« プログラムタイマー | トップページ | やすもんワイコンの解像度 »

シガMP3拝見

Kmp338pcb1なかなか中身まで吟味する暇がないものでしばらく置いてあったのだが、やっとばらしてみた。もっとガサかと思ったが、結構詰まっている。FMモジュレーターはロームのBH1417でサブ基板になっている。こんな便利なIC昔にあったら、初歩のラジオかラジオの製作に記事載せてみんなで作れたのにね。周波数の切り替えはまさにこのICのアプリケーション通りというか、いちいち変わるのはとてもうっとおしく、裏面にDIPスイッチを付けるべきだろう。LED一個一個にデジトラらしきものが使われていて、まあソフトで2進変化させてLED付けて表示しようと言う発想は解るがとても実用的でない。おもて面は結構なものが付いている。なんと512のフラッシュが乗っている。USBポートからファームの書き換えもできるのだろう。LED光らせたいなら、シリアルROM付けて周波数を覚えるように位して欲しいところだ。
Kmp338pcb2あとの2つはCHESENのチップセットなのだろう。CSC1220には8051コンパチコアが入っているそうな。MP3デコーダーはCSA3001と言うチップのようだ。電源USBポートにはちゃんとポリスイッチも入っているし3端子レギュレターで5V出しているようだ。白い線はミニジヤックをUSBの信号線にもつないでいるもの。これは当初から配線することでそこをアンテナとして機能させようとしていたのか、ミニジャック側の線だけANTになるようにしか考えていなくて、あとからUSB側をANT線添付して使おうということにしたので配線を追加したのかどちらかだろう。CSA3001の中にはイコライジング機能もあるようだからもうちょっと聞こえがよいようにイコライジングして変調かけるファームを作って欲しいものだ。ミニジャックに入れた音はわりとちゃんとなっているから、MP3のデコーダー出力の音が今一なのだ。
一ついけていないのは、挿しっぱなしでは動かないことだ。(あまり使い込んでいないのでなんか方法あるのかも知れないが)USBメモリーは電源が入ってから挿してやらないと認識しないみたいだ。それは今一だ。リセットボタンでUSB認識しに行かないのかね。とてもスマートでない使い方しかできないと言うことか。まあ既に今やカーステのフロントパネルにUSBポート付けてMP3が再生できないといけない時代かも知れないね。下位グレードにカセット付けるのはそろそろやめて欲しいもんだ。せめてCDにせよ。メカもその方が安いだろう。CDメカ付けたのならMP3ファイル読めるようにして欲しいもんだ。

|

« プログラムタイマー | トップページ | やすもんワイコンの解像度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プログラムタイマー | トップページ | やすもんワイコンの解像度 »