« スコヤ | トップページ | せっそうない苺 »

幻の2SC1400

2sc1400部品ケースを整理していたら幻の2SC1400が出てきました。一世を風靡した?金田式DCアンプには欠かせないトランジスタですか。残念ながらhfeペアがいくつ取れるか解らない数しか残っていませんが、またまたそのうちこれでアナログアンプを作ってみたいものです。今やディスクリートでイコライザなんか作らない時代ですが、そんなのんびりした工作をしたいですね。古いタイプのSONYお家芸のディスクリート1石アンプのカセットデッキだと再生時のヒスノイズが気になりますが、最近の安直OPアンプEQアンプのカセットデッキで再生すると、意外に古い録音でもヒスノイズが少ない。しかもバージンテープに消去ヘッドは使わずに直に録音したテープはほとんどヒスノイズがない。ドルビーなんか使わなくてもどうと言うことはない。結局ヒスノイズは消去ヘッドで書き込んでいるノイズと、再生時にヘッドとアンプのミスマッチングで生成されていたということ?なのかも知れませんね。なんてことがふと思い出されました。

|

« スコヤ | トップページ | せっそうない苺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スコヤ | トップページ | せっそうない苺 »