« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

パッチーな充電器

Rwsq1さてこれは近所から通販で買った充電器である。純正に比べて良くできているのは、カーバッテリー入力があるところか。純正だと別物としてあるが、これは線が付いていて、どちらにも使える。この辺が台湾製の痒いところに手が届いているところのちょっと便利タイプだ。リチウムイオンバッテリー充電器はいろんなものに対応できるように、ガイドプレートが交換できるようなやつもあるが、これはあらかじめタイプ別に組んでしまってあるやつのようではずれるようにはなっていなかった。プラグも携帯充電器みたいにちゃんと折れて収納できるようになっている。電圧もワールドワイドで、カーバッテリー入力も12/24両用だ。
Rwsq2ガイドが奥にしかなく、結構宙ぶらりんなはまり方で充電しないといけないので、車の中で走りながらだと、うまく置いておかないとバッテリーがはずれて飛んでいくかも知れない。なにやら接点をカバーする用と電池押さえを兼ねているような中途半端なダンパーも付いてるがあまり意味をなしていない。バッテリーガイドの種類によってはちゃんと閉じるのかも知れない。接点は2つしかなく、温度センサーの接点は使われていない。通常こういう充電器は小さいCPUが入っていて、インテリジェントに充電管理しているようだが、温度は見ずに電圧と電流で制御しているのだろうか。
Rwsq3一応それなりの時間で充電が完了してLEDが緑に変わる。純正のようにLEDの点滅回数で容量表示はしたりしない。まだ中を開けてみていないが、シールに隠れてネジがあるので時間を見てこんど開けてみよう。なお当然ながらPSEマークは付いていないが、まあ便利に使えるものにあまり堅いことを言うこともないだろう。

| | コメント (0)

USB2+1394ボード

Usb1394ノーパソにはi-linkが付いていたりするのだが、タワーPCに1394がないのでUSB2のボードと入れ替えようと思って、コンボカードを買ってきた。昔はfast-scsiのカードでもどんな安くても1.5万くらいしていたが、今やしぇんえんにしぇんえんでこんなん売っている時代なのね。こんなん売ってももうからんやろし、商売になっているのかね。それゆえ俺コンも本来のu-bonショップに回帰したのかね。ところが、パソの裏に潜れないので手探りで挿していたら逆向けだったみたいで一つ中の白いのが奥に押し込まれてしまって、裏蓋がはずれて、コンタクトがスライドして2ピンほど断線してしまったでないの。これは買ってきて直すしかないか。
Usb1394_1まあ、残り3ポート動いているのでそのうち直すかね。それよりコンボでスペースセービングなのはよいのだが、スロットの隙間が狭くて、一番端のスロット以外ではUSBのプラグがスロットの枠を越えられなくて、一つも刺されへんではないの。ケース削るか板金ゆがめるしかないのかと思ったら、一番端のスロットだけ少し幅が広くてプラグがささることが解った。仕方ないのでスロットをずらして、これまためくらでさしていたらこれですわ。

| | コメント (0)

ファミコンパチ

Famiconpachi1おっと、ファミ・コンパーチブルときましたか。パーと延ばすところがおしゃれですね。しかも1100円やって。ふざけているというか良心的と言うべきか。一応動きますねぇ。ゲームパッドもいつまで持つのか解らないけど2つついているし。ACアダプタも付いているし。アンテナはずさなくて良いので、ビデオ出力が付いているのがよいですね。そういや、もう1種類、中にあらかじめ何種類かゲームをコピってROM化してあるのも売ってますね。

Famiconpachi2まだ中見てませんが、ちらっと隙間を見るところによれば、ベークに直にチップをボンディングしているのか。999円のMP3よりすごいことかも知れません。ビデオゲームはやはりこの世代の単純明快なシューティングタイプのが本来のあるべき姿でしょう。パソに持ってくるよりもこのゲームパッドでピロピロやるのが良いのではないかと思うのです。

| | コメント (0)

安いminiDVテープ

Jvcdv60999いやぁ、miniDVのテープも安くなりましたなぁ。これは逆輸入でしょうか、輸出用のはぐれものでしょうか。6本で999円でした。上新の割引チケットで5本で1200円というのは良くありますが、もう一声きたかて感じですね。実はわたくしビデオカメラにはあまり興味がなくて、いや、ものとしてはおもしろいのは解っているが、金がかかりすぎるのであえて興味を示していなかったのですが、世間はすでにDVDで録る時代。DV版のこれまたなんと安いこと。てなわけでついminiDVテープがはまる機械を手に入れてしまいました。いやしかし、たしかに映像の記録は貴重ではありますが、音だけつまり生録の音の方が過去の場の再現はよりリアルに感じたりします。そこに絵があると音のクオリティは半分でも1/3でもモノラルでも耐えられたりしますが、音だけだとやはりそれなりのクオリティが欲しいところ。そう、カセットを保存しようと言いつつ全然できてませんが、タイムリーというか何というかnikkeiのデジタルアリーナで特集してますね。そう、初版のサンブラライブもそれをやりたくて買ったのですが、まあ今でもそんな悪くはないですが、初期のUSBオーディオ機器は実用に耐えなかったですがUSBが安定した昨今、USBでつなぐ外部audioインターフェイスの方がs/nがやはり良いか。一つ目を付けておく必要がありますかな。edirolもまたR-09なんて超魅力的なの出してますね。あーつらいつらい。

| | コメント (0)

スチームクリーナー

Powersonicスチームクリーナーと言えば一時期TVショッピングでよく見たものだが、最近はなぜか高圧洗浄機の方に注力しているようだ。有名なところでは今回はフルセットをおつけしてのオズマかペンギンみたいなエレクトロラックスか黄色いケルヒャーかというところだが、バスタブの裏っかわの垢を落とすのに欲しいなと思っていたので、そのどれでもない謎のスチームクリーナーが6500円だというので買ってみた。
Jetsteam1なんと予想以上にでかい。どこにしまっておくというのだ。と言うくらいでかい。なんか組み合わせパーツがいっぱい付いている。ペットボトルみたいな水さしまでついている。メーカー不明とはいええらい安いが、在庫処分か。どうもそのようである。昨今PSEマークしかりあまり古いものは売れなくなるのではやく処分した方がよろしいということだろう。

Gumfadecolor製造年が不明だがおそらく2年以上は経っていそうである。もう少し経っているかも。ゴムが中国製のゴムらしく、硫化が下手なのと硫化剤ゴム共に原料がいけていないところからだろう。持つところの根元の折れ止めのようなところが変色してきている。パッキンのOリングはまだいけそうである。ゴムや樹脂ものは劣化してくるので一生モンではない。適度な期間使えたら良しとするべきだろう。見た感じではヒーター等が切れなければ3年は持つかな。
Axpro2水は石油ストーブみたいにボトルに入れてボトルをさして供給する。口は真鍮でできていて結構しっかりしている。中の圧力が上がると蓋が空回りするようになっている。水は結構大量に1.7リットルもはいる。今時の小さくなった掃除機よりもでかい。昔の掃除機に付いていたような、圧力計が付いている。どこが押せるのかやや不明な電源スイッチとヒータースイッチがついている。ランプは電源と、ヒーターと、プレッシャーが上がってきて使用可能になったことを示すスチームランプと、水切れの給水ランプが付いている。噴出量を調節するつまみも付いている。
Axpro3さて肝心のスチームの出かただが、本体がでかいだけあってめちゃめちゃ強力。maxでは怖いくらい出るので少し絞っていてちょうどか。しかも1.7リットルもはいるのでなかなか無くならない。ハンディタイプのようにすぐ水が無くなって何回も給水し直さないといけないのとは大違い。収納場所にマジで困る大きさだが、パワーはすごい。そうもう一つこれを欲しかった用途はエアコンの送風ファンのフィンを掃除したいから。最近お掃除機能が付いたエアコンが増えたが、どれもエパボレーターフィンのところのほこりだけで、rotorのファンのフィンを掃除するものはないだろう。たばこや蚊取り線香の脂が無くても、「エアコンは自分で移設しよう」に登場したSANYOのエアコンなど、フィンの間の隙間がなくなるくらい真っ黒な汚れが付いていた。これはほこりにカビが生えたりして固まったものだが、なかなかこれはエアコン洗浄スプレーくらいでは取れないので、高圧か、高温のスチームで洗浄したい。もちろんこれをやるにはダスキンのエアコンクリーニングみたいにビニールの袋を下に据えて下に垂れても良いようにしてやらないといけないが。エアコンの構造も、この送風ファンのフィンの円筒が簡単に取り外せるような構造にして欲しいものである。下からルーバー等をはずしていけば、ぽこっと取れるようにはやればできると思うが。そうできればはずして水洗いしてとても気持ちがよいのだが・・・。

| | コメント (2)

粗MP3プレヤーつづき

Ma8201なるほどシンプルですね。かなりガサではありますね。MA8201なるワンチップがあるのですね。HP見るとCPU別付けみたいな構成に書いてありますが、それにCPU内蔵のワンタイムというのがちらっと見受けられるのでそれですか。基板的にはFLASHのパッドがあるので、ここに実装すると内蔵メモリにもなるのでしょう。電解むき出しで、日経かどっかでばらした写真の載っていたipodの意外にも洗練された作りに比べるとゴミのようですがこれでも動くところがすばらしい。まあしかしここまで使い捨てライクにできていると、どこかの博物館のガイド音声用に見学コースの終わりにはどうぞご自由にお持ち帰りくださいと渡してもいけそうなアイテムですな。なんか見学コースのセンサーの信号を受けるようにできたら、オズワルド博物館(だったか?6th floorだったか。ダラスの)とかで使えそう。8MくらいのSDを4カ国語別とかに用意しておいてね。

| | コメント (0)

ナイトスター

Nightstarまたまた懲りずにもらいました。JCBのポイントで。昨年はいけてないマルチパワーステーションでしたが、これまた懲りずに懐中電灯シリーズナイトスターをもらってみました。HCなんかで見かけますが、ぱっちーなものからえらい高いものまであるようで、これは高い方のやつでしょうか。HPを見ると自衛隊や都道府県の防災や消防にも採用されているのだとか。なるほどスパコンにチャージして高輝度白色LED1灯なら、結構な明るさで結構な時間点くのですね。この手のキットというか実験回路は以前からありましたが、こういう風にまとめるとたしかにうまくできている。スパコンは表記がよく見えませんがこの大きさなら0.1Fくらいか?それでもたしかに20分くらい点いている。明るいところでは明るさが不足していると感じますが、真っ暗なら充分人の目には前照灯になり得る明るさですね。まあ携帯のバックライトやカメラの照明LEDよりは集光されているので明るいですか。スパコンと言えば湯沸かし器の点火用とか設定記憶用のバッテリーバックアップとか、懐かしいところではチョロQの電池版みたいなやつ昔ありましたね。単1の入ったスタンドからミニカーにチャージして電池の持つあいだ1m径くらいのコースをびゅんびゅん走るやつ。あれのミニカーにはスパコンが入っていました。最近はピーク電力を一時的に供給するように結構大きい容量のも実用化されているようで、電池の技術も進歩したものです。そう、この前、日本ガイシのNAS電池のニュースが流れてましたが、そんな装置がすでに実用化されているのかと最近のNEWSを思わず熟読してしまいました。
Nightstar2なるほど、安物は振ると中で磁石がかたかた当たりますが、両端に反発用磁石が入っていてスムーズに振れるようになっている。強力な磁石とこれだけのコイルでも結構なパワーですね。リフレクターも非常に効率よい形状にしてある。スイッチはリードスイッチですか。これならたしかにガスが充満していても火花が出ないから点火してしまうことはありませんね。
Nightstar3300m防水というのは本当かどうか。密閉構造ではあるようですね。光る方の先が接着してあるのか。アクリルのように超音波融着されているか。ともあれ、思っていたよりはちゃんとしていて、単機能ゆえ構造もシンプルでこれはたしかにいざというときには役立つかも知れません。去年のよりはあたりですかね。

| | コメント (0)

今日の収穫

Amanagaいやいろいろ話題は無限にあるのですが、なかなか眠くてだめですね。何せ夏は苦手です。しんどいです。さて、満願寺唐辛子をほっておいたらいつの間にかえらい大きくなっているではないですの。さっそく摘んでみたら結構な量。これはこれまた甘くて美味しいですわ。この前のおくらは2~3にち留守にしていたら大きくなりすぎて茹でてみたもののすでに筋筋で食べられず。今日はやや小振りながらもう1日という感じもしましたが摘んでしまいました。これは柔らかい。
Ooba大葉はやや栄養不足か緑色が足りませんが、豊富に茂っており摘んでやらないと下の方に日が当たりません。今日はまあ食べられそうな分だけ収穫。季節柄赤い小さい葉ダニがいたりするので一応綺麗に一枚づづ洗わないといけませんかな。まあ何と合わせても美味しいですね。

| | コメント (0)

バッテリーパック

Libatpack世間ではすでにリチウムイオンのバッテリセルもそんなに高価ではなくなったというのに、そう初期の携帯のバッテリはまだニッケル水素で、リチウムイオンのバッテリパックはオプションの別売りで1万いくらしていたねぇ。純正のバッテリはとても高い。ゆえに粗悪なコピーものが出回ってしまうわけだが・・・、ブランドまで摸そうとしているいい加減なものはどうかと思うがそうではなくて、シリコンで型取って大きさ同じに作られたパックで普通にちゃんと作られていて、まともなセルで実用上使えるならそれを使わない理由はない。てなわけで、いろいろある安いやつのGPブランドのセルというやつを買ってみた。ノーブランド中国セルだともっと安いのだが、GPブランドのはまだ良い方なのか純正の半額という感じの値段だった。中国セルのはやはり不純物が多いのだろう、充放電サイクルが何回持つか怪しいというのは一般的な見解だ。ニッケル水素のGPブランドの東海道線カラーの単3単4はかなり前から出回っているが、結構まともで少なくともcamediaに付いていたオリンパスブランドのよりも長持ちしている。かれこれ32本は使っているがはずれはなかった。結構使っているが、ようやく初期の1600のがへたってきたかと言うくらい持っている。最近は単3で2700なんて言うのが出ているが、かなり熱くなるようで過激に充電すると破裂しかねないようだ。そんなわけである程度の品質はあるようなので買ってみたがまあ普通には使えている。あんまり綺麗ではないが端子も金メッキされているし、何回の充放電に耐えるのか解らないがまあ3800円くらいなら酷使すればよいかと言うところだろう。容量は写真の純正の小さい720のよりは倍くらい持つ感じだ。一緒に充電器も買ったのだがそれのインプレッションはまた今度に・・・

| | コメント (0)

さくらんぼだいふくとはこれいかに

Sakuradaiだいふくシリーズさくらんぼバージョン。さくらんぼを大福にしますかな。枝を出してお餅巻いてんんんちょっとイメージが違いますかな。これはさくらんぼの酸っぱさに餅がまけてますな。やはり甘いイチゴか、つけ込んだ梅の方が餅との絡みは良い感じですな。でっかいさくらんぼなのでさくらんぼ自体はとても美味しゅうございますね。

| | コメント (0)

シソの敵現る2

Shaku1またまた、ちょっと目を離すとこれですかね。またでかくなってますね。ちょっとぶとりすぎてもう枝には見えませんな。しかしまた見ているとなんと食べるののはやいこと。みるみるうちに葉っぱ1枚くらいすぐ無くなりますね。そして黒いうんこをどんどん生産しておる。しかもこれくらいになると両端の足が強力で引っ張ってもとれない。無理に引っ張ったらちぎれてしまいましたわ。
今日はまたえらい暑かったですが、やっと梅雨が明けるのか。かんかん照りでアブラムシも暑くて減りますかな。キノコが生えるほど湿気っておるのでここで一気に昼間に乾燥して欲しいものですな。

| | コメント (0)

安いminiSD

Msd_2798いやぁ、1Gで2800円しないとはこれまた良い時代になりましたねぇ。この前999円MP3と一緒にムンクの叫びの512Mを1904円で買いましたが、それよりも割安ですな。まあ、SDデジカメにもMP3にも携帯にも使えて言うことなしですか。SDも出たときはまた変なサイズのメモリー作りやがってと思っていましたが、軒並みぺらぺらして割れて動かなくなってしまった結局もっといけてないスマートメディアよりもましでしたね。これもぱっちーなめーかー製ですが、実用上支障ないようです。MP3なら半日分は入りますかな。MPEG4ムービーも1Gあると大分入りますわな。もう一つかっといたらよかったかな。今度行ったら買うかな。

| | コメント (0)

安いCF

Cf1g_3799いやぁ。1Gでも100倍速でも5年保証でも3800円しないとはいい時代になりましたなぁ。使えるのかいなと思って使ってみたところでは普通に使えてますね。まああんまりでかいのより1Gが複数ある方が便利かも。去年の夏ではRiDATAの1Gの52倍速がやっと1万ちょっとで安いなと思って買いましたが、さらに半分以下とはすごいことです。ところでこれはどこのメーカーですかね。一応日本語の箱に入ってますね。保証書とかも付いている。まあFLASHをちまちま反復させていて5年も持つのかどうか知りませんが、酷使する人は限られているから平均したら5年保証と謳っても知れているのでしょう。内部にカウンタを持っているなら、酷使してエラーだと言われてもこれは書き換え回数的な寿命ですね。と言えば済むことか。いちおうレーザーマーキングでロットも明記されているし、内蔵のFLASHがどこ製かが知りたいところですが普通には使えそうな感じですかね。

| | コメント (0)

電話台を作ろう

Teltable1棚の製作は、途中で止まってしまっているのですが、塗装というか、ワトコオイルを塗ろうと思いつつ、ものを置かれてしまって3段目もまだ手がつけてられないという状況です。ビーチは塗装しないと反りそうですね。棚板にしているのは微妙に反ってきてます。パインはそう急がなくても大丈夫そうですが、天気の良さそうな日に一回ばらしてベランダに出してオイル仕上げをしたいですね。さて、電話を乗せる蓋をつけないところの台の奥行きが微妙に足らないので、スライドレールをつけて引っ張り出せるようにしました。レールを埋めるのに1/3程くり抜きましたが、こんなに削ると反るかな??こちらもまた塗装はあとでするとして、付けてみたところ。周囲もルーターでちょっと角を落として仕上げていい感じですかね。こんなくりぬきはなかなかルーターがないと時間がかかって無理ですね。これくらいでも掃除機の紙パックがいっぱいになるほど切りくずが出ました。なんかうまいこと掃除機の先を取り付けるアダプタを作らないとあきませんな。写真は底から見たものです。

| | コメント (0)

ミニトマトと未来少年コナン

Minitomatoつづいてはミニトマト。これはまたどんどん赤くなっていて、節操なさが幸いしていっぱい成っており毎日いただけております。取れたては生ぬるいがちょっと冷やして食べると甘くて美味しい。
いやしかし、コナンというと、未来少年ですかね名探偵コナンですかね? もちろん未来少年ですかね。かれこれもう某有料放送でやっていたのは1978年とはえー28年も前?? これは見ていましたね。キャビネットが木でできたコロムビアのカラーテレビで見ていましたね。しかも設定は2008年とかそんなんではなかったかと。非常に現実的な話であり、ミサイルの飛び交う昨今、宇宙戦艦ヤマトなんかよりも技術的にもかなり現実味を帯びていて、恐ろしいほどです。ニュータイプの走りもラナが始まりかも知れないし、あのインダストリアの三角塔にそっくりなNTTかどっかのビルがどこかにできたのですが、どこでしたかいな。車で通りかかって、同年代の数人がこれは三角塔(コナンに出てくる)やなと言ったのを覚えています。この後の宮崎アニメの登場人物がすべてコナンの登場人物に似ていて区別が付かなくなるのは仕方のないことか。ファミ劇やってくれますね。26話16時間一挙放送とは。録画したのでRAMに落としてぼちぼち楽しみに見させてもらいますわ。

| | コメント (0)

やっとオクラ

Yattookura今年は適当に種を蒔いていたらなかなか大きくならなくて、なかなかできなかったおくらさんだったが、やっと一つめができました。これくらいで採ってきてちょっと茹でて納豆に入れて鰹節かけたらとっても美味しいですね。それ以外のは、獅子唐と相変わらず実をつけているイチゴです。 獅子唐もほってる間になんか葉っぱに元気が無くて枯れかけているか?と思いつつも、気が付くとこんなに成っていました。これもまた、網で焼いてお醤油つけたら美味しいですな。もちろんこれら野菜シリーズのガーデニングは実益を兼ねており、最終目的は食べることなのです。でも毎日採ろうと思うと畑借りないと無理でしょうね。そこまではちょっとパワーがないです。次は1週間後くらいにはまたいくつかなっていることでしょう。おくらは一晩でにょきにょき伸びるのででき出すと3日に1回は採れますかね。

| | コメント (0)

ハンディスポットライト

Handyspotこれはハンディスポットライトである。かれこれ10年以上前に980円だったか1980円だったかでハーフプライスだったかジェーソンだったかで買ったような気がするが、結構丈夫でまだ原形をとどめている。バルブは交換可能で、ヘッドライト用のH3バルブがそのまま付いている。前面はあまり透明度はないが、ガラスが入っており、リフレクターも樹脂ではなく綺麗にメッキした板金でできている。わりとうまく曲げてあり、けっこうスポットな投射ビームになる。シガライターから引っ張ってきて、夜に車外で作業するのには重宝している。しかしとうとう線が断線してきており点かなくなった。引っ張ってみると付け根あたりが切れており繋いで半田付けして収縮チューブをかぶせて復活させた。なんとまたスイッチはスライドスイッチだが、この電球の電流に耐えるのかという気もするが、それを言い出すとハンドルのコンビネーションスイッチの接点なんてもっとちゃっちいし、純正ではスイッチ直だったりしてリレーで駆動していたりしないだろう。ホーンはリレーが付いていたりするが、逆起電力でスイッチがやられるからか? まあ一応復活と言うことで、引き続き活躍して頂こう。

| | コメント (0)

999円プレヤー

Dn2000pacすでに1ヶ月ほど前ですが、やはり粗なものの粗加減に興味を引かれてついつい買ってしまいました999円MP3。いやしかしこれが1000円で作れるというのはすごいことです。もちろんメモリーは別売りですが、もしや穴出刃の粗FMラジオより安いのかも。しかも箱まで凝っていて、中のトレーをざらざら仕上げにして少しでも粗でない風に見せているし、なんと箱にマグネットが埋まっていて、蓋がぱちんと閉まるようになっている。もちろん実用性と性能は不明ながらストラップ型インナーヘッドホンが付いている。USBケーブルと出所不明の怪しい電池も1つ。この努力を評したいところですな。もちろんばらしてみましたが、それはまた今度載せるとして、まあものはやはりそれなり。それでも表面をしぼ加工というかざらざら仕上げにしてこれまた少しでも粗なところを隠す努力がされている。ちょっと使ってみたところでは、電池が抜けない。ここはリボンを1枚つけてほしいところか。電池の蓋がちょうちゃちい。操作にコツが要る。なれないと起動できない。曲の切り替わりはFO/FIさせていてちょっと凝ったプログラムになっている。このパソのUSBで転送すると途中でLOCKするので、パソで書き込む必要がある。付属のインナーヘッドホンとのペアでは、人生落胆の失望的な音だが、ちゃんとしたヘッドホンだと音は比較的癖のないノーマルな特性でLPのMDよりも良いかも知れない。てな状況です。まあ実用性はさておき、話のネタには良いかも。いやしかし今となっては、処分価格、放出価格なんかだと2980くらいで結構な128Mくらいの売っていたりするので、結局は高いかも。まあ、文句を言うような物ではないですがね。

| | コメント (0)

ピーマン

Pman1このところガーデニングネタばかりですが、ベランダでも結構いろんなものが採れるのだというところで、DASH村憧れの方には頭が下がりますが、なんとなれば有事には芋も栽培するか?と言うところでしょうか。まあ電気が止まると水が出ないので、雨樋パイプに分岐をかけて屋上に振った水をためますかな。常磐線に乗って東京方面に向かっていると、金町あたりだったか、2Fの窓の下に太陽電池のパネルを外の壁にはみ出して付けておられる家が見えました。やりますね。最近のパネルは効率も良いようなので、一部屋の照明くらいはまかなえるのかも。少なくとも筑波の住宅街で風力発電のような、永久機関の夢を見たような自治体よりは現実的でしょうな。
さて、お写真は今日のピーマン。なんか室内みたいな光の感じですが、ベランダの軒先部分がガラスなので、午前中は太陽が直接差し込んでいないから、ガラス越しの光線の方が強いからでしょう。ピーマンをほっておいたらいつの間にか結構大きくなっている。さっそくもいできてサラダに入れて頂きました。もぎたて3分前というわけでこれは文句なく新鮮でおいしいです。

| | コメント (0)

去年の梅酒

Umeshu05これは去年の梅酒である。普通梅酒は結構かりかり梅のような青い梅でつけるものだが、漬けるタイミングを逃した買ってきて大分熟してしまった梅干しを漬けるよりももっと熟したもらいものの梅をだめもとで漬けたものである。これはあかんの違うといいながら、さてどうなるのだろうと思っていたが、途中梅が全部浮いてきた状態で、柔らかい梅で水面が埋め尽くされて柔らかいのでかき混ぜることもできず、瓶を振っても混ざらないし、どうしたものかと無理矢理混ぜたら梅が崩れてしまってもやもやになってその梅は捨ててしまったりして、これはやはり失敗かと思っていたが・・・、梅干しだとカビが生えたりして全く手のつけようが無くなったりするが、梅酒はカビは生えてこないのでとりあえず置いておいた。9ヶ月目くらいにちょっと飲んでみたら、まあ悪くはない。普通の梅酒とはちょっと違う、なんかピーチテイストな、とてもフルーティーな味の梅酒になってきた。1年経ったところで、この梅酒は熟した梅で漬けたフルーティー梅酒として完成した。なかなか今までにない味でこれはこれでいい感じである。しかも梅がこれまたかりかりでなく、梅大福の梅みたいで、柔らかくとてもおいしい。梅に味が残っていると言うことは、梅酒に溶け出した梅の成分は少ないのかも知れないが、その分梅も利用できると言うことでもあり、これならジャムにもなりそうな感じである。

| | コメント (0)

なす

Nasunariやっと、初期の頃のレスポンスに戻ったのか? やっと普通に書けるようになったね。さて、コーナンの処分品のナスの苗は、うどん粉病の気配のままながら一つめの実がなった。地面の畑でもりもり成るのに比べたら、窮屈そうにびっしり根っこを鉢の中に張り巡らして、もっと土があれば大きくなれるのにと叫びながら、かろうじてようやく1つ大きくなったかなと言うところであるが、あんまり置いておいても硬くなるので採ってきて食べた。
Nasutabeまあ普通にナスである。水ナスではないのであまりみずみずしくはないが、実は締まっておりおみそ汁と半分焼いて生姜をつけて食べた。充分ベランダものとしてはおいしかった。2つめがなっているが、もうちょっと大きくなるのにかかるかな。

| | コメント (0)

くも

Kumo1今年はくもがベランダにたくさんいる。くもさんはハエを食べてくれるているのでいてくれてもいいのだけれども、人の通るところとお部屋の中に入ってきてくもの巣を張ってもらうのだけは遠慮して欲しいものである。隅っこやトマトの枝の間のくもの巣はそのままにしておこう・・・。昔小さい頃、押し入れの棚と壁の隙間にタコの肌を灰色にしたような直径15mmくらいの固まりがあって、これは冬眠しているくもだろうとすぐ気が付いたのだけれども、どうしても気になって怖くてその部屋で寝られないので、仕方なく懐中電灯の光を当てて、棒で突っついてみた。そしたらむこうもびっくりして飛び出てきて、はい出したのはよいがこれが結構でかい。足を伸ばすと手のひら以上ある。そいつが、紙コップをホチキスで20個ほど箱に留めた部品入れの上に逃げた。紙コップを一つずつ落ちてははい上がって落ちては次の紙コップにはい上がってとがさがさ音を立てながらとても苦労しながら横切っていった。むこうも逃げているのだけれども、手のひらより大きいと、やはりどきっとしてしまうね。そのあとどうしたのか忘れたけれども、たぶん窓を開けて外に逃げてもらったのだと思う。おーこわこわ。

| | コメント (0)

せっそうないしそ昇格

Sisokakuageビニール袋の中で芽生えたせっそうないしそは大きくなってきたので土ごと鉢に入れて通常栽培に格上げとなりました。密集しているとあまり大きくなりませんがその方が、葉っぱが柔らかくて良いかも。
ココログ復活したのでしょうかね。2日間もとめるなんてよっぽどのことですわね。まあ、小気味よく反応して安定しているのが一番ですわね。いらんきのうはいらん。

| | コメント (0)

たにし

Tanishi今週末は、いっぱい書き込もうかと思っていたのに、あまりのここサーバーのレスポンスの悪さに、書くにかけない状況でしたが、やっと今頃ましですか。なんか一時のsoneを思い出しますね。soneの方は全然書けてないので最近の状況は解りませんが、なにせ、ユーザー数が増えたら欲張ってはいけない。アクセス解析なんて要らないし、正直言ってトラックバックが要らない。レスポンスが落ちるような機能は、追加するべきではない。そのうちまた結局はhtml直打ち(とまでは行かないまでも)のHPblogに回帰するのかもね。さて、近所の田んぼの不気味なピンク色の固まりは何なのかと思っていたら、やっぱりタニシそれもジャンボタニシと言うタニシの卵だったのですね。コントラスト上げてみたけど見えるかな。この中にもひげ出して泳いでるのが数匹いてます。カモはこれを食べているのか? コンだけの卵が全部かえったら、一面タニシですな。と言うことはそんなに孵化率良くないのかも。タニシで稲が全滅することもあるのだとか。柔らかい芽を食べるのですかね。稲に登って卵生むのですかね。そういや稲にもピンクの付いてますね。なんかしかし都会の狭間の田んぼはサラリーマン農家の方なのでしょうかね。農地維持のためでしょうか。今年は植え方が結構適当で、かすっているところが大分あります。他の野菜に比べたらわりと手がかからず短期に収穫できるのかとも思いますが、大した現金にはならんのでしょうね。ご苦労察します。しかし農地を維持してもらわないと、変な建物が建つとうっとおしい。永年田んぼであり続けて欲しいと思う。隣の田んぼのタニシでした。

| | コメント (0)

ヘッドホンの線を治そう

Hpcodengこれくらい写真貼り付けようとすると、3時間がかりですね。画面戻ってくるまでに木を切って工作ができますわ全く。そんなわけでパナのヘッドホンの線を治そうと思いつつ、身売りできる線として例の穴出刃粗品についていた人生落胆の音のする粗品ヘッドホンのプラグを使おうかと思って切ってみたら、なんとこれまたここまでけちっている線は始めて見た。芯線が1本しかない。がはははな笑うしかない線である。これはだめだ。ゴミ箱行きだ。
Ext3m
ダイ粗にないかと思っていたら、なんと3mの延長コードも100円とな。まあ金メッキではないが、先もL型だし良いかなと言うことで、餌食にして切ってみた。おっとこれはまだまとも。もちろんOFCケーブルな訳がないが、コアのナイロンに超繊細網ケーブルがかぶっているのより、こういうナイロンと一緒に巻いてある方が結局切れにくい。
Hpcode100DCプラグやステレオミニやトリプルミニのケーブル付きモールドの片切のものは、聖地に行くと売ってはいるが、3mもあると100円ではないだろう。まあちょっとシースの材質がテカっていて安っぽいがこの際我慢しよう。


Hprepairフックのところをばらして、その中に線を半田付けして埋めて、再度瞬間接着剤で線もとめて蓋をする。ややジェルタイプの瞬間接着剤が使いやすい。そう、瞬間接着剤は吸湿して固まるので冷蔵庫に入れて湿気を避けているとやや長持ちするが、結局白くなって使い切る前に固まってしまうのが定めである。となるとリーズナブルのでよいかと言うことになるが、これまたダイ粗の瞬間接着剤シリーズはどこと提携しているのか知らないが、日本製であり一応中身はちゃんとしているようだ。使い切れないのなら4gでも多いぐらいであり、これは重宝する。
Panahp1このヘッドホンは、このストラップの引っかけの部分がまあわりと良くできていて、ゴムがかなり急速に変色していることに目をつむれば、オーディオテクニカのより良いかも知れない。そんなわけで治ったのだが、一ついけていないことがある。そう、このヘッドホン、テクニクスのスピーカーの流れをくんでいるのか音が良くない。デザインとストラップの機能だけでなく、本来の機能のこのスピーカーの部分をもっと吟味して欲しいものである。

| | コメント (0)

せっそうないうめ

Sesonaiume_1しかしまた死亡的レスポンスなココログですね。せっかく書いたのに消えてしまいましたがな。この時間でこれでは先が思いやられます。機能を欲張ってはいけない。スリムに維持しないと自滅します。さてまたこのうめ、どこで仕入れてきたのやら見事な大きな粒ぞろいなうめですこと。しかもこんなにたくさんどうするつもりなんでしょう。とぼやいてたうめチャンのその後も、買った本人より先に載せてやりますかな。へへ。
いやしかし、この前なんばのヤマダでんきにできてから始めて行ってきました。またでかいですな。ヨドバシ梅田よりでかいですな。ヨドバシアキバくらいありますね。これほどいろいろ並べてくれると、見る価値もある。近所のヤマダ電器では小さすぎて行く気無くなりますね。しかしさすが売上げ1兆円ともなると規模が違いますな。この規模を見てしまうとジョーシンは規模1/10くらいですか。それでもがんばっているなと応援しないといけない。ニノミヤは圏外ですか。ヤマダのWEBshopはなんかピントのはずれた高い値段が付いていますが、店は安いですね。ヨドバシは店舗数少ないのにヤマダの半分くらい売上げあるそうですが、ドットCOMでもうけているのか?WEBはそれなりに安いし、ポイントも使えるようになったのだとか。でも一度お店に行かないとダメらしい。まあそれはいいが、あとは長期保証だけか。

| | コメント (0)

マクロレンズ

Aroetohanaいやあ、ヨドバシのプライスダウンにつられて買ってしまいました。評判通りいい感じのぼけ方ですねぇTAMRONの90mm。フイルムEOSについてた35-105の安物ズームにエクステンションTUBEをつけると、ズームがピント代わりに使えてまあ、うまく撮ればそれなりにマクロレンズにならなくもなく、それで撮ったのもたくさんありますが、ズームリングでは微妙なピント合わせができないので、なぜならフォーカスリングは先っぽにちょっとしかなくEF25つけるとピントの範囲が狭すぎて実質役に立たない。カメラごと前後してうまくピントをつかめば何とかだましだまし撮れるかと、それならズームにクローズアップリングつけたほうがましでないのと思ったりしてでもつけたら完全接写しかできないしと、そのうち買おうと思っていたのですが、これはいい。1:1となると相当先が伸びますが、1:1から無限長までボーダーレスというのはすばらしい。軽いし明るいしフォーカスリングがなんとスムーズなこと。90だと150mmくらいになるので、望遠としても良い感じ。AFのモーターは昔のEFレンズみたいな音してますが、まあこのレンズにAFはそれほど重要ではないでしょう。まさにマクロが楽しくなるレンズですねこれ。ちなみに短足のTRIPODのおまけが付いてました。お写真はアロエの鉢に一緒に咲いてる名前不明の綺麗なお花。

| | コメント (0)

すだれ

Sudare
良くできたもので、すだれは日を遮ってくれるが、風は通り、日本の夏、緊張の夏には欠かせないものでありその風景も心の落ち着くものである。しかも最近はすだれも完全中国産となり、とてもリーズナブルである。190円とかで1800mmのが売っていた。窓のガラスには、UV&熱線フィルターのフイルムが貼ってあるのだが、この和室にはエアコンがないので、網戸にすだれを垂らして風を感じられるのどかなお部屋である。小学生の頃、家の2Fの部屋のすだれに凧糸を引っかけて、マブチモーターのギアにつないで、電動すだれ巻き上げシステムを作って遊んでいたことがある。今時何やら手動だがすだれ巻き上げ機なるものが売っていたりするが、最近のガキはそんな楽しいお遊びはしないのだろうか。タイヤをつけて4輪自動車みたいなのを作るギアセットでは力が足りなくて完璧な動きでなかったのを思い出す。しかし最近はあらゆるラジコン、模型、ゲージのジオラマパーツなんかが売ってしまっておりそれらを工夫して創る楽しみがないような気がするね。

| | コメント (0)

あげは

Agehaそう、あねはではない。あげはである。このところネタはいろんなカテゴリでいっぱいあるのだが、暑くなってきて、体力低下気味でなかなか眠くて指が動かない。さて今年は去年に比べてやはり日照時間が短いのと5月の気温が低すぎたのか、お庭の野菜は成長が思わしくないようだ。山椒は元気に伸びているが、なんとアゲハチョウが卵を産みに来るところに遭遇した。それも7Fのベランダで・・・。あの鳥の糞みたいなのははやはりアゲハの毛虫だったのだ。その先不気味な模様の青虫になるのだろうけれども、そこまでには鉢の山椒では葉っぱが足りないだろう。明らかに天敵と思っていたが、てふてふと、必死で卵を産み付けにくるアゲハ(というと、アンデスリズムのエロ本の歌が耳に聞こえる?)蝶。写真撮るのを忘れていた。そうか小学校では毛虫からさなぎになって蝶になるのを観察するのか。それはそれでとても大切なことだろう。たくさん生み付けられたアゲハの卵は観察用としてとても大切に引き取られていった。全部取ったと思っていたのだがまだ残っていたのがこれ。うまいことまた葉の裏にくるっとおしり曲げてひっつけるものですな。しかも完璧にひっついている。そう、昔賀茂川で採ってきたヤゴを庭に洗面器に蓋して観察していた。ある時蓋を開けると、おっきなトンボがぴゅーと飛んでいってしまった。あらら、いつの間にかトンボになっていたのね。ヤゴから出るところを見たかったのだがあっけなく逃げられて悲しかったのを覚えている。

| | コメント (0)

押せないスイッチ

Osenaisw
このエアコン、強制冷房と、フィルターリセット用の押しボタンがカバーの下にあるのだが、どうやってもこれが押せない。仕方ないのでフィルターのリセットは一旦プラグを抜くか、このエアコンのブレーカーを落とすことで実現しているが、タクトスイッチとの位置が微妙にあっていないのだろうと思っていた。しかし今回ばらしてみて解ったことは作りが悪いというか、手抜きというか、適材適所を間違っているというか、意図がよく分からない構造が原因であることが解った。結局外に出ている出っ張りの押しボタンの下にさらにカバーがあって、その下に基板上のタクトスイッチがある。カバーは、基板のカバーと一体化しており、なんと、硬いプラスチックに成形でダイアフラムみたいな形を作って、真ん中を可動部分にしたつもりのようである。しかし硬すぎてダイアフラムになっておらず、押すことができない。押されにくいようにする意味もないし、周囲はがらがらなので密閉する意味もない。まだくり抜いてあった方がよほどましだ。それとも成形で本来くり抜く型であるところが残ってしまっているのだろうか。それにしてはダイアフラム的形状になっているのが気になる。構造が解ったので、コツという意味でうにょーと長時間押していたら樹脂が変形してきて押せるかも知れない。しかし冬季は硬くなっていて無理だろう。とてもいけていない構造のスイッチである。

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »