« パイン集成材その4 | トップページ | スタビロッド »

天井裏扇風機

Yaneurasenうちの天井裏は屋上の直下なので、かなり暑い。日照りが続くと天井裏は相当蒸れている。通風口はあるようなので適度に風は流れており、湿気っているわけではないが温度は高い。そんなところにカシオのワイアレステレビの親機と、VDSLモデムとバッファローのいけてないルーターと、ちびハブが置いてあるので、それらの行く末が心配だ。動いているとしても寿命が短くなるだろう。少しでも風が当たっていると温度は下がるので、悪徳リフォーム業者御用達のゆっくり回る床下ファンみたいなのをつけようかと思っていたが、手っ取り早くしばらく扇風機を置いておくことにした。
Moritaそろそろ扇風機類は処分価格になっているようなので一つ1000円引きで買ってきた。モリタの山のようにある扇風機の中ではすっきりしたデザインでプラスチックの質感も貧相ではなく、はやりのマイナスイオン高圧ユニットもついている。全高が低いのが天井裏には最適か。首振りはしないがファンの前の斜めスリットが電子レンジのターンテーブルのように回転するようになっており、風向きを周回させることができる。難点を言えば弱があまり弱でなく結構強い。揺らぎ運転みたいなのがついている座置きの普通の形をした首振りだと、とても緩い回り方をしてくれるのがあるが、それが欲しい。いやしかし、普通に使うのにこちらの方が便利なので、結局これはお部屋で使って、古い首振りを天井裏に配置した。

|

« パイン集成材その4 | トップページ | スタビロッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイン集成材その4 | トップページ | スタビロッド »