« 温泉たまご器その2 | トップページ | たまにはイルカを聞こう »

ケルンコンサート

Kolnconcert新幹線で寝るときは、ケルンコンサートを聴いてくつろごう。MP3に落としてもpart1だけで24Mにもなるが、かといってビットレートを落とすと音が悪いし。そう、キースジャレットと言えば、そう、山田奈緒子のお父さん幽霊マジシャンといえば、夜のみちくさ55分と言えば、ファンファン大佐は亡くなられたのだ。これも時の流れか。今思えば昔は味のあるFM番組がたくさんあった。「あいつ」とか、小室均の音楽夜話とか、ミッドナイトイレブン(?だったか)とか、もちろん城達也のジェットストリームといい、平日連番シリーズも印象深いのが多かった。マクセルかどっかの提供で、生録の音と音楽をうまく編集してとても旅情を誘われる番組があったがあれはなんて言うタイトルだったろう。一つくらい録音したのが残ってないかな。大井川鉄道とかいい音していた。いい音と言えばクリエーティブメディアからXMODなる謎のアダプタがリリースされた。24bitクリスタライザーとは何をしているのだろう。シンプルイズベストの精神からははずれるが、ナイキスト周波数近辺の波形をDSPで成形し直して1/2サンプリング周波数以上の成分を復元しているのか? 横軸が何なのか謎なグラフが載っているが、これはどんな音がするのかとても聞いてみたいところだ。そんな優秀なDSPがあるのなら、MP3プレヤーに内蔵すれば良いのに。良い音と言えば、旭化成からもジッターが1/3というcodecの広告が出ていた。一昔前のCDプレヤーと最近のとを比べると、ダイナミックレンジやひずみ率が断然良くなっており、いずこでもチップの進化がうかがわれる。そんな優秀なcodecがあれば、またまた良い音のオーディオインターフェイスができようというものである。録音ソフトも単純に取り込むだけならいけるのかも知れないが、ビットレートなど変換をかけようとすると、内部演算をどうやってやっているかで音が悪くなってしまう。やっぱりsamplitudeあたりでないと、floatで演算していないのかも。しかし高いね。もうちょっと安くて音のいいのないかね。

|

« 温泉たまご器その2 | トップページ | たまにはイルカを聞こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 温泉たまご器その2 | トップページ | たまにはイルカを聞こう »