« パイン集成材その3 | トップページ | マルチパワーステーションの修理 »

玄米を炊いてみよう

Genmai1あるあるを見てまねして玄米ご飯を炊いてみた。教えに従い、賞味期限が切れていたが恵ちゃんヨーグルトを入れてみた。30分ほどつけておいて、IH炊飯器の玄米モードで炊いてみた。これがまたなんと2時間もかかる。えらい時間がかかるが、うまく炊けた。ヨーグルトを完全につぶさなかったのでヨーグルトの固まりが残っている。
Genmai2さて、おいしいのか? これは驚いた。おいしい。ぬかの臭いは全くない。ヨーグルトの臭いも全くない。固まりも豆腐みたいで何ら味的にも問題はない。玄米がすべてはじけており、あるあるがいっていたように、むしろもちもち感があるくらいに歯触りもよく、お焦げができていてこれがおいしい。すごいねヨーグルトのパワー。これを臭いがでないうちに冷凍しておいてチンして食べたらいつもおいしいらしい。たしかにおいしい。あとは、玄米ゆえ良く石やらゴミが入っているのをよく取ることと、残留農薬を気にしないことか。綺麗なピーマンやキュウリなんて生で食べているが、売っているのは同じように農薬がかかっているはずだ。下にあるたんぼを1年見ていても、穂がでる前くらいに1度撒いている程度しかかけていないようだし、それくらいたいしたことはないのではないか? ぬかにほとんどが吸着しているらしいが、そうすると、ぬか漬けの漬け物は残留農薬に漬けているのか? 無農薬に越したことはないが、中国産のうなぎを食べられるのなら玄米の農薬なんて気にしないことか。それよりも、決しておいしいとは思えなかった玄米ご飯だがこれは充分おいしいわ。

|

« パイン集成材その3 | トップページ | マルチパワーステーションの修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイン集成材その3 | トップページ | マルチパワーステーションの修理 »