« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

ガリオーム

OnkyorcvrこれはONKYOのレシーバーである。ラジオアンプとも言うのか。日本ではプリメインアンプとチューナーが別にあったりするものだが、欧米ではこういったレシーバータイプのものが多いのではないか。これは津田沼のエキゾチックタウンで買ったような気がするが、いつの頃からかボリュームがガリガリになってきて左だけ音量を上げないと鳴ってくれなかったり、少し前にFMがうまく受からなくなってきたりしたが、最近特にいらいらする状況になってきた。この際AVアンプでも買うかと思いつつ、これというのがないので買えずにいる。シンプルなビデオ系統のないレシーバーでもいいのだが、それも手頃なのが売っていなく、今や時代はAVであり、リモコンでビデオ信号も一緒に変わるのはたしかに悪くはない。D級アンプ搭載とかいかにもそれが良いかのようなうたい文句だが、それはA級にかなうものはないだろうし、音がどれだけまともなのか悩むところである。サラウンドのために4つも5つもアンプが入っているが、とりあえず2chしか使わないが、入力系統がいっぱいあるものが欲しい。ビデオ3系統とCDとMDがつなげて、相互に録再できて、FMとAMチューナーも入っているのがいいな。
Onkyogarivrいやしかし、まだ買わなさそうなので、ばらしてVRに接点復活材をかけて一時しのぎとした。普通のボリュームなら強引に換えてもいいのだが、リモコンで回るようにモーターがひっついているので、同じものを手に入れないとリモコンが使えない。まあこれも見ればピンジャックや配線のつなぎなどあまり上等な代物ではないが、それでもトランス式電源にトランジスタのファイナルのパワーアンプであり、ちゃんと鳴っていれば悪い音ではないのだが・・・。現状FMもつぶれたし、セレクターもTAPEに外に切り替えBOXを繋いで切り替えているし、無理矢理使っている感もあるので、どこかで安売りしていたら買うかなと言うところ。共電社の階段にいいのが積んでないかなと言うところだ。

| | コメント (0)

マルチパワ-ステ-ション続き

Mpwsflいやはや全くいけていないマルチパワーステーションの続きである。とうとうスイッチが効かなくなったのでスイッチの部分を分解してみた。なんと驚くなかれ、この作り方は何?紙テープだらけ。紙テープでもしや絶縁?あまりの粗悪な作りに落胆するのもつかの間、このFL管は高圧用の線でもなく、普通にその他の線と束ねてある。その絶縁にはがれかけた、マスキング紙テープ??なんとお粗末な作りであること。
Mpwssoler太陽電池もベークの基板に並んでいるのか。電卓に付いているのよりも粗悪ぽい。ホットメルトで固定?? せめて樹脂を作るときに枠くらい作っておけよという感じか。光っているものは何?そうか。FL管の反射板。これも両面テープで貼り付け。しかももう少しまっすぐ貼れないのかしら。どれほどレベルの低い作業なのか。中国で農家のおばちゃんとか集めてきて作っているのでしょうね。早朝は牛の世話して、昼は出稼ぎという感じなんでしょうか。
Mpws_swスイッチは結局割れており、そもそも樹脂の材質が悪いから、硬化して割れている。もはや原形をとどめていない。100回のストロークにも耐えないのか。しかもまた情けないような半田付け。そして紙製マスキングテープで、FL管端子からの絶縁・・・。ああ見るんじゃなかった。JCBの今月の本にも広告が載っている・・・。お金を出して買える代物ではないですね。一応ご参考まで。あくまで私の見解ですが・・・。

| | コメント (0)

ちゃっちいサイレントマウス

silentmouse
マザーボードを買うついでにアキバニュースにも載っていたサイレントマウスというのに気を引かれて買ってみた。クリック音がしないそうな。たしかにこれはこれで用途があろうというものである。とどいたので使ってみたが、なんと気色悪い感触。今までにない、いわゆる日本人のタクトスイッチに求める、クリック感の逆を行く、いつONになったのか解らない、ある意味アナログな感覚の、いや良く言えば、プロ御用達のカメラのシャッターボタンというか、無駄なスレッショルドの無いしかし結構なストロークのある、そのどの部分でONになるのかよく分からない微妙な感触である。慣れの問題ではあるか。しかし動作はよいとして、その貧相な仕上げにはやや落胆させられる。この前のロアスのマウスよりも仕上げは悪い。このクリック感がないという特徴がなければ3ボタンでもないしオプティカルとはいえ480円相当だろう。いまやMSのワイアレスマウスが2千円台で買える時代に、これが2480円となると、相当高いと言わざるを得ないか。でも初回は売り切れたそうである。

| | コメント (0)

ターンテーブルのゴムシート

SL-6rubber倉庫を整理しているとテクニクスのプレヤーが目にとまったので、まだ動くか動かしてみようと出してきた。一応動いたのだがターンテーブルのゴムシートが硬化してなにやら油が噴き出してきており、悲惨な状態だ。それでもまだモーター自体はダイレクトドライブなので動いた。ベルトドライブだとベルトが伸びてしまっていて換えないとだめだろう。換える同じ径のベルトが手にはいるかどうかが問題だ。アイドラドライブだと、アイドラのゴムがまだ生きているかどうかにかかっているだろう。DDはその点、軸と駆動回路と磁石の磁力が生きていたらまだまわりそうだ。
単純なターンテーブルならそれであとはピックアップカートリッジの針を支えているゴムがまだ柔らかかったら鳴りそうだが、このプレヤーは蓋にカートリッジがとアームに相当する部分が付いていて、トラッキングしながら移動する。この辺のゴムたちが生きているかどうかが怪しいか。腐ったゴムのターンテーブルはどうしょうもないので、何かで作るかするかして今度は音が出るか試してみたいものだ。すべての経路がアナログだけで完結した音源は、なんと言っても音がナチュラルである。たまに聞くと、はっとするほど心が和らぐ音がするね。

| | コメント (0)

うなぎわさび飯

unagiwasabi1いづみやに遅くにいったら駅弁が半額で売っていた。元の値段ではちょっとためらうが、650円なら食べてみようと言うことで買ってきた。持って帰ってくるまで本人は気が付いていなかったのだが、ひもを引っ張ると自分で暖まる加熱機能付きの駅弁だった。あるのは知っていたが目の当たりにしたことはなかったので、ほかほか暖まるのかと思ったら、なんと結構過激な暖まり方で、ひもを引っ張って反応させると、ボワーっと、蒸気が噴き出すではないの。たしかにそう書いてある。そんな釜飯みたいなのが暖まるものかと思っていたが、この勢いと熱量だとたしかに5分もあれば結構熱い。そんなわけで中身は、うなぎと蕗のようなわさびの茎?とゴボウとが上に乗っていてとてもおいしかった。前に登場した山椒の実のミルで山椒を追加していただいた。
hatunetuこんなのが下に入っていた。石灰と水だけのようだ。結構な量はいっており、石灰の乾燥剤を水につけた時よりも量が多いので過激に見えただけか。反応し終わったら、消石灰になるので土壌改良材等に再利用せよと書いてある。まあそれもありか。ポケットカイロのカリウム化合物でできているから肥料に使える但し1年に一袋というのよりは、石灰なのでものが分かっていて安心か。季節的にもつかいでがある。カイロの方はやや謎な物質なのでフェロシルトではないが、多量には使えなさそうであり毎日使うと処分が追いつかない。

| | コメント (0)

MD

MZ-R3シリコンオーディオのちゃっちい音に耳が慣れていると、MDとはいえ、ATRACとはいえ、こんなにいい音していたのと言うくらい良い音に聞こえてしまう。カセットでもなんかとても自然な良い音に聞こえるのはやはりMP3の音が悪いからか?
このMDもまだ現役で動いていて、録音もできるのだが、マイクをつなぐと無線LANのインターフェアを受けていて、良く聞くとぱさぱさ音が入っている。MDとFMラジオをつなぐと、MDの書き込むときにジジ、ジジと周期的にノイズが乗るが、デジタル機器であるのに、デジタル機器のノイズを受けて、どうしたものか。しかしこれほど無線LANが氾濫していると、気が付いていないだけで結構精神的にも脳に影響していたりするのかも知れない。そう、あのJASの飛行機にすべてのヘッドレストにTFTモニターを埋め込んだのがあったが、あれは最悪である。頭の後ろでバックライトインバーターの発振音が聞こえる。安眠もできないし、数百というインバーターに囲まれて、数十キロHzの超音波に圧倒されて情緒不安定になりそうだ。頭痛がしてくる。コンビニエンスというサービスなのだろうが、健康的な面も考えて欲しいものだ。
BPDM20ところでこれはこのMDに付いていた充電池だが、ニッケル水素電池の走りではないか。このころのはまだ1100mAhしかない。しかも5000円くらいしていた。今では2000mAh越えでも1本数百円で手にはいるから、これを入れると結構長時間鳴っている。そういやSONYからデンスケのメモリー版がとうとう出ている。エディロールの2番煎じかも知れないが、値段も結構なもんであり、これほどになると、VUメーターの針の音まで拾いそうだ。MP3プレヤーではまだステレオマイク内蔵のものはごくわずかだが、ボイスレコーダーの類ではいろいろたくさんあるし、MP3プレヤーになるものも増えてきて、違いがなくなってきた。適度な機能で良い音のステレオ録音できるものが欲しいね。昔バイノーラルヘッドホンとかマイクが出ていたことがあるが、やはり2chでバイノーラルで良い音でと言うのが原点ではないか。

| | コメント (0)

極楽寺駅

gokurakuji
スカパーの番組表を見ていたら、懐かしいのをいろいろやっているね。アテンションプリーズとかマッハGOGOGOとか超懐かしですね。最近と言えばまだ最近の部類かも知れないがウゴウゴルーガもやっている。今となっては記念すべきパソCGアニメ?ではないか。一話くらい録っておきたいものだ。ポピーに通じるところもあるか? ドラマでは大好きな飛び出せ青春は何回かやっていたが、俺たちの朝は見た記憶がない。ここ15年くらいないのではないか? ファミ劇か日テレプラスにリクエストしないといけないね。俺たちシリーズでは旅も良いが、中村雅俊の出ていない「朝」がなんというか、やや憧れるというか、切ないというか、懐かしいというか、とても良い。最後に海をバックに出てくる今日の一句がよろしいか。ご多分に漏れず極楽寺駅を見に行ったのは何年前だろうか。非公式サイトは超充実でがんばっておられるようでうれしい限りである。なんとDVD-BOXが出ているそうで、全部買うと7万もするぞ。これはなんとしても再放してもらわないと。

| | コメント (0)

菜の花満開

nanohna3水もやっていないのにたまの雨だけで見事な菜の花である。ところでインプレスが送料が無料キャンペーンだというので、またまた雑誌を購入したが、インプレスは昔PC-WATCHを有料で購読していたときのポイントが未だに残っており、使える状態である。これは東急ハンズとは大違いだ。今でこそメールマガジンなんて腐るほどいやでも送ってきたりするが、昔は少々お金を出してもまともなメールマガジンが結構役だった。年間でそんな高額なものでもなかったが、そんなインターネット黎明期からのポイントが生きているとはありがたい。インプレスは日通で送ってきてくれるのだが、日通もヤマトのように持ってくる前に受け取れる日が指定できれば言うことないのだが・・・。現状とりあえず指定なしにしておいて、一回来てもらって不在通知に対して再配達お願いするしかないのが現状か。それなら買う時点から日時指定をさせてくれた方が、配達屋さんも無駄足がなかろうにと思うが・・・。地域配達業者に下請けに出しているところに引き継がれると最悪で、受け取るチャンスも連絡するチャンスもなくなったりするが、それならメール便にして良いからポストに入れてくれと言いたいところだ。インプレスを見ていたら、これまた目に鱗のものが売っていた。
これだが、なるほどNCでくりぬいて重ねたら、エクスポーネンシャルホーンも簡単か。これはどんな音がするのかとても興味がある。長岡鉄男大先生も泣いて喜ばれたかもしれない。昔はお金もかかるから、コンパネなんかでエンクロージャーを作ってみたりしたものだが、今はホームセンターでもMDFが売っているし、たしかに箱にはよろしい素材かも知れない。いまやドルビーサラウンドと5.1chでごまかす時代になってしまったが、たとえ音源はCDでも純粋なアナログでステレオで良い音を鳴らしたいものであるね。

| | コメント (0)

いちごだいふく

ichigodaifuku実は本当にイチゴの入っているいちごだいふくはこの前始めて食べた。とてもおいしかった。いちごだいふくと言えば、イメージするのはいとうつかさの雪見だいふくのいちご味だった。あれもアイスのくせに冬に食べるとこれまたおいしいが、ほんとうのいちごだいふくは本物のいちごが入っているのね。やや目から鱗な一品だった。これは温室いちごにしてはとても甘く、うまいこと作ってあるものだと思った。
さて、世間は決算期の大売り出しか、ようやく大型パネルテレビも買える時期になってきたのか。あと一声安くなれば言うことないが、32型くらいまではかなり安い値段になってきた。たまに店頭で現品処分で魅力的な値段が付いているのがあるが、お店で半年点けっぱなしとなると、だいぶんへたっているかも。希望を言えば37か40が欲しいな。液晶でなくてもプラズマでも良いかと思う。今のプラズマは昔ほどファンが4つも5つも付いているほどではなくなってきているようだし、寿命もそれなりに実用域になっており、昔の1年しか持たないと言うことはないのだろう。写り方が液晶が蛍光灯的だとすると、プラズマは電球的で、暖かみがあって色も奥深い感じがする。消費電力がどうかというと、これは微妙か。あとは、ハイビジョンがDVDに録画できるようになれば言うことないが、HDDにしか記録できないとなるとこれは悲しい。青ディスクが普及するのはこれまただいぶんかかるのだろう。何が見たいかというと、これはもう1年前からやっているようだが、世界遺産のハイビジョン版が見てみたい。最近だいぶんネタ切れの感はあるが、余計なガイドの出てこない綺麗な風景と撮り方が大変よろしく、初回からのファンである。ひろしではないが、笑う壺が難しい世界の車窓からと、すてきな宇宙船地球号ともう一つ5分くらいの綺麗な映像と音楽の出てくるやつなんでしたかね。この辺がハイビジョンで見られて残せたら言うことないですかね。と、お写真とは全然関係ない話題でした。

| | コメント (0)

花咲く電解コンデンサ

EP8KHA0412花咲つながりということで、マザーボードの電解コンですが、1年前の写真がありました。電源を交換したときですが、電源コネクタの横のかすかに見えるこのときの状態ではまだ電解のてっぺんは平静を保っています。ここ1年でへたってきたみたいですな。1年と言えば、UNIXで動いているIODATAのLANDISKは一回も再起動することなく動いてますね。たまにアクセスできなくなるとかなるものだろうと思っていましたが、意外にちゃんとしている。最近あまりバックアップしていませんが、パソかLANDISKかどちらかに残っていたらまあいいかという状況ですが、そろそろ取っておくべきですかね。当初から写真とMP3のサーバーになってしまっていますわ。

| | コメント (0)

雨のなのはな

nanohana2
今日は雨で菜の花もこうべを垂れています。これくらいなら臭いは気になりませんね。菜の花はたくさん咲いていると結構くさいです。それにつられて7Fでもどこからか蜂がやってきます。そういやEOSの30Dがでる日ですね。どんどん安くなるのでくやしいところですが、デジカメとパソコンは使いたいときが買い時ですからまあ、あきらめましょう。パソはしかし充分実用域に達しており、それほど最新でなくても使えていますね。最近お仕事のパソコンのディスプレイが世間から5年遅れでTFTにやっと置き換わりましたが、CRTだと15インチではトリニトロンやダイアモンドトロンの解像度のいいものでも、解像度を上げすぎるとぼやけてしまってXGAが限界でしたが、SXGAのTFTだとそのまま1280x1024がくっきり映るのでエリアが適度に広がっていい感じです。しかしこれでもたった3万円というのは驚きの時代ですな。もはやCRTの存在価値はありませんね。お家的には19インチのが欲しいですが、19になるとまだ倍以上はするのか。たった10分の消灯節電するよりもずっと点けてるCRTをTFTに置き換えた方が節電率はよいでしょうね。しかも会社的な規模の話で行けば3万て、100台買っても300万しかしませんがな。おそらく単純計算でも約半分の消費電力でしょう。夏場の発熱も少ないだろうし、TFTなら扇風機と同居できるのがよろしいですかね。

| | コメント (0)

スライド蝶番

slidechoban
自作畳スペースのふたに蝶番を付けようと思いつつ、普通にちょうつがいをつけると、隙間なく並んでいるのでふたが開いてはみ出すスペースがない。と言うことは開かない。ということは普通のちょうつがいでは使えない。蝶番がふたをもっとオフセットを付けて開いてくれないといけない。そう言う用途に軒並み最近の家具の扉に付いているスライド蝶番があるが、これを工作に使いづらくしている難点は扉側を大きく彫り込まないと取り付かないことである。それもまん丸ではないので、それなりの工具がないとノミで掘れるものでもない。なんかないかなと物色していたら、彫り込み不要のスライド蝶番キャッチ付きというのが売っていた。すべて露出型なので内部に飛び出す量は多いが、彫り込まなくて良いのは非常にありがたい。これのキャッチなしというのもあるみたいだ。slidechoban2
キャッチの部分は樹脂でできていて、スプリングを樹脂の筒で覆ってダンパーにしてあるが、これは経年変化でいずれ割れてしまうだろう。ゆえにキャッチなしを使って、特に扉ではなくて、上向きに開くふたに使おうとしているので、ロッドか何かを併用したほうが良さそうである。エアのスプリングなんかが魅力的だが、昔の木箱に入っているステレオの扉のように、棒と棒がスライドできるキャッチャーでふたがゆっくり閉まるようになっているような簡単なものでも良いかと思っている。写真はどんな動きをするのか板の破片に付けてみて動かしてみているところ。閉まった状態の端面からははみ出して開かない。そう、これを見て思い出したのは、いけていない車の後ろのトランク。ちゃんとこんなパンタグラフ的な動きの金具とロッドを併用して、収納時には小さくなるものもあれば、トランクは見かけ広いが、ふたの付け根が締めるとトランクに大きく潜り込んで、結局大きなトランクのかなりな部分はふたの付け根を収納するために開けておかないといけないというとてもいけていない廃価版セダンのトランクの構造である。

| | コメント (0)

ロンバケ

jocxdaiba
なぜか今頃ロンバケを見た。今や時代はDVD時代。DVDプレヤーで見られるように、VHSをRAMに落としたものをRに焼いたのだが、ついついほぼ全部見てしまった。なんか最近のTVドラマは暗いというか、異常なストーリーのものばかりで、落ち着いて見ていられないが、こういうポップな乗りのドラマをもっとやって欲しいものである。いやあ、なまいきざかりな広末が若いねぇ。山口智子も若い! まつたかこもまだ素人みたい。この看板はわざわざ立てたのですかね。
あのエネループのCMのイエスのロンリーハートも耳について離れませんが、クイーンといい、CMに使われる曲も、プロデューサーが当時好きだったとかそんなところなのでしょうね。ドラマも昔の方が良かったなぁ・・・・。GOODラックもやまたつの新曲?なんて思っていた人もいるようですが、いやいや超懐かしな曲であるし。そういやまだ棚からひとつかみやっているのですねぇ。ずっと続けてください。そう、ずっとカセットをCDに焼こうと思いつつ全然進んでませんが、デッキが生きているうちにやらなくては。そこで何で受けるかに悩んでいるわけですが、安直にDVDデッキで受けてしまうのもありかも知れないが、パソのサウンドカードでと言うのが当初の構想。でも、どんどんいいのが出てくるので、USBタイプでもいまでは初期のUSBオーディオデバイスみたいにノイズが乗ったりとぎれたりと言うことはなさそうだし、MBについているAC97デバイスなんて所詮MDのLP以下シリコンオーディオの安物の音しかしていないし、何がノイズが少なくて音がよいのだろうと言うところの結論に至っていないのでした。未だ初期のサンブラliveを使ってますが、ノーパソのラインインとは比べものにならないくらいいい音しているしでも24bit/192kも試してみたいしでもCDに焼くならいらんかと、これまた悩むところ。どっちにしてもカセットが切れないうちにしないといけませんな。
てなとこで、懐かしな話題でした。

| | コメント (0)

つれづれなるまま

nanohana1汗の出るほど暖かくなってきてやや憂鬱な季節である。室温が21゜C以上あると冷房が欲しい!と思っていたら明日は山沿い雪だそうでどおりでやけに寒くなってきた。例によってJに景品をもらいに行ったら、今回はなくなったそうで500ポイントいただいた。今回もせとものシリーズながら、大丸提供日本製と書いてあり、3連コップに比べたらずいぶんと上等に見えたから、もらいに行った人が多かったのだろう。いつもは500ポイントの方がうれしかったが、今回はちょっと欲しい気もしたが、まあいいだろう。そうこう言っているとなんばに要塞を開店したヤマダもお皿作戦のようだ。しかしもらいに行ける期間が短すぎて行けないかも。ポイントでもっとも行けていないのが東急ハンズだろう。昔の現金割引チケットの方がずっと良かった。10年経っても使えたから・・・。今のポイントは絶対期間2年で失効だそうな。そんなしょっちゅう行かないのでこれは集めても無駄ですか。Jなど家電屋さんのポイントは、最後のお買い物から2年とか1年とかになっており、そうそうなくならないものだが、これではもはや魅力がないか。今やよほどのものでない限り、気の利いたホームセンターや通販でも格段に安く売っているものが多い。ウインドウショッピングや実物カタログショップとしての利用価値しかないのか。昔はマニアな店員さんがいたりして、お話を聞く価値もあったというものだが、今や、とんちんかんな店員さんもおり、あまり何か聞く気もしない。そういやポイントネットワークは送ってこないのかと言っていたら、送ってきた。ライカ特集もまだ続いていていて、見応えある。 マザーボードがやばいが、今時socketAのMBが売っているのか?今や聞いたことのないなんて読むのか解らないCPUやMBより高いビデオカードが氾濫し、シリアルATAなんて実用になるのかと言っていたのに、すでにそちらが標準という意外な展開であるし、メモリーも昔の8MのSIMM価格で1Gだと言うし、そんなハイスペックパソ、みんな何に使っているのか?別にアスロンでも特にストレスは感じていない用途にしか使っていない。となると、そのままMBだけ交換したいものだ。socketAでネットワークとUSB2が付いていてAGPが残っていてPCIがたくさんあるのがあるかな?と思っていたらないこともないようだ。6千円とかであるみたい。この際これで行っておくか。
さて、お写真は小さいのにちゃんと菜の花が咲いてきた小松菜ちゃん。食べ頃か・・・。

| | コメント (0)

ちゃっちいエアコン

tsbairccv1
なにやらcocoログもso-netみたいにうまく動かない壺に陥ったのでしょうか?元祖niftyとしては、威厳を保つためにもがんばって欲しいところですね。ところでふと思い出しましたがあの、なんばの無印の地下のフードコートのアイスレモンティーは最悪ですな。水よりまずいですね。マクドの方が遙かにましか。それはさておき、最近のエアコンはずぼら仕様が特徴になってきたのか、そら10年も掃除せずにすむならありがたいことではありますが、お掃除ロボットはまだまだ機構が複雑で、さて10年動くのかというところも気になるし東芝のはどんな機構になっているのか興味のあるところ。しかしそれはまた買い換えるときに考えるとして、現状気になるのは、昔に比べていろんなところの作りがちゃっちいこと。最近のは動くときにカバーが飛び出てきたりして止まっているときには殻を閉じるような機構が付いているが、そのふたの作りがちゃっちすぎる。正直おもちゃ以下ではないか。ちょっとはずすときに変に力がかかると折れてしまいそう。エアコンは自分で移設しようで登場の元祖インバーターエアコン時代のものはいらぬ機構がないだけに、室外機と室内機のローターさえ回ればとりあえず動くという、フィルターの枠が割れるくらいにはへこたれませんが、このカバーは折れると換えるしかないかといういけていない構造か。それならナショナルのように、ルーバーのところだけ動くタイプの方が耐久性がありそうですな。
tsbairccv2まあ安売りしていたので贅沢は言えませんが、東芝のエアコンはちゃっちい。リモコンのボタンの機能作りが変。室外機がでかい(これはT社に限らず)。容量の小さいのはもっと小さく作ってくれよ。でないと、アパートマンション族には売れませんぜ。室外機の板金の断面を防塵処理せよ。錆びても10年くらい持つのかも知れないが、錆がにじんでくるのがうっとしい。ふたをはずしてクリアーラッカーでも塗りたいところである。しかしいまや、コロナのエアコンなんか3万いくらで売っていたりするが、それなら買ってきて無理矢理付けても5年くらい動いていたら良しとするかみたいな時代である。さらに買い換えるとリサイクル費用がいるから、やはり10年は動いて欲しいか。でもいっぱい付けるとベランダが室外機だらけになるので、マンションもディスポーザーはいらないからエアコンを標準装備しておいて欲しいものである。それなら室外機も始めから機能的な場所に室内機が複数つなげるタイプを1台設置してスマートに配管できるだろうに。配管を埋めると交換できないという欠点があるものの、最近はうまく掃除するキットも作られているし、銅管だからそうそう錆びないしちゃんと埋めてあれば問題にはならないだろう。大量に買えば1SET紛失しても平気くらいな仕入れ値にはなるのだろうが、売る側にはオプションにすると4部屋で100万くらい取られそうだから、やはり値段的にダメかな。

| | コメント (0)

チップセットのいけてないFAN

chipsetfan1
ちょっとパソの中にあるUSBのコネクタに線を挿そうとふたを開けたら、なんと、チップセットのファンが止まっているではないの。evercoolという名前とは裏腹に台湾製のファンなんて1年しか持たないのは常ではある。冬だから良いものの、夏場は厳しいだろう。と言うわけではずして分解掃除してみた。
evercool1中は標準的な作りであるか。昔えらいめに合ったシこーのコイルが両面テープで貼ってある(そのうちコイルが脱落して取れて止まる)いけてない構造のファンよりはしっかりした作りである。しかし軸が焼き付いて回らない。軸はただ単に外装の樹脂にステン(?)の棒がささっているだけで樹脂の自己潤滑を期待しているのだろう。何らベアリングの機構はない。ほこりや自らの削れかすが焼き付いてきたらひとたまりもない。軸を抜いて掃除してシリコンスプレーを付けた。一応復活した。CPUや電源のファンも見せかけタイプのものは軸がいまいちだったり自己発熱で自滅したりするので、やはり純正が選択しているように信頼なる山洋のファンがよろしいということか。
ngalcon1それよりもこのファンよりもその左にある電解コンの姿に驚いた。なんとふくらんで天井から液漏れしているではないの。よく見ると他にもいっぱいふくれている。これはEPOXのEP-8KHA+だが、約4年経っているが連続運用ではないので実働6~7000時間だろうか。そんなに電解に負荷がかかっているのか、存在するリップル電流を考慮していないスペックの電解なのか、そもそも電解が安物なのか。底のゴムの方から液漏れすると、昔の電解液だと基板のパターンを溶かしてしまって動かなくなるが、天井からアルミの刻み目を押し開けて花開いてくるとなると、中の電解液もかなり少なくなっているに違いない。あとどれくらい動くのかは謎である。これはやばい。特にリップルが多いと思われるVRMに相当する部分も軒並み開花し始めている。春だから? なんということだ。これでは早期にMBの交換も考えないといけないではないか。

| | コメント (0)

自動車保険の更新

15nohanaまたまた任意保険の継続の時期が来た。去年は手を抜いたので今年は4年ぶりに一括見積もりをかけてみた。以前は通販で契約できるところも限られていたが、いまではほとんどのところが通販可能である。むしろその方がいまや主流なのだろう。昔は一度契約すると他社に切り替えるということ自体がその手間を考えるとあり得なかったが、通販全盛では簡単である。前に大東京火災から切り替えるときに、継続しなかったらどうして切り替えるのかしつこく聞かれたこともある。嫌がらせではなくて、その代理店ではどこでも大差ないはずの自動車保険を切り替える理由が理解できなかったらしい。理由は簡単、換えた方が割安だったからである。さて、最近はフリープランへの変更も簡単だし値段の差も比べられて便利なことである。昔は人身障害補償の設定がないところがあったりもしたが、最近は対人対物無制限で人身傷害も付けるのが一般的だろうか。そんなわけで対人対物無制限、人身傷害8000万、搭乗者傷害最小、30歳未満不担保、車両40万免ゼロあり一般で請求してみた。等級は20である。他で入っていないので生活賠償と身の回り20万も付けてみた。いろいろ付けたり足したりしてみて解ったことは、弁護士費用が+2900円、生活賠償が1000万で1050円、5000万で1300円、代車費用一日3000円で+5690円、身の回り20万が740円、免ゼロを取ると2680円安、Aにすると7860円安、車両が45万と60万だと2140円差、人身傷害の8000万と1億の差は1090円、家族外運転特約を付けると+2450円だった。大した差がないのは高い方にして、使い方からしてよろしそうな組み合わせにすると60320円にもなってしまった。結構高いか。車両を取ると3万くらいとほぼ底値だが、まあ13万キロ走ってる車に要るのかという話もあるが、馬鹿高いわけでもないので取らずに残しておいた。いろいろ送ってきてくれたが、結構な差がある。人身傷害のないところでは昔はもっと差があったが、今回は条件をそろえるとわりと近い値段になってはいるが、それでも早期割引が大きかったり安かろう悪かろう的に思えるところを入れると結構差はある。時として家族外が運転することもあり得るので、家族限定にしない方がよいが、アメリカンホームは登録家族限定+家族外というのができるので、これにしてある。すべての会社がそうなのかどうか解らないが、他人の家族限定保険の車を運転して事故したときにその車の保険が使えないが、自分の保険が使えるのかどうか、良く読むと使えると書いてあるがそうであると心強い。結局、いろいろ見比べてソニーがちょっと気になったが、そのまま継続してしまった。何じゃそれというところではある。昔に比べて各社特約やオプションで気を引こうという特徴がいろいろ出てきて良いことではある。本当はそんなことより実際にお世話になるときにどれほど頼りになるかであるかと思うが、まあそれは担当の当たりはずれもあるだろうし、ある程度の規模があれば良しとするしかないだろう。外資系で日本に数カ所しか事務所がないというのはやはり心許ない。
あいおい損保:60600円で標準的か。特約は結構充実しているが、家族外というのがないので、限定なしにするしかない。最近どこも、保険にロードアシスタントサービスを付けることがあたりまえになっていて、それならJAFに入らなくて良いではないかというとそうなのだろうけれども、それはJAFに入るから、ロードアシスタントサービスなしでよいからその分安くして欲しいものである。ゼネラリ:それどこよという感じだが、32040円と格安。かなり不安。三井ダイレクト:38,350円オプションなしだが、免ゼロ付きで他車運転特約ありなのでそれなら値段は安い。チューリッヒ:49,250円インターネット割引で7000円安くなっているというのは大きい。身の回り10万、代車費用含みだとかなり安いが、営業所がどこにどれだけあるのかというのが気になる。アクサ:57,910円なんか昔の住所にもいっぱい無造作に送ってくるのがうっとしいが、標準的な値段か。運転者限定をはずすとちょっと高くなりそうであるが、インターネット割引はさらに3500円引きだそうな。そうするとまあまあ安いか。元祖通販?ソニー:54,800円割引はさらに3000円、おりても特約が良さそうな気はするが、運転者限定をはずすといくらなのかは?でもかなり有名になったからそれなりには信用できるのだろう。ちょっと気になるところではある。
さてお写真はもう早咲いていたイチゴの花。はっぱに押しつぶされ気味です。

| | コメント (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »