が積んでいないかと物色したいところだが、なかなか手頃なのがないね。

| | コメント (1)

スキャナーを捨てよう

Gt5000w1これはEPSONのGT5000WINSである。スキャナ歴としては、元祖は惜しくも捨ててしまったがG2のパナのミニFAX機で、これはいろいろつっついて遊べたのを覚えている。パソにはつなげなかったが。その次はOMRONのHS-10だったか型番忘れたが、モノクロのハンディスキャナで、これはまだどこかにあるが、98でプログラムを組んで取り込めたりして楽しい機械だった。その次がこれで当時はまだスキャナと言えば10万以上するのが普通だったところへ、安いのが出て来て買ったのを覚えている。しかしそれでも54000円だったかそれくらいはしたはずだ。これは確かニノミヤで買った。
Gt5000w2コネクタはMAC系も意識したDSUBのSCSIと元祖アンフェの50ピンがどんと配置されAC電源内蔵のインレットまで付いたリアパネルである。上の蓋の付け根が貧弱で割れてしまった以外は、動作はするが、今となってはSCSIと言ってもUSB1よりは速いがUSB2には全く及ばないスピードであり、しかもSCSIデバイスがなくなってきている現状、そろそろお役ご免となってきた。フイルムもスキャンしてみたいなと思いつつも、これにも蓋と取り替える透過原稿ユニットがオプションであったような気もするが、それを買うより今時のいけているスキャナは1万程度であり、もはや意味なしである。一応うまく取れば綺麗に出るが、ドライバの出来がさすがに旧来レベルであり、今時のおまかせモードにも及ばない調子であるので、あきらめることにした。まあ同じように感じている人も多いようで、高速道路の高架の下に同じのが捨ててあるのを見かけたり、今回の無料回収LASTの日に全く同じものを出していた人もいて苦笑いした次第である。

| | コメント (0)

CDキャディーを捨てよう

Cd_caddyいまや珍しいものとなってしまったが、昔はCDROMは貴重なものであり、たとえ雑誌に付いているものでも、そのデーター量の多さから重要な情報源として大切に扱われたものである。CDROMの読み取り面は意外に分厚いのでそうそう気にしなくてもたとえ傷が付いてもピカールで磨けば復活するほどのタフさではあったものの、レーベル面の方がよっぽどデーターに近くてカバーも薄くて傷つきやすい事を知っている人も少なかったりするものの、そう、以前はCDROMはキャディーに入れてドライブに挿入するものだったのである。一番始めに買ったTEACのCD-ROMドライブはもちろん読み出ししかできないが、キャディー式であり、もちろん等倍だったか2倍だったかのスピードで、確か45,000円程したのを覚えている。これに貴重なCDROMをキャディーに収納してセットするのが、絶大なるデーター容量を持つ貴重な当時のCDROMの扱い方であった。パソのHDDは270Mバイト程度であり、650MもあるCDROMには及ばない存在であった。しかし、今となってはとても邪魔である。これがまた日本製で、ちゃんとできており、シャッターもステンレスであり、箱RAMのような出しにくい構造ではなく、上蓋がパカッと開くようになっている。これが箱RAM(TYPE1,4)と互換があれば、活躍できるのだがそれもないし・・・。1枚安くても270円くらいした気がするが、数枚おいておいて捨てるしかないか。じゃまだね。これはオークションに出しても苦しいだろうね。

| | コメント (0)

2001年

Ouwasahaitsumoついでにやはり定番の2001年も見てしまいました。これが30年以上も前のだとは思えないくらい、やはり新鮮。万博よりも2年も前ですよ。受話器を天井から山ほどところてんみたいにぶら下げているみかかのパビリオンのセンスとは雲泥の差か。若干ディスプレイがCRT系なのが致し方ないかとは思いますが、この通路にあるイスの斬新さといい、びっくりですな。まああえて言えば、2001年になっても、ここまで進歩できていなかったのが現実でもあるし、2010年でもまだ無理でしょうな。ましてや、2011年にアナログ放送終了なんて、PHSではないのだから、地デジチューナー政府が配るのでしょうか、これも無理そうでしょうね。

| | コメント (0)

ブロッコリの意外な敵

Kajirareなんと、朝方夜が明けると、ベランダでピーピー鳥が鳴いているわと思っていたら、もずみたいな鳥がブロッコリの葉を囓っている。冬だから食べるものないのだろうか。ブロッコリの葉は美味しいのだろうか。茎は煮たら美味しいが、葉っぱはあんまり食べないね。しょっちう来ているようなのできっと美味しいのだろう。ライブカメラ仕掛けておきたいところだが・・・。カーテンをめくって覗くと逃げてしまうのです。まあ霜は降りていないが、寒いのにじみちにはさらに大きくなっているブロッコリーでした。

| | コメント (0)

2010年

2010だいぶん前に買ったDVDが出てきたのでどんなもんかと見てみた。MPEG2で2時間ないくらいだと、それほど圧縮されていないのかまあまあ見られる画質だった。そうこれは、だいぶん前の聖地ツアーで買ったものだが、あのころDVDROMドライブは1万以上していた。そんな前に買ったのか? だいたいこの映画84年くらい作だから、もう22年も前の作品だ。それにしては良くできている。CGではなく、すべてセットによる特撮であるところがすごい。それを言い出すと2001年なんかさらに9年前だから既に30年以上前であるところがこれまたすごい。そうかまだ当時は米ソ冷戦状態の頃だったのか。WOOOのDVDレコーダーのCMの終わりのシーンが2001年のパクリであることも知る人のみぞ知ると言うところか。レコーダーをモノリスに見立てているのでしょうな。WOOOも実用的でないデザインはいただけないが、1Tバイトにはやや引かれるが、昨年の自動更新爆弾事件とか、結構不安定の話を聞くし、ファームが今一というか録画再生以外ほとんど何もできないようであるところが今一か。元祖なぜか凝っているVARDIAも、そろそろ品切れになってきたXD92Dに引かれるが、相変わらずすぐ壊れるらしいところが仕方ないのかどうか。パナはやはり安定しているのか、こちらも品切れというかいいのは売れるのか結構高いね。年末にBR100を178000+15%ポイントしていたときに買っておいたら良かったか。家のE80Hは2台ともだいぶん使っているが、当初変なRを読み込ませたら死んでしまった以来何事もなく動いている。普通のテレビで見るとLPでも大したことないが、でかいのにつなぐと全然見られませんなぁ。ともかくきたない情報量が足りていない。SPでも地アナのは微妙にゴーストが乗っていたりしていて、録りためた世界遺産も見劣りしてしまうと言うものですか。これはこれで、VGAの20型くらいのアクオスをおいておいて、これで見るのが一番綺麗ですかな。そんなわけで、次のレコーダーも物色しないといけませんが、DV入力が欲しいとか、ネットワークでリモコンしたいとかHDMI出力が、それもプログレッシブ出力できるやつが欲しいとか言い出すときりがありませんか。

| | コメント (0)

フロッピーを捨てよう

Fdsuteyou最近CDRのみならず、DVDRまでケースが邪魔になってきたが、その前にフロッピーが邪魔だ。この際捨ててしまおう。でも、取っておきたいものもある。と言い出すときりがないのだが・・・。とりあえず200枚くらい捨てることにした。まだまだ掘ると出てくるが・・・。古いドライバーディスクが必要になる可能性はあるのか、古いプログラムのディスクを使うことはあるのか・・・。PC/DOSを起動することがあるのか・・・。いや、DOSブートのFDはおいておきたいとか、MS-DOSのシステムディスクはおいておくべきか、記念すべきdosv/fanのウイルスが配布されたFDもあるわ、昔Oh!Dynaなんて言う雑誌あったねぇ。そう、ソフマップにDynabook15万で買いに行ったの覚えているわ。8Mやったか16Mやったかの増設RAMは3万3千円くらいしていた。USB-FDDだと98のも簡単に読めてよろしいが、98のは立ち上げるのにいくつかおいておきたいね。本体は健在だが、HDDが動く保証はないし、モニターが問題か・・・。印刷工房なんてあったねぇ。ドットプリンターで活躍したもんだ。つぼいノリオ商店てあったねぇ。まるみちゃんとか出していた・・・。P1EXEてあったねぇ。しかし意外にほとんどエラーなしで読めるね。エラーが出るのは、メーカーのドライバーディスクとか高速でデュプしたやつだけみたい。よだきいとかあったねぇ。モジュラーの線でネットワーク作ってプリンター共用するやつ。アシストワードてあったねぇ。安いシリーズで、まあエディター的ややワープロには軽くて使っていた。しかし昔のプログラムは驚くほどコンパクトにできている。だいたいコンベンショナルメモリーの中で動いていたのだからね。でもTurboPASCALのCOMモデルでも、結構いろいろツールは作れた。今考えるとパソのハードに近いプログラムに親しめる良い時代だったのかも知れないね。今やドライバーはネットで取ってこれるからDISKは要らないともいえるが、昔はFTPするにも日経MIXで一晩かけて電話代数千円かけて取っていたからね。そう一太郎も57000円とかしていたから、ソフマップ一号店で貸していたね。今考えると違法な商売だが、かといってそんな高いソフト個人で買われへんからねぇ。TheBASICてあったねぇ。CCT98やらniftermやらでLOGを録るのはよいが、読んだことないかも。当時は通信費用節約の意味があったわけだが、その場で見ないとあとから見てないね。さて捨てるか?VZエディターなんて45Kしかないとは・・・。おそれいりました。とまぁ適当に回想しながらいるものをcopyしてCDRにやいときますかね。
Fderaseそのまま捨てたくないものは読めなくして捨てよう。FDの場合ばきっとばらして捨てる手もあるが、数百枚もやると手から血が出るので、最近ごろごろしているネオジウムマグネットで擦ればFDの場合イチコロである。擦っていないセクターは残っているが、むりやりセクターダンプでもしない限り普通に読むにはエラーが出て読めない。最近カバンや、驚くことに財布にまでホックの代わりにネオジウムマグネットが付いているものがあるが、鞄屋さん何を考えているのだろう、この磁気情報時代に、まあfericaやICカードなら大丈夫なのかも知れないが、クレジットカードの磁気ストライプや、銀行の通帳や切符の磁気なんか擦ればあっけなく消えてしまう。とんでもないところに磁石を付けないでほしいもんだね。
一番上にUNIXUSERのFDが乗ってますが、これの何号目かにインターネット時代の幕開けていう特集があった。まさに今それがそれ以上に実現してしまったと言う感がありますな。

| | コメント (0)

CDRがめくれてきた

Cdr_mekureわりと初期のCDRは金色をしていたが、なぜかONKYOブランドなんかが売っていて、それはまだ生きている風だが、これはなんか外周部がめくれてきた。しばらく車の中にあったこともあるのかも知れないが、外周ぎりぎりまで書き込んでいたとしたら読めなくなっていただろう。幸いめくれているところまでは書いていなかったので、もう1枚コピーして復活させたが、はたしてCDRの寿命はいくらくらいなのか。
Cdr_mekure2ようやく10年の実績ができてきたくらいかなと思うが、蛍光灯や太陽に暴露していたものは既に読めないだろうね。意外にフロッピーはまだ読めるものが多いが、密度の問題か。地磁気爆弾でも落とされたおりには、今時の超高密度HDDのディスクのデーターなんてあっという間に飛んでしまうのだろうか?ここまで微細な磁気に頼った生活をしていて大丈夫なのかね。大体地球自体磁石でもあるし。磁石の上で磁力に頼る文明かな。となると、CDR,DVDの方が確実なのかと言う気もするが、こちらも非常に微細な反射率の変化を拾っているだけであり、保存実績がないところからして、この先10年持つのかどうか危うしと言う気がする。

| | コメント (0)

地底人なんてと思っていたが

Chiteijin_2地デジなんてと思っていたが、比べてみるとやはり綺麗ですね。ワンセグの残りの12セグメントのハイビジョンでもかなり綺麗。これはおまけで付いているパソコンモニターのテレビ機能のような、いわゆるブラウン管テレビ専用機のような黒や階調を綺麗にコントロールしてくれていて充分綺麗な従来のテレビに比べてなんかガサガサで写るやつで見るのと比べたら、雲泥の差で世界遺産が見られますね。でもBSデジタルの最大52Mbpsのハイビジョンに比べると、12セグだと23Mbpsしかないので、金曜夜のBSiの世界遺産に比べるとちょっと負けている。どちらにしても、このクオリティーのまま録画できないとおもしろくないですが、これがまたまだ中途半端な時期で、青レイレコーダーもまだまだ高い。そんなの見てしまうと、LPモードで録ったドラマとかが見劣りしてしまう。そいうのはやはり普通のNTSCのテレビを残しておいて、それで見るのが一番綺麗か。
ともあれ、地底人のデーター放送がローカルなお天気が出せて便利ですな。

| | コメント (0)

やくたたちんのXBOX

Yakutatachin_xboxいやぁこれは元祖XBOXである。消費電力は大きいわ、ファンの音はうるさいわ、融通は利かないわ、意味なしLANはつかみちはないわ、おもしろそうなゲームはないわで、ほぼお蔵入りの本体であるが、たまにDVDプレヤーとして動いている。一応ある程度綺麗には写るが、VRが読めるわけでもなく、RAMも読めないし、音はうるさいし、ほとんど意味なしである。360の方も発売当日に電車の中で買ってきた人を見たが、それ以来何も聞かないし、あえて盛り上がることもなく、MSXにも及ばず消えゆく機種となるのだろうか。ゲーム機評は、ゲームをしない人なのであえてするつもりはないが、PS3もあまりにスペックがすごすぎてもはや次がないのではと言う感が強い。しかもあんな値段で売ってしまっては、Hit-bitにも及ばぬうちに消えてゆくのではないかと心配する。
MPEG2のDVDをいかに綺麗に再生するかとなると、やはり綺麗なD/Aと、その前にリアルタイムで画像補整をする優秀な画像プロセッサなり、MPEGデコーダーが必要か。パナのDVDプレヤーはRAMのVRが再生できるようだが、箱から出して再生するのが悲しいが、16:9のプログレッシブで出力してくれたら結構綺麗なんだろうか。1万円くらいみたいなので一つ買うかな。

| | コメント (0)

詰め替えインク

Pachi_inkどなたかではないが、年に数回しかプリンタを使わないと、だんだんホコリもたまってきて、ローラーやコルクたちの紙触りの感触が変わってきて、とうとう1枚ずつ紙を吸わなくなってきた。これは酷使されたレーザープリンターやコピー機と同じ感じであるが、ヘッドもたまにはインクを出していないと固まってしまって全然出なくなってしまう。プリンタ産業のビジネスモデルが、本体は適当に安く売っておいて、消耗品であるインクで回収という現状はだれでも知っているが、新品本体にはインクがワンセット付いている事を考えると、格安の単機能機であれば、インクが1セット5000円くらいするからインクを2回買えば本体が買える。となると、年1回しか使わないとなると、変にインクを買うより、格安本体をもう一回買った方が確実なのかも知れない。そうは思いつつも、ELECOMが出している詰め替えインクを買ってみた。過去いろいろなインク充填方法やICリセッターが公開されているがこれはかなりツールがまともである。リセッターはどこかの流用らしくちょっとちゃちいが、インクの充填方法はかなり確実な方法と感じた。注射器が色別に7本も付いていてこのセット自体5千いくらしたが、3回分くらいインクはあるのでまあインクを買うことを思えば元は取れるだろう。何枚か印刷しているうちに筋も消えてきた(ヘッドが微妙に目詰まりしている)し、インクがなくなるまで使うことにしよう。この詰め替えインク自体は若干黒などにじみやすい気がするが、一見純正と遜色はない。まあしかしどちらにしても、既に一枚ずつ紙を入れないといけないのもじゃまくさいので、今のインクがなくなったら買い換えでしょうな。下手にインクを買いだめすると、本体が先になくなってしまう可能性もあるので、インクは要るときに買うのが鉄則ですか。そう言えばその前のやつの黒インクが余っているわ。いやいやしかし、最近のは綺麗さよりもものすごく速いね。どんな幅で打っているのかと思うほどどんどん出てくる。TR-24でA4を1枚カラーで打つのにリボン1本で足らんてな時代からは進歩しましたな。TR-24はまだ保存してありますが、ソフの値札は33000円!。今なら上等な部類の複合機が買えますな。

| | コメント (0)

謹賀新年

Hptop2007いやはや1年のすぎるのが速いもので、もうはやお正月とはこれ如何に。気分はまだ盆明けというのに、周りの環境は既にお正月に突入ですか。ホームページの方の新年のごあいさつもまだ書けてませんが、こちらの方がお気軽UPなので先に更新します。どないしますかね全く、どんどん時代は流れていくものの、だんだんついて行けなくなりそう? 感覚的にも体力的にもと言う感じでしょうか。今年こそはチャリを直してチャリでも乗りますかね。まずはサドル買いに行かないとてな感じですか。なんかばたばた掃除やら片づけやらしていたら既に初日も終わっているし、とうとう大型ゴミも有料になったので、最終日に滑り込みで申し込んだ次第です。今年も相変わらず、しょうもないことに喜びを見つけてぼやき続けましょう。みなさまお身体にはくれぐれもご自愛くださいませ。
写真は2006.11.4の金閣寺です。昔なら雪が降ったらチャリで走っていって雪化粧を撮れたのですがそうも行かないので、やや紅葉が始まったかなという頃に撮ってきました。金箔張り直してから行っていなかったのですが、数年経ったにせよさすがに綺麗ですね。そう、急いで作ったもので年賀状に年号入れるの忘れてました。

| | コメント (0)

マルチパワーステーションの太陽電池

Mps_imohanda結局、このいけていないマルチパワーステーションの太陽電池は、2つのブロックを基板裏でつないでいるところの、表から引き回されて来ているリードをおそらくレジンの仕上げに削ったときに切ってしまったのでしょう、リードの断面でかろうじて半田付けされており、それがはずれてしまったために断線したようでした。仕方ないので断面まで半田をぼこっと盛ってつないだら接続は復活したようで、またLEDライトが点くくらいに昼間に充電されておりました。まあ次の崩壊までしばらく使いますかね。これ以上、こんな粗品(そしなではなくてそひん)は相手してられないので次は捨てましょう。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »