« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

もはや冬か

Red_berryあっという間にブルーベリーの葉も赤く紅葉している。時期的気分はお盆明けというのに、季節はもう冬? 一気に寒くなってきた。今年は咳の出る風邪がはやっていて、そのあとずーっと気管支炎のような感じで咳が止まらずつらいところだ。世間ではダンゴ三兄弟で賑わっているが、日本の風習を悪とするのも、節度が必要というものだろう。天下りは感心しないが、ダンゴ三兄弟は日本のビジネスの手法の一つではないのか。それを節度なく崩すと、整備不良のエレベーターで人が死ぬようなことになりかねない。品質にまで影響が及ぼうというものである。昭和25年以来民主義国家において経済観念が欠如したまま自立できない組織の代表格のNHKがとうとう合法と称した取り立てを始めたらしい。そうなると反撃しないとダメだろう。対象となった方には申し訳ないがぜひとも異議申し立てをして人柱となって頂きたいものだ。こちらも問題だが、ホワイトカラー・エグゼンプションなる困ったことを考えている場違いな人たちがいる。こんなものをいつの間にか裏でつくられてはサラリーマンはたまったものではない。もっとマスコミで取り上げてもらって、多くの国民に認識させるべきだ。大体だれが得するためのものか?一時的な雇用側の経費は減ったように見えるのだろうけれども、回り回って寒い消費経済と意欲の欠乏になるのではないか。

| | コメント (0)

音の悪いパソスピーカ

Pwdsp1これは、会社で廃棄していたパソ用スピーカーである。全然いい音がしない。中を開けてみるとだいたい予想通りのチャイニーな作りであるが、一応何やら防磁タイプのTWOWAYスピーカーになっていたりするが、飾りのバスレフポートやテキな箱や変な吸音材で、なにやら、ビビらないようにかホットメルトだらけであったりするが、そんな努力もむなしくやすもんラジカセ以下のだるまな音である。構造もすごいが、アンプはSTのTDA2030が各チャン1つずつついていて、この2つのICは基板の保持も兼ねている。入力は珍しく24VAC30Wとなっていて、24Vかけるとかなりなパワーがでるだろう。基板にブリッジがついているので、適当にACアダプタをつっこんでみると、5Vでも一応鳴る。ツイーターは全然良い音を発していなく、シリーズにつながれている低域カット用のバイポーラコンはツイーターのマグネットにホットメルトで止められている。トーンコントロールも付いているが、設定されている周波数がスピーカーに合っておらず、なんかBASS,TREBLEどちらをいじっても変な音になる。
Pwdsp2チャイニーな基板は例によって電解コンがはみ出ていたり伸びて付いていたりとがさがさな作りだが、反対側の出力に別のスピーカーをつないでみるとまあそれなりには鳴っているので、アンプ自体の音はそんなでもないようである。BTLかと思ったが、2つしかICがないので、2つあるVENTと書いてある液漏れしそうなでかい電解は出力のカップリング用のようである。捨てる前に開けてみたのだが、このアンプだけは線を出してきたら簡易アンプに使えるかなと思えたりしてまた捨てられないか。反対側のSPだけのは捨てよう。じゃまだ。

| | コメント (0)

MDはいかほどか

Spectram_md昔からあるATRACのMDのf特が如何ほどなのか測ってみようと思いつつ、でっかいデッキを引っ張ってくるのがとても大変なので、逆にノーパソにUSBアダプタをセットアップして持って行ってS/PDOUTと、LINE OUTを測ろうかと思い出しているが、その前にMDウォークマンのLINEOUTを測ってみた。これは、あまりよい音とはいえないかなり前のMZ-R3のLINEOUTを測ってみたものである。左の3つは前のと同じである。左から午後のこーだ128K、lame128K、WAV1411K、MD292K_lineoutである。MDもいろいろ改良されているようで、たとえばこのMD-WMの光デジタル入力でCDを録音したのと、据え置き機で録音したのをSPDINに入れて比べてみると、WMの方がダイナミックレンジが小さい=フルにレベルが振っていない。デッキの方は何やらマキシマイザーのような処理をしているのかも知れない。エンコーダーのLSIのバージョンによる違いだろうか。新しいほど音は良くなっているようだ。MDLPは論外としても、HI-MDの機械だとまた違っているのかも知れないが、それはまた今後手に入れてやってみることにして、MDならもっとf特が伸びているのかと思いきや、18.6Kくらいまでしか伸びていない。そしてATRACの論理通り、MP3同様、聞こえないレベルの低いマスキングされてしまう音は切られてしまってスペクトラムの間が黒い。しかしまあ、実際に聞いてみるとやはり圧縮率が低いためか、MP3よりは遙かに良い音である。カセットはどんなもんかまた比較に入れたいところだが、古いカセットを聞くにつれ、これはこれで音のドロップアウトやワウフラッターやヒスノイズは致し方ないものの、音自体は大変自然で長く聞いていても全く疲れない。やはりこれぞアナログという感じであるかね。ツタヤで借りてまだカセットに録っていた時代のCDは、カセットで聞いた方が音に温かみがでて良い感じであったりしたものである。この後期のカセットデッキで録った音は結構バカにできないくらいよい音をしている。だから、できるだけ良い音で取り込みたいものだ。

| | コメント (0)

だれも知らない国で

Daremoいやあこれは懐かしい。新潮少年文庫の初版1冊目である。最近例の核実験で思い出したことと言えば、昔良く読んでいた筒井康隆の短編の中に、核弾頭をセロテープで留めて保管しているgrowing countoryの話。そんなレベルなのではないのかと。そして、よめが図書館で借りてきた星新一の短編集を見て思いだしたのは、昔愛読書として本棚に置いてあったこれ。しかし調べてみるとこのタイトルの本が売っていない。なるほどタイトルが変わっていたのですね。でも内容からするとこの方が合っていると思うが・・・。これは短編集ではなくて1冊で完結の結構長い、しかし各シーンは短編集のように場面が切り替わっていくのですが、始めて読んだときはこんなに引き込まれる本はないなと子供心に思ったものでした。この前実家に行ったらまだありましたよ。さっそく読み返してみました。今でも覚えているくらいのインパクトのあるストーリーは現在に読んでみても特に時代を感じさせない。当時は非常に気に入った本として、デゴイチの唄と並べて本棚に入れてありました。この本を小さい頃に読むと、そのあと熱が出たりしてうなされたときに見る夢が変わるかも知れませんね。いやぁ影響されているような夢を見たことがあるかも・・・。

| | コメント (0)

MH提携?

Jpwmhketまたまたまたまたまた行ってきました。景品もらいにジョーシンに。今回は2000円買わないともらえないそうで、なくなったら終了だとか。字が反対ですがHWでなくてMHですね。大阪つながりでMikiHouse35周年と提携しているそうな。膝掛けとしてはプーさん、犬に続いて記憶では3つめか?いやもう一つくらいあったか?いやプーさんはJCBか。わすれた。
今回は例によって宇宙人色のCDケースと、量販店では結構安いと思われる1G2780円のはぎわらUSBメモリーを買ってきました。miniSDやCFは格段に安くなったとはいえ、まだまだオートメ浜田とかアキバおーとかどんやの値段には勝てていませんね。あちらはSD2Gで4000円切ってしまっていますわね。mini1Gで2500円しないとかこれではメモリー屋はもうからんですね。32Mのスマートメディアをうん万円出して買ったのはそんな昔ではないのに・・・。しかも折れてしまうし・・・。
Jpwmhtk2ポリエステル100%ながら、汚れたりたばこの匂いがつくことを思えば、女性が会社に持って行って使うにはお手頃で良いのではないですかね。さて、恒例の大きいテレビの物色ではほとんどがフルHD対応になってしまっており、一時より値頃感のあるのが逆に減ってしまっていますね。でも解像度実質倍くらい高いのに値段はそんなに高いわけでもないところはすばらしい。比べてしまうとノーマルタイプ(100万画素くらい?)はちょっと見劣りしますね。ソニも、一時ノーマル40型が20万くらいで売っていたりしたのでうっかり買いそうになりましたが、フルHDの方見ると5万くらいの差ならそっち買わないとと言うところですか。しかし台(ラックではなくて、テレビの足のこと)が高いねぇ。台が標準で付いてないやつはつらいですな。台が5万とか言われても。プラズマも消費電力は結構低くなっているようで昔のように裏にファンが4つもついていたりはしないようですが、どれくらい持つのかがやはり不安。昔みたいに1年と言うことはないでしょうが・・・。地底人対応でないDVD/HDレコーダーも安いですな。200Gでも3万くらいであるのですね。つなぎに買うにはお手頃で良いのかも。セットで売っているのがはたして安いのかどうかはジャパネット見て考えますか。しかし、もし買ったとしてもどこに置くかとなると、配置も含めて今の崩壊しかけのAVラックを一掃しないと無理ですかな。

| | コメント (0)

ヨドバシポイント

Yodoacckeyこの前、聖地のヨドバシでようやくアクセスキーをもらってきた。これでようやくネットでもポイントが使えるようになった。とても良いことである。高額ポイントを狙っていると結構溜まっているもので、昨年はストロボ(430EX)とか、オーブントースターと引き替えたりしたが、まだ結構残っていた。elioカードに切り替えないかといつも言われるが、切り替えても使わないのでそれはいらない。お得と言われても、あらゆるカードでお得が分散されたらどれにもお得にならない。JCBで買うとポイントが2%減ってしまうが、ヨドバシの場合はお店で見てネットで買えば減らないのでポイントカードは昔のだけでいいよ。J&Pもクレジットカードはそれに集中させられないからいらない。ヤマダはまあ現金か否かの選択なので常に2%少なく思っておけばよいだろう。でもこの前タイムセールで33%ポイントなんてやっていたから、それでも31%もあれば充分だろう。最近ヨドバシは.comの値段があまり安くないように感じてしまう。あと残る課題はネットでの長期保証加入ができないことだろう。本来のカメラ系も値段が今一である。カメラ系ならキタムラの方が安いかも。J&Pの通販は当初はおまけみたいな感じだったが、最近はまともで意外にかなり安いものがあったりして、安値ランキングに登場していたりするので要チェックであるか。ヤマダは店頭は結構安いのを見かけるが、ネット価格は魅力がない。BIGはポイントカードばっかり枚数が増えるだけでどうも縁がないので、まあどうでもいい。いやしかし、お気軽に通販できてほとんど次の日には送ってくるなんて、良い時代であるね。

| | コメント (0)

ブロッコリその後

Broccoli_niwa実家の庭のブロッコリを見るとやはり葉がとてもでかい。畑で育てるとやはりこれくらいが普通だろう。でないと大きいのができないわね。ベランダの鉢のブロッコリの葉と見比べて、やはりこれは鉢が小さいということで、最後のナスを切り取って、茄子の植わっていたでかい鉢にお引っ越しである。
Broccoli_hikkoshi抜いてみると既に根っこがびっしり。これはあかんわ。一見容積4倍以上でいくらかましだろう。よい土がないのでとりあえずアイリスの粒状の黒い方があまっていたのでそれとあとはリサイクルものの土と国華園のやすもんと肥料を混ぜて詰め戻した。さあどうなることやら。だいたい2本もあるのがいけてないかな。今度は1本ずつにするか。

| | コメント (0)

スパムか否か

Anamail2穴出刃からリサーチ(アンケートと言うべきか)らしきメールが来た。海外のリサーチサイトから発信しているようで、いけていないノーツメールでは化け化けである。そもそもノーツのメーラーがあまりに使いにくいしいけていないからどうにも対処のしようがないのだが・・・。生データーでもはき出せれば変換のしようもあるというものだが、書き出してもいじられているし、いらんことせずにそのままはき出せよと言いたいところだ。お節介の最たる機能は、プロパティーで見られるメールのヘッダ。そんなせこいサイズで分類する暇があったらさっさと全部見せろよと。あっという間に世間に浸透したノーツだが、このメーラーのインターネットメールの使いにくさがいわゆるe-mailだなんて、ノーツのメールから始めてさわった人はとても不幸な人である。
Anamail1そうこうしていると、追い打ちをかけるように別バージョンのスパムがやってきた。んんん。これなら、英語で送れよと。よっぽどその方が意味わかるぞと。しかしまた、ノーツのアドレス帳の全く使えない仕様と言い、コピペすらうまくいかないノーツのエディット機能といい、ノーツサーバーを使うのはよいとして、別の軽快なメーラーでアクセスさせて欲しいもんだね。それならアーカイブもバックアップもさくさくどんな快適だろう・・・。おもえば昔はそんなかんじで快適だった。ウインドウズのアプリケーションは世のあらゆる出来事の発展、頂上、衰退、輪廻と同様、既に退化の領域に踏み込んでしまったのか。あらゆるアプリの無駄機能による肥大化が昨今著しい。新しいOSが出るから切り替えないとという地球資源を無駄にする考えは捨てましょう。少なくとも実用的に使えているものを換える必要はないのです。ほらあそこにもOS9が68000で動いていますよ。

| | コメント (0)

Scotch CLASSIC

Scotch_classicいやあ、こんな古いのが出てきた。いまだに磁性体のすごい匂いのするカセットである。二酸化クロムとガンマヘマタイトの2層コーティングによる、FeCrポジションのカセットだ。EQは120μの方があっている。後期のデッキだと自動切り替えなので、穴がないから120になってしまう。前出のMASTERとは対照的に、比較的バランスの取れた中低域の厚みのある音がする。さすがアメリカ製だけあって作りがかなりガサである。だいたいヘッドのパッドがスポンジでついていて、既にスポンジは弾力がない。パッドのフエルトのタワシのような荒さ。今からするとあり得ないという構造である。そして、POSI-TRAKバックコーティングなるテープの裏面をざらつかせて、キャプスタンの滑りをなくそうということだろうが、それゆえテープ表面がでこぼこで、非常にドロップアウトやフラッターの多い音である。
Scotch_classic2TDKのSAなんかと比べるとあまりにハーフのつくりのがささが気になる。ヘッドのパッドのことを何というのか忘れたが、普通のバネパッドのついているハーフにロールだけ中身を入れ替えて聞こうかと思ったら、なんとネジがない。はめ殺しケースである。まいった。このテープかなり高かったような気がする。たしかに音は悪くないし、NRなしでもあまりヒスもない。さて何が入っているのかと思ったら、ありました。ジェットストリームが。あんまり長く載せたら怒られそうなのでちょっとだけいやあなつかしい。こちらの方がやはり風情があるね。UFOの飛んでるようなSEもありました。そういや、このテープを家から取ってきたとき、ちょうどポールモーリアの45回転LPが目について見ていたらなんと、次の日ポールモーリアまでもが他界されたとは・・・。これも時代の流れか。

| | コメント (0)

ヘッドパッドが来た

Headpadだいぶん前(2002.10.5 名器ヘッドホーンAT-HW10VTGのイヤーパッド交換)に、イヤーパッドの方は交換したのだが、今度はヘッドパッドの方が腐ってきて、ねちょねちょである。(昔のページはタグが振ってないので日ごとに飛べないのですが、真ん中へんにあります。)また発注せなと思っていたら、前回はニノミヤに取り寄せてもらったのだが、オーディオテクニカのHPから発注することができた。振り込み手数料がいるが、1000円だった。消耗品を供給してもらえるととてもありがたいね。メール便でそつなく送られてきたが、振り込んだのは12月31日??もう大晦日だったか? これでまた復活したAT-HW10VTGですが、さっそく久しぶりにMDの50ESにつないでみたら、これがまたM-AUDIOのWAVよりもよい音しているかも。デジタル入力の状態でD/Aの音を聞くとあまりいい音でないが、一旦録音して再生すると、D/Aが本来のメイン経路から出てくるようで格段によい音がする。物量だけのことはあるか。いやしかし、パソでCDからWAVをつくって、M-AUDIOのD/Aで聞くのと、YAMAHAのCDプレヤーで聞くのと比べると、これはまたYAMAHAが勝っている。決してMのAKMのD/Aも悪くはないが、YAMAHAのProbitの方が繊細というかナチュラルな音をしている。

| | コメント (0)

音のよろしくないCD

Godiegocdゴダイゴと言えば西遊記か999かビューティフルネームかという感じだが、すでに30周年なのだとか。大阪でもライブをやっていたらしい。いやぁすでにルックスはじじいバンドですな。999なんて79年やものね。いやしかし、このCDは全体的に音が悪い。なんか一太郎のCDみたいだがそうではない。制作年が古いからそんなものなのか、レコードではゴダイゴ自体の音源がそんな悪かった印象はないが・・・。クラシックでも何とか100選とか、なんか集めりゃいいていうもんで無いと言うくらい情けない音のシリーズもあるが、古い録音を見つけてきてシリーズ化しているのか知らないが、なんかもうちょっとイコライジングするなりなんかしろよみたいなやつもある。よくテレビで通販している通販限定懐かしの何とか全集なんて言うのもその気がありそうで怪しくて買えないが、これはコロムビアのCD文庫1800の一つらしいが、なんか全然よい音でない。9.5cm/sでマスターテープをつくったような音している。もうちょっとリマスターするなりなんかして欲しいものだ。それとももしかして昔はやっていたホームレコーディングなんだろうか。全部がそうとも思えないしねぇ。
思い出すのはなんか英語の教育番組みたいなのにタケカワさん、ゲストかVかで登場していて、その番組の講師の女の人、きっとゴダイゴ嫌いだったんでしょうね。英語の歌詞の流暢な発音を、綺麗に聞こえるだけの英語よりも発音は汚くても気持ちが伝わる方がいいと言うこともあるんですよ。みたいなことを言って悪口言ってたのを思い出します。相当前の話です。
マルチトラックのマスターテープが残っているなら、今に耐えるリミックスベスト出してほしいもんですね。
追伸:音悪いなんて言わんといてと言われてしまいました。MP3にしてシリコンオーディオで電車の中で聞く分にはそんな変わらないでしょう。ちょっと低音がこもっているくらいですかね。

| | コメント (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »