« 花咲く電解コンデンサ | トップページ | 菜の花満開 »

いちごだいふく

ichigodaifuku実は本当にイチゴの入っているいちごだいふくはこの前始めて食べた。とてもおいしかった。いちごだいふくと言えば、イメージするのはいとうつかさの雪見だいふくのいちご味だった。あれもアイスのくせに冬に食べるとこれまたおいしいが、ほんとうのいちごだいふくは本物のいちごが入っているのね。やや目から鱗な一品だった。これは温室いちごにしてはとても甘く、うまいこと作ってあるものだと思った。
さて、世間は決算期の大売り出しか、ようやく大型パネルテレビも買える時期になってきたのか。あと一声安くなれば言うことないが、32型くらいまではかなり安い値段になってきた。たまに店頭で現品処分で魅力的な値段が付いているのがあるが、お店で半年点けっぱなしとなると、だいぶんへたっているかも。希望を言えば37か40が欲しいな。液晶でなくてもプラズマでも良いかと思う。今のプラズマは昔ほどファンが4つも5つも付いているほどではなくなってきているようだし、寿命もそれなりに実用域になっており、昔の1年しか持たないと言うことはないのだろう。写り方が液晶が蛍光灯的だとすると、プラズマは電球的で、暖かみがあって色も奥深い感じがする。消費電力がどうかというと、これは微妙か。あとは、ハイビジョンがDVDに録画できるようになれば言うことないが、HDDにしか記録できないとなるとこれは悲しい。青ディスクが普及するのはこれまただいぶんかかるのだろう。何が見たいかというと、これはもう1年前からやっているようだが、世界遺産のハイビジョン版が見てみたい。最近だいぶんネタ切れの感はあるが、余計なガイドの出てこない綺麗な風景と撮り方が大変よろしく、初回からのファンである。ひろしではないが、笑う壺が難しい世界の車窓からと、すてきな宇宙船地球号ともう一つ5分くらいの綺麗な映像と音楽の出てくるやつなんでしたかね。この辺がハイビジョンで見られて残せたら言うことないですかね。と、お写真とは全然関係ない話題でした。

|

« 花咲く電解コンデンサ | トップページ | 菜の花満開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花咲く電解コンデンサ | トップページ | 菜の花満開 »