« せっそうないしそ昇格 | トップページ | なす »

くも

Kumo1今年はくもがベランダにたくさんいる。くもさんはハエを食べてくれるているのでいてくれてもいいのだけれども、人の通るところとお部屋の中に入ってきてくもの巣を張ってもらうのだけは遠慮して欲しいものである。隅っこやトマトの枝の間のくもの巣はそのままにしておこう・・・。昔小さい頃、押し入れの棚と壁の隙間にタコの肌を灰色にしたような直径15mmくらいの固まりがあって、これは冬眠しているくもだろうとすぐ気が付いたのだけれども、どうしても気になって怖くてその部屋で寝られないので、仕方なく懐中電灯の光を当てて、棒で突っついてみた。そしたらむこうもびっくりして飛び出てきて、はい出したのはよいがこれが結構でかい。足を伸ばすと手のひら以上ある。そいつが、紙コップをホチキスで20個ほど箱に留めた部品入れの上に逃げた。紙コップを一つずつ落ちてははい上がって落ちては次の紙コップにはい上がってとがさがさ音を立てながらとても苦労しながら横切っていった。むこうも逃げているのだけれども、手のひらより大きいと、やはりどきっとしてしまうね。そのあとどうしたのか忘れたけれども、たぶん窓を開けて外に逃げてもらったのだと思う。おーこわこわ。

|

« せっそうないしそ昇格 | トップページ | なす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せっそうないしそ昇格 | トップページ | なす »