« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

USBフロッピー

Usbfdx1bkそして今回は割引チケットも切り離す手間を省いて、オートバックス式にはんこ欄が作られている。しかし店員さんも押す気はないみたい。まあ複数買う客がいたところで、売れて回転した方がよいですわね。そんな中で今回はわりと良いものがいくつかあって、ヨドバシでそのうちかおうと思いつつも2千円3千円では送料がかかるのでとためらっていたUSBのフロッピードライブがあったので買ってしまいました。今やFDDなんてという感じではありますが、山のような保存FDを捨てるにも中身が何だったのか気になるところ。据え置き機にはFDドライブがあるが、ノートには今や付いていないぞ。そしてもう一つの問題は98の1.25のFDが読みたいところ。なんとUSBFDは3モードになっているのですね。ありがたいことです。最近は何やら2倍4倍のスピードのがあるようですが、フロッピーたるものカッカッカッカッと、アクセスを耳で聞きながら使うものであって、1倍で充分。それに倍くらいするので、3千円の1倍速で充分ですわね。リブレットのFDDも余っているのですが、PCMCIAカードは認識するもののドライバーがない。どっかありますかね? 初期VAIOのFDDドライブも余っているが、VAIOにしかつながらない!。ダイナブックのFDDドライブに至ってはベルトドライブのベルトが伸びてはずれていて起動もできない! と言ったところでドライブも消耗品ですかね。

| | コメント (0)

またまた景品のバッグ

Lecoqsportifそう、またまたジョウシンのDMに誘われて景品をもらいにジョウシンへ・・・。またまたトートバック路線に復帰したようで、今回はこれまたビニールの臭いが強烈なちっちゃいバッグをもらいました。ビニールコーティングしてあるので工具入れによいですかね。ねじを入れるポケットも付いている・・・。と思ったけれども、自立しないのでちょっといまいちですかね。まあなんかには使えますわ。工具入れには前のコールマンの方が良いかも・・・。

| | コメント (0)

サイフォンとコーヒー

Siphon1最近、ファミレスなんかは、どこぞの外国製のエスプレッソマシンみたいなのが主流で、普通のブレンドコーヒーを頼んでも泡立ったどろどろのまずいコーヒーを出してくれたりする。おいしいエスプレッソならまだいいのだが、これが全くおいしくない。困ったことに、合理化推進の喫茶店でさえ同じようにまずい泥コーヒーが出てきたりしてがっかりすることがある。ドリップ式サイフォン式は問わないけれどもクリアーな、おいしいコクのある適度な熱さのブレンドコーヒーをこだわりを持って出してくれるような喫茶店がほとんど無くなった昨今、そう言うお店を覚えておかないといけないですね。泥ブレンドならまだマクドのペーパードリップのホットの方が断然ましかも知れません。スタバも今日のコーヒーの当たりはずれが激しく、おいしいのに当たらないし、珈琲館は高いしというところですかね。さて、ミルドリップ内臓のコーヒーメーカーの味にやや飽きていたところで、そう、これもいい豆を使うとおいしいのですが、ブルックスの安い豆ではなんかいまいちおいしくない。そんなところにサイフォンが安売りしていたので思わず買ってしまいました。燃料用アルコールが家にないのでエタノールで入れてみました。昔のはネルのフィルタを腐らせずにメンテするのが面倒だなと思っていましたが今のは使い捨てペーパーが噛ませられるようになっていて、うまくできてますね。
Siphon2お湯を入れてからやらないとなかなかアルコールランプの熱量では水がお湯になりませんが、このクリアーな褐色のコーヒーがたまりませんね。ブルックスのモカの粉でもこんなおいしいとは・・・。やっぱり時間と手間をかけて丁寧に入れたコーヒーに勝るものはありませんわ。

| | コメント (0)

たんぽぽ

Dandelionまたまたまた例によって、いつの間にかGWですね。全くを持って光陰矢のごとしでありますか。そろそろ謹賀新年も換えないとと思いつつまだできておりません。今年もツアーの予定はなく、ものがあふれすぎたお家の整理と、棚を作らないとと言うところですかな。さて、冬の間も葉を落とさずに残骸のプランターに残っていた葉っぱから花が・・・。サラダ菜みたいな葉っぱでこれは何だろうと思っていたら、これはタンポポですかね。賀茂川に生えていたタンポポとは葉っぱの感じがちょっと違うが、タンポポもいろいろあるようで、昼間に花開いて夕方にはまたまた花びらを閉じる何とも生命力のあるお花と草ですね。今思うと小さい頃に近くに川や河川敷があるというのは自然に対する価値観が変わりますかね。いっぱい草が生えていたし木もあったし草むらには蛇もいたし、川には泥も水もメダカもヒルもオタマジャクシもいた。山のように生えていた白い花はいわゆるおっかの上のひな菊ですか白デイジーでしょうかね。あれも拾ってきて植えておいたらいっぱい咲きそうですね。

| | コメント (0)

さんしょ

Sanshoナフコで買ってきた198円のサンショの苗もどんどん大きくなってきた。とげが生えてきて、なんとまた綺麗な緑色のはであること。よく見るともうはや毛虫が・・・。と思ったがさらによく見ると、新芽だった。山椒は雄株と雌株があるそうだが、どうやって見分けるのか? 花が咲いて実がなったら雌株なのか??

| | コメント (0)

せっそうない苺

Sesonaichigoなんとまた、せっそうないほど生い茂るいちごの花。どないなってますのという感じですね。どこからともなくミツバチもおいでです。ミツバチがいてくれると受粉が自然に行われて良いことであります。でもこのままでは大きな実は望めないか・・・。でもでもせっかく咲いている花を摘むのが惜しい・・・。てなわけでぼうぼうな訳ですね。

| | コメント (0)

幻の2SC1400

2sc1400部品ケースを整理していたら幻の2SC1400が出てきました。一世を風靡した?金田式DCアンプには欠かせないトランジスタですか。残念ながらhfeペアがいくつ取れるか解らない数しか残っていませんが、またまたそのうちこれでアナログアンプを作ってみたいものです。今やディスクリートでイコライザなんか作らない時代ですが、そんなのんびりした工作をしたいですね。古いタイプのSONYお家芸のディスクリート1石アンプのカセットデッキだと再生時のヒスノイズが気になりますが、最近の安直OPアンプEQアンプのカセットデッキで再生すると、意外に古い録音でもヒスノイズが少ない。しかもバージンテープに消去ヘッドは使わずに直に録音したテープはほとんどヒスノイズがない。ドルビーなんか使わなくてもどうと言うことはない。結局ヒスノイズは消去ヘッドで書き込んでいるノイズと、再生時にヘッドとアンプのミスマッチングで生成されていたということ?なのかも知れませんね。なんてことがふと思い出されました。

| | コメント (0)

スコヤ

Sukoya_1スコヤとは、きっとsquareがなまっているのでしょうね。電線の太さをAWGでなく日本規格で言うスケアとも一緒ですかね。スコヤは直角な角のある正方形の意味ですか、スケヤは断面の面積を言っているのでしょうね。京都の先斗町がpointから来ているというのよりも遙かにわかりやすい所以のなまり用語ですかね。
差し金で直角を引くと微妙に曲がってしまってどうもいけてないのでこの際スコヤを買ってきました。1000円くらいの物ですが、これは便利。
全然関係ないですが、今テレビでやっていた、らいよんチャンネルのパルナーズは明らかにかつてのパルナスのCMのぱちりですね。といっても、日曜の昼前に見るこの暗い雰囲気のパルナスのCMをはさんでアニメを見たことのある人はかなり歳行ってるのでは? その辺の人にしか受けませんかね。もちろん大受けしましたが。2番もおれ唄えるでてな自慢する人いましたねぇ・・・。

| | コメント (0)

小径のソケットレンチ

Socketset5とか5.5のソケットは車用なんかのソケットレンチセットには入っていなく、電機系やチャリンコいじりには4~7mmくらいのソケットがあると、手回し電ドラやスライドレバーなんかにつけて使うのに便利である。HCでは大物が多く、電気系の工具を売っているところだと置いていることもあるが、これだけセットで100円ならだめもとでも良いかと買ってきた。ホルダとジョイントも付いているのでちょいづかいには充分ですかね。もの的には完璧な精度は出ていないが、1980円で売っている車用のソケットレンチセットのまともな方くらいのものではある。Scket2電気系で使うには、なめてしまうので口の斜めの部分がもっと短い方がありがたいが、まあ悪くはない。ジョイントは抜け止めの玉がいかにうまくかしめてあるかではないかと思うが、安物の差し替えドライバーなどだと数回で玉が抜けてしまってスポスポになってしまうが、最近見かけるのはまともな型が出回っているのか、わりと抜けにくいようだ。まあ抜けたらあきらめよう。

| | コメント (0)

クリップ

Clump1最近くそIMEの話題が出ないのはなぜかというと、ATOKを使っているからである。もちろん慣れにもよるのだろうけれども、ATOK変換に初期からなれた指にはどうしてもIMEになれることができない。あえてなれようとも思わないが、比較してみるとどう見てもIMEの動きは合理的ではない。IMEの元はWXあたりなのかも知れないが、WXも昔使っていたが、それもATOKキーにして使っていた。それより何よりもOSに付属するIMEの変換レベルが低すぎてお話にならない。こんなものを付属するから日本のあらゆる文書がますますおかしくなってくるのだろう。OSを基本ソフトと訳すくらいなのだから、基本に使えるレベルのFEPを付属させることがあたりまえではないのかね。これはやはりOS製作元の罪もしくは策略ではないか。
さて、本題に戻ると、工作するにはボンドがひっつく間に止めておくのにクリップが結構役に立つ。最近結構まともなやつでも100円しない値段で売っている。このあたりのはダイ粗よりはHC(ホームセンター)だろう。ダイ粗のクリップは実は100円でない値段が付いていて、これはラッチが付いていたりするが、500円とか出すならHCの500円の方がまともである。ダイ粗の100円クリップなら、HCの98円48円の方がまともである。先っぽの可動部分が安易にはずれないものを選ぼう。

| | コメント (0)

いちご

Ichigo060408
最近忙しいのと疲れているのとでなかなか書き込みが進みませんが、適度にいろいろ見に来ていただいているようで恐縮です。いちどアクセスもとリストなんか作ってみたいと思いつつログだけふくらんでますね。
さて、ベランダのいちごですが暖かくなってきてどんどん緑が濃くなりいっぱい花が咲いている。こんな咲くと大きな実はできませんね。もっとつまんでやらないと・・・。それになんか土が減ってしまっているのでぶら下がってなる位置に花が咲いてません。ちょっと直してあげないといけませんね。いろいろHPを見ていると一期生のいちごだと年に1回しか収穫できないのですね。それはつらい。それに比べてこのいちごは年中実がなってます。味はそれなりかもしれませんが・・・。このいちごはかなり日に当たっても酸っぱいタイプで、シロップで固めてショートケーキに乗せるとぴったりな味してます。

| | コメント (0)

すあま

Suamaいとうよーか堂に行ったら、紅白すあまなるものが売っていた。すあまといえばたれぱんだかという感じであるか。だいたいそんなものたれぱんだブーム以前は知らなかった。これまた食べたことがないので食べてみた。その味はんんんと言う感じであるね。これは関東のお菓子なのだろうか。京都発祥とも書いてあるのをみるがほんとか?関西の和菓子はもっと奥ゆかしい味がするものだが・・・。いやこの砂糖入りの単なるお餅みたいなのがすあまの特徴なのか。ういろう系か、生八つ橋の皮のような、いや大福の皮のようなものをイメージしていたのでややはずれた感じである。おしるこに入れたらおいしいかな。いやおしるこは白玉のように甘くないのが入っているからおいしいのだろう。次は柏餅の季節かな。

| | コメント (0)

きしむいす

Chair1これはけっこう前に買ったいすである。昔はこたつにパソをおいて使っていたが、腰が痛いのと肩が凝るので、パソ机(こたつサイズで足を長くした相当前に登場しているやつ)を作って、当時はホームセンターやパソサプライでもあまりファニチャーは扱って無く、まだ通販もJCBがCCPとか実験をやっているような状態で盛んでなかったから、ダイエーに行ってわざわざ取り寄せてもらって買ったものである。1.5万くらいだったと思うがそれでも安い方だった。ガスのパイプで上下してしばらく快適だったが、だんだん座るときしむようになってきて特に夜に姿勢を変えるとバキッととても大きい音がするようになってきた。
Chair2どこがきしんでいるのかよく分からないので、開けてみると合板を真ん中にいろんなものが付いているいかにも台湾製のような構造である。軸の部分は鉄でできていて結構な厚みもあり、溶接してあるので、きしみそうにない。結構ねじはゆるんでいたので、インパクトドライバで締め直したが、やはりきしむ。あと残るところは上下する軸か、いやガスが抜けないくらいだから軸のスライド部分に遊びがあるとも思いにくい。どこというわけでもなく、合板と軸の取り付け部がやはり体重がかかるときしんでしまうのか・・・。軸の下の部分と海星の部分の接合部か・・・。ある程度我慢するしかないか。何よりくやしいのは、そのあとロイヤルホームセンターで買った2980円のいすの方が、座り心地もいいし、作りもこなれているし、きしまないし良くできていることなのである。

| | コメント (0)

くろにくる

Sonychronicle_6クロニクルが来た。ちょっと高いが、中身は見ていて飽きない。そうHF77なんてあったねぇ。F1とか当時欲しかったねぇ。Lカセットとかあったねぇ。ベータムービーとか持ってる人いたねぇ。昔やっていたSONYロゴのデザイン募集とか結果はどうなったんでしょうねぇ。全然記憶にないねぇ。ワイアレスウォークマンとかあったねぇ。ICF-5500とか当時羨望のまなざしで、いつもショウウィンドウを眺めていたラジオやったねぇ。とまあ、本棚に並べておいて損はないSONYファンのアイテムですかな。
しかしまた、ここ、こんな重いと全くどうにもならんね。そねみたいだ。まったく。

| | コメント (0)

socketAのマザーボード

A7n8xいまどきSOCKET-Aのマザーボードを買った。花咲く電解コンデンサのEPOXのバックアップ用である。AUSUのA7N8X-XEで6480円だった。安いね。まだ時間が無くて換えてないが、ネットワークもオンボードだし、USB2もオンボードだし、SATAも付いているとなると、こんなたくさんスロットいらんのか。ASUSのはVAIOなんかにもOEMしているだけあってか、今までつかってみた中でもっとも安定した印象があるか。電解もニチケミの105゜C品が付いているし、ナスカの地上絵の描き方もこなれている。か? XPを入れ直すのがとても面倒だが入れ替えるしかないか。花咲くEPOXもいつまで動いているか怪しい。最近USBの調子が悪い。電源をトレカにしてからはそれ以外は安定しているのだが・・・。
いやしかしココログが漬け物石のように重くなったのがつらい。開くまでに書こうと思ったことを忘れてしまうぞ。なんか勝手にデザインまで変わっているし、スパム対策なら良いが、変な機能拡張よりは、軽く動くようにしておいて欲しいものだね。

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »